Home > 従妹・従姉 > に~

に~

私には、いとこのお兄さんがいます。
小さい頃から

「兄~(に~)」

と呼んでいて、心の中では、に~の事を「ケロちゃん」と名付けていました。

に~は、銭湯のケロヨンの洗面器が好きなんですよ。
そもそも、ケロヨンが好きみたいです。
だから、「ケロちゃん」なんです。
お盆やお正月、田舎の親戚宅の近所の薬屋さんの前に、普段ではあまり見掛けない、大きなケロヨンが置いてあるんですが、買い物帰りにはその薬屋さん前を通るルートで帰り、

「ケロヨン・・・。」

とつぶやいているくらい好きみたいなのです。

そんなに~は、ケロヨンラブには見えない、落ち着いた雰囲気漂う、本(小説)を読んだりが似合いそうなお兄さんです。
もちろん、小説を読んでいる合間に、時にはエッチな本を見ているとは思いますが、正常な男性なら、そういう本だって読みますよね。

そんなに~は、小さな頃から、親戚の子供の中で一番年が若くて大人しめな私を、よく構ってくれていました。

「みんなでトランプやろう。アキ(私)もやろうな!」

みたいに、自然に私も混ぜてくれたりしたものです。
昔からに~は、親戚の子供の中でもどこか落ち着いた雰囲気をしていて、しかも、一番優しいので自然と私は、に~に懐くようになったと思います。
それからの私は、私の家からに~の家まで歩いて15分、暇な日はに~の家に行って、に~の妹と遊んで、に~の部屋にも

「に~、いる~?」

と遊びに行きました。
に~の妹がいない日は、に~の部屋に行くんですが、時にはに~の友達(男)が遊びに来ていて、そういう時は、すぐに自宅に帰りました。
男は、に~以外は苦手でした。

そんな感じだったので、(男=に~が好き)という大人かった私の、純粋な子供心は今、社会人になったに~に、恋心を抱くようになってしまいました。

に~以外の男が苦手だから、に~なの?
に~がいつも優しいから?
に~がケロヨンラブなのが可愛いから?
恋と勘違いしているのかもしれないと、こんな感じですごく悩んだりもしたけど。

に~が誰かを抱いたことがあるかもしれないと気付いた時、嫉妬してしまいました。
過去に、に~に彼女がいた時期も、思えばありましたから。

に~がそばに来ると、ドキドキしてしまうし、に~が時々つけている、香水の香りにクラついてしまいます。
に~とキスしたいと考えてしまうし、私に触れてほしいと考えてしまうんです。
そんな想いを抱えてから二年たった今、私も社会人(OL)になりました。

大人になった今でも時々、に~のお部屋に遊びに行くんですが、不意にに~が、私の胸を見ている時があるんです。
男って、誰でも女の胸を気にして見てしまうって、高校の時に雑誌で読んで、知識としては知っているつもりです。
でも、いとこのに~が、私の胸を気にしてくれてるのが嬉しく感じてしまって。
もしかしたら、私の気持ちを受け入れてくれるかもしれないって、夢見てしまうようになってしまいました。

困らせてしまうのなら、諦めなくてはいけませんよね・・・。
けれど、告白してみようかなって、考えるようになってしまったんです。
私の気持ち、いとこのに~に恋をしてるってことを。

に~は、どう思うだろう。

コメント:0

コメント入力フォーム

Home > 従妹・従姉 > に~

ブログ内検索
携帯用QRコード

当ブログの携帯用QRコードです。
携帯用QRコード
http://www.moero.biz/i/

新着萌え体験フィード
PR

FTC株式会社

中村元太郎

リーブ21

Return to page top