Home > 露出 > 義理の妹

義理の妹

  • Posted by: moe
  • 2013年2月20日 08:26
  • 露出

嫁の実家が大磯にあるので、夏になると良く遊びに行くんだけど、その日は体調が悪かったので、義理の父母と嫁、子供だけ海に行かせ、自分は一人で、むかし嫁が使っていた2階の部屋に転がってた。

お昼過ぎに、義理の妹が部活から帰ってきたんだけど、朝は

「みんなで海に行く。」

と言っていたから、誰もいないと思いこんでたんだろう、下でシャワーを浴びる音がした後、トントンと階段を上がって隣の部屋に入ってきた。
(もともと子供部屋同士なので、仕切りはフスマだけ。)

今思えば、すぐに

「お帰り~。」

と一声かけてあげれば良かったんだが、なんかタイミングを逃してしまったのが間違いの始まり。
フスマの向こうから、

「ふ~ぅ、暑~い。」

と言う声と、エアコンの音、それに続いて、バスタオルをバタバタとあおる音が聞こえてきた。
おそらく、エアコンの冷風に向けて、タオルを閉じたり開いたりしてるのだろう。
今、ここで出て行ったら絶対ハダカ見たと思われる、マズイ状況に陥った。

こうなったら、わざとイビキをかいたりして向こうに気付かせるしかないと、タイミングをはかりつつ、息を殺して待っていると、やっと落ち着いたのか、ベッドの上にドサッと乗っかったらしい。
ただ、タンスの音がしなかったので、まっパにバスタオルなのは確定的。
(義理の妹は元気もので、まだまだその辺の感覚がユルイ。)

まだマズイと思ったオレは、更にじっとしていることにした。
ところが、事態はドンドン悪化していく。

姉夫婦が隣の部屋にいてこの数日間、気を遣うこともあったんだろう。
想像するに、家族全員がいない今が「チャ~ンス」と考えてしまったんだろうな。
はじめちゃったんだよ、義理の兄がいる、その隣の部屋で。

ほとんど声は出さないんだけど、オカズにしてるらしき本をめくる音と、体毛をこすってるような音が妙に想像力を刺激して、こっちも心臓バクバク。
情けないことに、隣で高校生がまっパにバスタオルでオナってると思うと、もう「義理」とか「バレたら家庭崩壊」とか完全に吹っ飛んでしまった。
音を立てないように移動し、そっとフスマから覗き込むと、四つんばいでオナってる姿が、目の前数メートルに飛び込んでくる。
顔を枕に押し付けるようにして、片手で向こう側に置いた本をめくりつつ、ひざをついてやや開き気味にした脚のあいだに、もう片方の手をやっている。
バスタオルの前は、もうほとんどはだけて、背中に乗っているだけだが、真横から見てるこっちに確認できるのは、盛大にに太ももまでまくれあがったタオルからのぞく脚と、おそらく全く自己処理していない、股間からのぞく長い陰毛。
それでも、生女子高生の威力か、それとも背徳のなせる業か、中学生以来か!?ぐらいにちんこビンビン。
どのくらい覗いてたんだろうか。
もうバレても良い!と理性が切れそうになった瞬間!

ガラガラ~と玄関が開いて、

「ただいま!!」

という子供と嫁の声。

もう、妹は完全パニック。
バスタオルを投げ捨てると、全裸でタンスに飛びつく。
その瞬間、オレの目の前に、意外に成長してない胸と、濡れて数本ずつ束になった陰毛がさらけ出され、慌ててタンスから引っ張り出したTシャツかぶって、白いパンツを引き上げ、そして顔をあげたところで...目が合った。

そこへ、嫁がトントンと階段をあがってきたので、オレは無言で後ずさりし、何事もなかったように自分の布団に包まったが、たぶんトラウマになってしまっただろう。
その夜の食事は、

「ご飯いらない。」

と言って降りてこなかった。

ゴメンな義理の妹よ。

コメント:0

コメント入力フォーム

Home > 露出 > 義理の妹

ブログ内検索
携帯用QRコード

当ブログの携帯用QRコードです。
携帯用QRコード
http://www.moero.biz/i/

新着萌え体験フィード
PR

FTC株式会社

中村元太郎

リーブ21

Return to page top