Home > 初体験 > 初体験からの不の連鎖

初体験からの不の連鎖

  • Posted by: moe
  • 2013年4月20日 14:36
  • 初体験

僕は中学卒業後、専門学校に入学した。
学校帰りに、いつものバスを待っている間、何となく視線を感じていたけど、気には止めなかった。

そのうち、バスが到着して、窓際に座り、ウトウト。
すると、何やら太もも辺りがモゾモゾ。
薄目で見てみると女の人が夢中でサワサワしている。
気の弱い僕は我慢していた。
すると、女の人は段々エスカレートズボンの上から、アソコを揉みだしファスナーを半開きにして、手を突っ込み、モミモミしてきた。
さすがに、チンコが半立ちした。

女の人は、自分たちが注目されていないのを辺りを見回して確認して、大胆にもチンコを引っ張り出して、手のひらに唾を付けてシコシコとしごき、鬼頭をクリクリ。
思わず腰がピクっ。
手は握り拳状態。
すると、女の人が耳元で、

「気づいてたんだ。次で降りるわよ。」

どう見積もっても40代半ばで、小太り。
拒否する事も、出来たけど、好奇心には、勝てずについて行った。
まぁこれが、不幸の始まりだったんだ。

バスを降りると、すかさず、公園に連れ込まれ、道なき林の奥に。
すると、物置小屋らしき、建物に連れ込まれ、ズボンを下ろされいきなりパクり。
ズルズル、ジュルジュル、初のフェラに、オナニーもあまりしていない僕は、あっという間に射精した。

でも、女の人ってか、おばさんはまだ、チンコをお口でピストンする。
くすぐったいのもつかの間、また射精した。

おばさんは、フェラしながら、自分でアソコをイジイジしていた。

スカートを腰までまくりあげ、デカ尻をクネクネ

「入れて。」

って言うが、初体験がこのおばさんってやだよな。

もう立たないと嘘をついたら、おばさんの、毛むくじゃらで、ヌルヌルのアソコを無理矢理クンニさせられた。
こんな事なら、チンコ入れたら、良かったよ。

それからは、帰りのバスで、待ち構えていて、結局、初体験もこのおばさんで、済ました。

それからは、1人がけの座席や一本遅いバスに、したりして、かわしていたが、大変な事態になる。
何時もの様に、バスを遅らせ様とバス停にいたら、おばさんが、バス停に待ち構えていた。
しかも、友達5人とだ。
拒否をしようと、思ったけど、その中に、母の妹を発見した伯母もうつむいてるし、拒否権を発動する前に、取り囲まれ誰かの部屋へ。
後は、代わる代わる相手をさせられ、最後は、伯母と。

専門学校の一年間40~50代の女の、相手をさせられ、就職してからも、伯母もとの関係は継続中。

今は、伯母に、しょうかいして、もらった彼女と、伯母を抱いてます。
ちなみに、伯母は42歳です。

コメント:0

コメント入力フォーム

Home > 初体験 > 初体験からの不の連鎖

ブログ内検索
携帯用QRコード

当ブログの携帯用QRコードです。
携帯用QRコード
http://www.moero.biz/i/

新着萌え体験フィード
PR

FTC株式会社

中村元太郎

リーブ21

Return to page top