Home > 姉妹 > 意気地のない男 その1

意気地のない男 その1

  • Posted by: moe
  • 2013年5月27日 11:03
  • 姉妹

これは一年前から現在まで続く私と妹の話です。
今まで誰にも言えず一人苦しんできました。
しかしもう耐えられません。
そこで誰かに聞いてもらいたくてここに書き込みます。
現在私は十九歳(販売店勤務)、妹は十三歳(中一)です。

私達には父親がいません。
父親はタクシーのドライバーとして日々私達家族のために必死になって働いていました。
しかし今から七年前のある日、日頃の無理がたたったのか仕事中に居眠り運転をしてしまい、対向車と激突し還らぬ人となってしまったのです。

それからの私達家族の生活は悲惨なものでした。
母は結婚前に勤めていた会社に無理を言って復職させてもらい、私たち兄妹のために昼も夜もなく働き、私自身もまだ幼い妹のために炊事から洗濯から家事を一手に引き受けていました。

しかし、そんな生活が嫌だった訳ではありません。
当時小学生だった私でもそのときの私達家族がどんな状況だったのかぐらいはわかっていました。
妹もまだまだ親の愛情が恋しい年頃です。
だから、忙しくてなかなか私たち兄妹の面倒をみることの出来ない母に代わって、私が妹のことを精一杯可愛がってやろう、妹には寂しい思いはさせないようにしよう、そう思って学校が終わればすぐさま妹と遊ぶ時間を作り、いつも妹の側にいてやるようにしました。

実際私の友人などが妹に会ったときなどは、

「俺にもあんな妹がいたらなぁ。」

とか

「あれならお前がシスコンになるのもわかる。」
(小、中、高校時代を通して私が妹につきっきりだったため、当時からの友人にはその頃からシスコンなどと言われてからかわれていました。)

などと言われます。

妹は現在中学一年生です。
容姿は贔屓目に見てもかなり可愛い部類に入るでしょう。
身長は160cmほどあり、すらっとした体型でありながら、それでいて出る所は出ているという非常に魅力的なスタイルをしていると思います。

また妹はその容姿だけでなく性格も非常によく、小さいころから我侭を言って私の世話を焼かせることがほとんどなく、むしろ最近では進んで家事をやり始め料理の腕などはもう私にかなり近いところまできています。
そんな妹ですから私も必要以上に可愛がり、傍から見ればそれこそ親ばか以上の可愛がりようで、妹を良家の箱入り娘のごとく育ててきました。

そんな状況でしたから私たち兄妹はとても仲がよく、その仲のよさは近所でも評判になるほどでした。
しかし、そのような甘く楽しい生活は長く続きませんでした。
今から約一年前、私が高校を卒業して某デパートに就職し、妹が中学に進学してから私たち兄妹の運命の歯車が少しずつ、しかし確実に狂い始めていったのです。

妹は現在私立のある有名お嬢様学校に通っています。
その学校は地域でも有名な進学校で当然授業料などは馬鹿になりません。
ですから、当初妹がその学校に通いたいと言い始めたときは、私も母も驚きのあまり声を失ったほどでした。
私は妹は当然私と同じ公立の中学校に進学するとばかり思っていたので、驚いて妹にその理由を問いただしました。

妹によれば、なんでも同級生のとても仲のよい親友がその学校に進学することになり、妹も一緒に通わないかと誘われているということでした。
いくら最近の小学生が大人びてきているとはいえ、やはり子供は子供。
他所の家の経済状態などは考えには入らないのでしょう。
でなければ私達家族の現状ではそのような学校に通わせることなど到底できないということぐらいわかりそうなものです。

妹も始めのうちはそういった事情から、この話にはまったく乗り気ではありませんでした。
賢い子ですから我が家の経済状態を慮って、公立の中学校に通うつもりでいたようです。
その考えを180度転換させたのが、そのお嬢様学校が実施していた奨学生制度でした。

その奨学生制度とは、学業あるいはスポーツいずれかにおいて非常に優秀な成績を修めた生徒に対して入学金や授業料のほとんどを免除され、さらに学年が進んでもなお同様の成績を修めた生徒はまったく同じ条件で同系列の高校、大学へとエスカレーター式で進学できるというものでした。

妹は普段から真面目な性格で、学業もしっかりとこなしていましたのでその学校を受験すれば、まず間違いなく問題の奨学生制度を受けることが出来るでしょう。
妹はそういった制度の存在を知り、親友と同じ学校へ進学しようという気持ちが大きくなっていったようです。

普段から日常の家事に追われて満足に同年代の子達と遊ぶ機会をもてなかった妹にとって、その親友と離れ離れになることは私達家族と引き離されることと同じくらい心細いことなのでしょう。
私と母に向かってどうしてもその学校に進学したいと頼む妹に私達は何も言えなくなってしまいました。
私はいつも我侭を言わず我慢ばかりさせている妹が可哀想になり、このときは妹の側に立ってやることにしました。

始めは難色を示していた母も、妹の絶対に奨学生になって家には迷惑をかけないという強い意志と、私の説得によって最後にはとうとう承諾しました。
母も妹についてはいつも苦労をかけているという思いがあったようです。
またこのときになって初めて知ったのですが、実は我が家には父が残してくれた保険金があり、

「いざとなればその保険金で何とかなるから心配しなくていいよ。」

という母の言葉に妹も涙を浮かべ喜んでいました。

そのときから妹は受験に向けて今まで以上に必死に勉強するようになり、翌年の冬、見事志望の学校に合格したのです。
その頃には私もこの不況の最中、高卒という身でありながら就職が内定し我が家には久しぶりに笑い声が絶えない日々が訪れていました。

そして長い冬が過ぎようやく待ち焦がれた春が訪れた四月、私と妹にも新しい生活が訪れました。
私は初めての職場で毎日が新しいことの連続で、朝出かけて夜にはクタクタになって帰ってきて家では泥のようになって眠るだけという生活を繰り返していました。
妹は新しい環境に今ひとつ馴染めないのか、家でもあまり笑顔を見せることがなくなっていました。
しかし私は愚かにも、妹はもともとあまり活発な方ではないため、そのときは新しいクラスメート達とまだ打ち解けていないのかな、という程度にしか思っていませんでした。

今思えばこのときの私の判断の甘さが、後に私たち兄妹を引き返すことの出来ない地獄へと突き落とすことになるのです。
あの時妹のことをもう少し気遣ってやっていれば、妹の元気のない原因を聞き出してやっていれば・・・。
今でもそのことが悔やまれてなりません。

私が妹の異変について気が付いたのは、妹が中学生になって一ヶ月ほど経った五月のある朝のことでした。
その日、私は仕事の関係でいつもより三十分近く早い電車に乗っていました。
その電車の中で私は妹を発見したのです。
妹は私と同じ路線を利用しているのですが、いつもは妹の通学時間が私の通勤時間と合わないため、これまで同じ電車に乗り合わせるということがありませんでした。

その電車の中で妹は先頭車両の角のところで壁に向かって寄りかかるようにして立っていました。
私は普段学校に通うときの制服姿の妹を見ることがなかったので、その姿にいつもと違う妹を見ているようで知らず知らず見とれてしまいました。

私は妹の側に行こうかと思ったのですが、その車両はすし詰め状態でとても動くことなど出来ません。
仕方がないので声だけでも掛けようとしたとき妹の様子がおかしいことに気付いたのです。
妹は頭を俯き加減にして時折息を吐き出しています。
そのときの

「ふぅー・・・。」

という妹の吐息が妙に中学生らしからぬ色気を漂わせていたのです。

そのとき私と妹の間には、一人の男が立っていました。
その男は三十台半ばで服装は派手な柄の開襟シャツにグレーのスラックス、それにいまどき珍しいパンチパーマにサングラスと一目で怪しい、言ってみればその筋の人とわかるいでたちでした。

後ろからよくよく見てみると、その男の肩が不自然に下がり妙な動きをしています。
そしてその動きに合わせて妹は体を震わせ、時折ちらちらと後ろを振り返ろうとします。

(もしかして妹は痴漢に遭っているのか?)

そう考えた私は、多少強引にその男の斜め後ろに位置を変え、その男の行動を監視しました。

その位置から見ていると男の動きがはっきりわかるようになりました。
男は後ろから妹を抱きかかえるようにして、左手をセーラー服の中に入れ胸を、そして右手は驚くことにすでにスカートの中にまで進入していたのです。

男の明らかな痴漢行為を垣間見て私はすぐに男の行為を止めさせなければと思い、男の手を掴もうとしました。
しかし、頭ではやろうとしているのに体がまったく動かないのです。

(何してる。妹が痴漢に遭ってるんだぞ!早く助けてやれ!)

それでも私の体は凍り付いてしまったかのようにピクリとも動きません。
確かに男の風貌があまりにもいかついために、それを恐れていたという部分はあります。
しかし何よりも私の行動を押しとどめた原因は、妹がそのときにとった驚くべき行動にあったのです。

私が男の行動をたしなめようかどうか迷っていたとき、男は妹の耳元に口を寄せ何事かを囁きました。
すると妹は一瞬男の方を潤んだ瞳で見つめた後、おずおずとその手を男の股間に持っていったのです。
妹のその行為を見たとき私はパニックに陥り頭の中が真っ白になってしまいました。

(どういうことだ?妹はこの男に無理矢理痴漢行為をされているのではないのか?)
(この男は妹に何を言ったのだろう?妹は今回が初めてではないのか?)

状況を整理しきれずさまざまな考えが頭の中を駆け巡ります。

そうこうしているうちに、妹の手はスラックスの上から男の股間を摩り始めました。

(由紀<妹の仮名です>は何してるんだ?そんなことはやめろ!)

そう思っても実際に行動に移すことは出来ません。
そうして私が呆然としているうちに、男はまた妹の耳元で何事かを囁きました。
すると妹は小さく頷き、今度はなんと男のスラックスのチャックを下ろし始めたのです。
そしてチャックを下ろしきると妹は自らチャックの中にその可憐な指を入れ男の物を取り出しました。

もはやそのときの私は何か取り憑かれたかのように、男と妹の行為を見ていることしか出来ませんでした。
男の一物はすでに固くそそり立ち、そのグロテスクな姿を多くの人がいる満員電車の車内に晒していました。
まったくもって醜悪なその物はしかし、20cmはあろうかという長大さと恐ろしいほどの太さ、そしてその表面にはなにやら得体の知れないデコボコを持っていたのです。
これまで他人の勃起した性器など見たことのない私ですから、比較するのは当然自分の物ということになります。
しかし、男の物はそれまで普通だと思っていた私の物より遥かに大きかったのです。

私を打ちのめしたのはそれだけではありませんでした。
男のそのグロテスクな一物を引っ張り出した妹の指が、そのまま男の物に絡み付いていったのです。
そしてしっかりと男の物を握った妹は、ゆっくりと手を上下に動かし扱き始めました。

その動きに呼応するかのように男の両腕も動きを激しくしていきます。
おそらく豊かな膨らみをもった胸を触っているのだろう左手の動きは、セーラー服の下に隠れてよくわかりませんでしたが、もう片方の手の動きはほとんど捲くられているスカートの隙間からちらちらと伺うことが出来ます。
時折見えるその光景からは男の手がスカートはおろか、妹のまだ中学生らしい白い下着の中に入っていることさえ確認出来ました。

白い下着の中で、男の指はかなり激しく動いているようです。
その動きに合わせて妹の体がゆらゆらと揺れ、下唇を強く噛み締めた口からは時折悩ましげな吐息を漏らします。
そして男の指がさらにスピードを上げ妹が堪えきれずに

「はっぁぁ・・・んっんっ・・・。」

と喘ぎ声とも取れる声を上げ始めた頃、男はいきなり指を下着の奥へと突き入れるようにしました。

その瞬間妹は体をピンと伸ばし、

「んんんっぅううー!」

と一際大きな声を出し硬直してしまいました。
幸いその声は電車が急カーブに差し掛かったところの車輪の軋みの音でかき消されたようですが、妹はその後も俯き頬を上気させ、はぁっはぁっと荒い息をついていました。
そのときまで恥ずかしながら童貞だった私ですが、友人に誘われAVなどを観る機会があったので妹がどういう状況にあったのかはわかります。
妹はこの満員電車の中で、チンピラ風の中年男の一物をその手で扱きつつ男の巧みな指技によって絶頂へと導かれてしまったのです。

ありえると思う?
こんなこと。

妹の呼吸が整うのを待って、男は再び妹の耳元で何かを囁きました。
妹は頬を真っ赤に染めていやいやをするように小さくかぶりを振ります。
男は顔に厭らしい笑みを張り付かせながら、それまで妹の性器を愛撫していた右手をスカートの中から抜き取り妹の顔の前に持っていきました。
そして、妹の目の前で指をゆっくり開いたり閉じたりし始めたのです。
すると男の人差し指と中指の間を少し透明で粘り気のある液体が糸を引いていました。

その光景を見て私はまたしても大きなショックを受けてしまいました。
それまでの私は妹の痴態を目の当たりにしながらも、心のどこかで

(そんなはずはない。妹は痴漢なんかに遭って感じるはずなどない。)

というささやかな望みを持ち続けていました。
しかし男の行動は、そんな望みすら粉々に打ち砕いてしまうほど残酷なものでした。
妹は男の痴漢行為によって性器を濡らし、その愛撫によって快感を貪り尽くしていたのです。

その時点で私は全身が脱力してしまい、立っているのがやっとという状態でした。
しかし男と妹の行為はそれで終わったわけではありませんでした。
男は妹の出した粘液で濡れて光るその人差し指と中指を、二本まとめて妹の唇に突きつけました。
するとなんということでしょう。
妹はその可憐な唇を開き、男の指をゆっくり咥えていったではありませんか。
そしてその指についた自分の愛液を舐めしゃぶり始めたのです。

その行為は以前AVやエロ本などで見たフェラチオそのものでした。
また絶頂の余韻からか、それまで止まっていた妹の右手もその行為に合わせて動きを再開しました。
男の一物はそれまでの行為に興奮したのか、その先端から透明な粘液を吐き出していました。
妹の手はその先走り液を指に絡め取りながら、男の肉棒全体にまぶすように擦り付けています。
そしてそのヌメリを利用して妹の右手で扱くスピードが徐々に増していきます。

妹の淫技に興奮しているのか、男は少し呼吸を荒くしています。
そのとき私の耳に突然次の駅への到着を告げるアナウンスが聞こえてきました。
それまで二人の行為に夢中になっていた私は、その声に途端に現実に引き戻されてしまいました。
しかし目の前で男はそんなことなどまるでお構いなしといった風で、妹の手淫を楽しんでいます。

そして、私がいよいよ次の駅に着いてしまうと焦り始めたとき、男は再び妹の耳に囁きかけました。
到着駅を目前に少しざわつき始めた車内で、なぜか男のその囁きだけははっきり聞こえました。

「そろそろいくぞ。」

男がそう言うと妹はそれに応えるように小さく頷き右手のスピードを上げました。

男はそのとき自らの肉棒を妹のスカートの中に入れると、

「ふんっ。」

と小さくうめいて腰を震わせました。
おそらく妹のスカートの中であの長大な一物から妹の下半身に汚らしい精液を撒き散らしているのでしょう。
妹はその間微動だにせず男の行為が終わるのを待っています。

男は長い射精が終わると、そそくさと一物をスラックスの中に仕舞い込みその後は何食わぬ顔で妹の程よく肉付きのいいお尻をねちっこく撫で回しています。
妹もそれまでの行為が嘘のように平然として電車が駅に到着するのを待っていました。

電車がホームに到着しドアが開くと、妹と男は別々に人の流れに乗りながらするすると改札の方に向かいます。
それまで車内でのあまりの出来事に半ば放心状態だった私も、急いで電車を降り妹の後を追いました。
妹に先程のことを問いただし、場合によってはあの男を警察に突き出してやろうと思ったからです。

人の波をすり抜けながら妹に近づいた私は思い切って声を掛けました。

「由紀。」

すると、妹は驚いてこちらを振り向き怯えた瞳で私を見ました。
声を掛けたのが私だとわかると、妹は途端にほっとした顔になり、

「お兄ちゃん、どうしたの?こんな時間にいるなんて珍しいじゃない。」

といつもの妹らしい声で問い掛けてきます。

先程までの生々しい行為に圧倒されていた私は、妹の様子があまりにも普段と変わりがなかったことに拍子抜けしてしまい、

「あ、ああ、今日は会社の仕事の都合でいつもより早く出なくちゃならなくてね。」

とまったく普通のことしか言えませんでした。

「それにしてもラッシュの電車ってのは大変だな。由紀も何か困ったこととかないか?」

何とかそう切り出しても、

「お兄ちゃんは普段乗りなれてないからそう思うんだよ。私なんかもう一ヶ月も乗り続けてるんだから、もう慣れちゃったよ。」

と軽く返されてしまいます。

それからも一言二言なんでもない会話を交わし、私達は別れました。
私は妹の何気ない態度に、

(もう一ヶ月も乗り続けてるってことは、その間ずっとあいつに痴漢され続けているってことか?)
(由紀はもう慣れたって言ってたな。確かに今日のあの様子は一日二日のものじゃない。)

と、頭の中で悶々と考え込んでいました。
そのとき何気なく妹の方を振り返ってみました。
すると、なんとあの男が妹の側に近寄っていっているではないですか。
私は驚いて慌てて近くの柱の陰に隠れて二人の様子を伺いました。
きっと周りの人間からは、かなり怪しい奴だと思われていることでしょう。
しかし、今はそんなことを気にしている場合ではありません。

柱の陰から二人の様子を伺っていると、男が妹に向かってなにやら話し掛けています。

(何の話をしているのだろう?)

私が気になって覗いていると、突然二人がこちらの方を向きました。
私は慌てて柱に隠れ、しばらくしてから再び顔を覗かせました。
妹は男に向かって首を横に振りつつ何かを言っています。
男が何か言うと妹は俯き恥ずかしそうにしています。
その後男が一方的に妹に話し掛けると、さっさとどこかへ行ってしまいました。
一人残された妹は、しばらく男を見送ったあとクルリと向きを変えると改札の方へと消えていきます。
それを見ながら私はこれから妹に対してどう接していけばいいのだろう、と思案に暮れていたのでした。

その日一日私は朝のことで頭が一杯で、まったく仕事に身が入りませんでした。
おかげで簡単な仕事でさえミスを繰り返し、上司に大目玉を食らう始末。
それでも私の頭の中は妹のことがグルグルと廻り、妹のことしか考えられなかったのです。

(そういえば中学に通いだしてから、妙に元気が無くなっていたな。)
(朝のあの痴漢が原因だったんだろうか?)
(母さんの話じゃ、最近はクラブ活動のせいで帰宅時間がかなり遅くなってるらしい。)
(ひょっとして学校帰りにもあの男と会ってるんじゃないのか?)
(そんな馬鹿な。由紀に限ってそんなことあるわけない。)

考えれば考えるほど思考は泥沼にはまり、答えの出ない堂堂巡りを繰り返します。

その日も私はいつものように夜十時頃に帰宅しました。
最近帰宅が遅いといっても妹は中学生です。
すでに家に帰って私の分の遅い夕食の支度をしてくれていました。

「おかえりなさい。朝から晩まで毎日大変だね、お兄ちゃん。」

妹はいつもと変わらぬ屈託のない笑顔で私を出迎えてくれます。

「ああ、ただいま。」

私は素っ気ない返事を返して台所で忙しく働く妹の後姿を見つめていました。
妹は慣れた手つきでまな板の上の魚に包丁を入れていきます。

「なぁ、由紀。」
「なあに、お兄ちゃん?」

私は意を決して妹の最近の行動について訊いてみることにしました。

「由紀、最近帰りが遅いんだってな。部活動はそんなに大変なのか?」
「もうー、お兄ちゃんもママとおんなじこと言うの?」
「いや、やっぱり心配だろ?由紀もまだ中学生なんだし。」
「ママもお兄ちゃんも私のこと子ども扱いしてぇー。今までだって私、学校のことも家のこともちゃんとやってきたでしょ?ちょっとは信頼してよ。」

妹は少し頬を膨らませて抗議の声を上げます。

(そういうところが子供っぽいんだけどな・・・。)

心の中で苦笑しつつも、確かに今まで妹は良くがんばってるなぁ、と頷きかけます。
しかし、朝のあの一件を思い出すととても冷静に見ていることは出来ません。
それでも、

「うん、まぁそれはわかってるよ。由紀ががんばってるのは俺が一番良く知ってる。でも母さんにはあんまり心配掛けないようにしろよ。」

と、当たり前のことしか言えませんでした。

「わかってるって。心配しないで。」

妹は明るく言うと、私の料理を用意し終えてそのまま風呂に入るために部屋へ着替えを取りに行きました。

結局肝心のことは何も訊けないまま、妹は自室に戻り寝てしまいました。
私は自分の意気地の無さに呆れつつ、風呂に入ろうと脱衣所に行きました。
いつもであれば、一日の疲れで何も考えることなく風呂に入りそのまま寝てしまうのですが、なぜかその日に限っては朝のことが思い返されふと胸騒ぎがしてきました。

(そういえばあの男は由紀のスカートの中に出していた。)
(ということは由紀の下着にはあの男の精液が・・・。)

一度気になりだすともう頭の中はその考えで一杯です。
そして悪いことだとは思いつつも私は洗濯機の蓋を開け中を覗き込みました。

今考えればどうしてあんなことをしてしまったのか、まったく理解できません。
あの時の私はホントにどうかしていたんです。
洗濯機の中を覗き込んだ私の目に妹がさっきまで着ていた部屋着が飛び込んできます。
私は緊張しながら中を漁り、そしてとうとう見つけてしまったのです。
だんだん暖かくなって薄くなってきている妹の長袖のシャツにくるまれて、妹の白い綿のパンティーがありました。

私は震える手で妹の下着を取り出し、ゆっくりと開いて観察しました。
そしてその中学生らしい下着に似つかわしくない若干黄ばんだ染みを見てしまったのです。

それを見た瞬間私の理性は弾け飛びました。
気が付けば左手で妹の下着を握り締めながら、右手はすでに硬く勃起した自らの肉棒を扱き上げていたのです。
私は妹の下着の匂いを嗅ぎ、股間のクロッチの部分に残る妹の愛液のあとを舐めひたすら己自身を扱き上げました。

「あぁ、由紀ぃ・・・由紀ぃぃー・・・。」

私の頭の中では朝の電車内での光景がフラッシュバックしていました。
その妄想の中では妹が痴漢に遭っている、ただそれだけではありませんでした。
痴漢が妹の性器を弄った指を妹にしゃぶらせるとき、いつの間にか痴漢の指はあのグロテスクな肉棒に変わり、その巨大な一物を妹があの小さな口で一所懸命に奉仕しています。
痴漢が妹のスカートの中に精液を撒き散らしているとき、妹は車内でその形のいいお尻を丸出しにして、バックから男にズンズンと犯されています。

妄想の中で私は男に犯される妹を前にまったく成す術が無く、今と同じように情けなくも自分で自分を慰めているのです。
その間妹はまったく嫌がることなく男から与えられる快感に身を任せ、淫欲に濡れた瞳で私を見上げ、愉悦の声を上げます。

「アァー、イイッー!もっと、もっと由紀のおま○こ突いて!」
「あぁぅ、んっ、イィ・・・イクよぅ・・・イッチャうよぉぉー!」

ほとんど泣き顔で半狂乱のようになっている妹を尻目に、男はまったく動じることなく猛然とスパートを開始します。

「んぁぁっ・・・ダメ!そん・・・ぁっ・・・に強くしちゃ、ひっ・・・由紀のおま・・・○っ・・・こ・・・壊れちゃうぅー!」

妹はすでに何がなにやらわからなくなっている様子で、ひたすら嬌声を上げ続けます。
そのときおもむろに男が妹の性器の奥深くにその巨大な肉棒を叩き込んできました。
ズンッ!という音が聞こえてきそうなほど深く突き入れられたとき、
妹は目をカッと見開きその口から喉も張り裂けんばかりの大声で、

「アアアアアアアァァァーーー!イクゥゥゥゥ!イクゥゥゥ!」

と絶叫しオーガズムを迎えました。
そして、それと同時に私も妹の下着の妹の股間が当たる部分に向かって大量の精液を吐き出してしまったのです。

それまでの私の人生の中で、これほどの大きな絶頂はこれが初めてでした。
妹の下着に放出した大量の精液は吸収しきれなかったほとんどが、その小さな布から溢れ床を汚していました。
しばらく放心していた私でしたが、徐々に理性を取り戻し自分のやったことに対して、取り返しのつかないことをやってしまったという気持ちが急速に膨らんできました。
慌てて妹の下着を洗濯機の中に戻し、床にこぼれた自分の精液を処理しました。
そのときの余りに惨めな気持ちは今でも忘れられません。
そして可愛い妹に対してこのような邪な気持ちを抱いてしまったという罪悪感から、翌朝妹とまともに目を合わせることが出来なかったのです。

意気地のない男 その2に続く

コメント:0

コメント入力フォーム

Home > 姉妹 > 意気地のない男 その1

ブログ内検索
携帯用QRコード

当ブログの携帯用QRコードです。
携帯用QRコード
http://www.moero.biz/i/

新着萌え体験フィード
PR

FTC株式会社

中村元太郎

リーブ21

Return to page top