Home > 学校 > 先生もおんな

先生もおんな

  • Posted by: moe
  • 2013年12月 5日 15:26
  • 学校

僕の高校には若い女教師が一人いた。
そのA先生は、若いといっても20後半で、とりわけ美人というわけでもなかったがまあまあきれいでスタイルも良く、細身なのにむっちりとしたお尻が特にいやらしかった。
何よりも学校で女として見れる先生はその先生ぐらいだった。
そしてそんな先生のことが僕は密かに好きだった。

当時童貞で彼女がいたことのなかった僕は毎日のようにA先生を想像して自分を慰めていた。
女教師もののAVも何本も見た。
A先生は僕のクラスの国語を教えていたが、ほとんど話すことができなかった。
それでも女性経験がないなりに頑張り、半年以上かかってやっと授業以外でぎくしゃくしながらも話せるようにまでなった。
今考えれば大した関係でもなかったのだが、あの頃は自分がA先生と一番仲がいいと勘違いしていた。

当時の僕が仲が良かったのが同じ部活でクラスの違うのBだ。
Bは僕と違い、少し軽い感じではあるが話上手で女の子ともよく遊んだりしていた。
過去にも何人も彼女がいて、人数も回数も経験豊富ないわゆるプレイボーイだ。

彼はA先生の授業を受けていなかったのでまったく接点がなかったのだが、一度学校行事で担当したらしくその一度だけでものすごく仲良くなった。
会話は聞こえなかったがBとA先生が楽しそうに話しているのを僕は遠くから見ていた。
Bは僕がA先生を好きなことを知っていて、A先生と話した内容を僕に話した。

先生の学生時代の話や彼氏の話(その時点ではいなかったらしい)など僕には話した事のないような内容だった。
正直くやしかった。
僕は半年以上かかったのにBはたった一日でかんたんに僕より仲良くなったのだ。
それからのBはA先生と絡むたびに僕に嬉しそうに話してきた。
A先生がまた絡んできた、ウザいわ~ といった感じだ。
Bはよく話を盛って話す傾向があったので、どうせ自分から絡んでいるんだろうと思いながら聞いていた。
そう信じたかったのだろう。

そしてある日先生のお尻を触ったと言い出した。
どうせまたちょっとぶつかったくらいのことだろうと思ってたが少し気になった。
少しして、初めてBとA先生が学校で絡んでいる現場を見た。
Bの言う通り、先生のほうからBの背中を後ろから押すとBが押し返し、先生がBをくすぐるとBが先生のお尻を撫でまわしだした。
先生も、

「ちょっとぉ~。」

とか言いながらても楽しそうで、その時自分とA先生との関係の薄さに気がついた。
それから僕はA先生のことはあきらめたとBに言い、Bは先生との話を何かあるごとに僕に話してくれた。
そしてBはそのあとどんどん関係が発展し、結局家に行ってヤッてしまったらしい。
ただでさえヤる行為自体が想像できない童貞の僕にとって学校の先生が相手なんて・・・そして僕はA先生とのHな話を事細かに聞き出し、それを想像して自分を慰めるというさびしい日々が続いた。

Bの語るA先生との話はとても興奮した。
まぁ一度ヤッてしまってからはやりたい放題といった感じだったらしい。
学校では暇を見つけては胸をもんだりお尻をさわったりとセクハラしまくりで、少し時間があれば誰も来ないカギつきの教室でスカートをめくらせてパンツ見せるのを強要したりひざまづかせてフェラしてもらったり・・・そして休みの日は先生の家でS○X・・・まさにセフレ状態だ。
ちなみにやっぱりお尻が凄くエロいと言っていた。
そして四つん這いにさせたりひざまずかせたりするのが最高に興奮したらしい。

ほかにも興奮したエピソードを自慢げにたくさん話してくれた。(全部本当かはわからないが)女教師とヤるのは最高だと言っていた。
実際自分も、大人の女である先生がはるか年下の高校生にいいようにされているということを想像するとかなり興奮した。
口止め料ということでA先生のHな写真を貰った。
まぁ着替えているところを撮ったのだろう・・・そんな写真だ。
それでA先生を脅せば僕ももしかしたらと思ったが、童貞の僕にそんな度胸はなかった。

そして高校を卒業し、今年僕らは成人となるため成人式などでみな帰郷し、Bとも会った。
こっそり先生との事を聞くと、まだ休みには会っているらしい。
付き合っているのかと聞くと、彼女はいるらしい。
大学の先輩だそうだ。よく積極的な人はモテるというが、全くその通りだと思う。

そしてなんだかんだで先生もオンナなんだとわかたった。
結局かんたんに堕とされ、いいようにされてしまっているのだから。
先生の写真と体験談は今でも最高のおかずだ。

コメント:0

コメント入力フォーム

Home > 学校 > 先生もおんな

ブログ内検索
携帯用QRコード

当ブログの携帯用QRコードです。
携帯用QRコード
https://www.moero.biz/i/

新着萌え体験フィード
PR

岩崎章浩

大川大助

Return to page top