Home > 従妹・従姉 > 従姉妹との初体験、そして・・・ その4

従姉妹との初体験、そして・・・ その4

従姉妹との初体験、そして・・・ その3続き

676 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/16(土) 11:20:40.19 ID:PzLvUtWZ0
>>675 ありがとうございます。
読み返すとオレの恥歴史だったりもするんですが。

偽倉科、何気に結構いろいろやらかしてくれたので、いま、まとめてます!

677 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/16(土) 11:56:28.52 ID:PzLvUtWZ0
ちなみに、この偽倉科、まじで小悪魔なんですよ、天然の・・・。
美樹はどちらかと言えばかなり天真爛漫なタイプですが、偽倉科は生来のエロさもあってか、オレもちょっとだけ翻弄されそうになったし。

サークルの男友達は偽倉科目当てでオレアパートに来たり。
キャンドル事件以来、不本意ながら美樹もオレも偽倉科から信頼されてるっていうか、利用されてるっていうか・・・。

「美樹ちゃんみたいになりたーい。」

とか言って髪をちょっと黒っぽく染めたり、メイク変えたりして。
確かにキャンドルが間違えてキレるくらいだから似てるのは事実。
本人が意識して真似てくると、激似で怖かった。
ただ、なんか黒いオーラが出まくってた。
(じつは、影武者やアリバイとして使おうとしてたようだ。)

つーくらい、オトコが切れ目ない感じでした。

686 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/16(土) 21:56:16.58 ID:PzLvUtWZ0
>>685 ありがとございます(´Д`;)

すいません、続けてみようかと思います。

簡単に今までの流れを・・・。(当時、数年前です。)
オレ:1浪して某大学の1年。
見た目、ブサではないと思いたい。
ま、ホントにその辺にいると思いますよ。
当時はMTBと写真が趣味でした。

美樹:要領はイイのだが、相当な天然だ。
ストレートで進学したので1学年上。
見た目は10段階評価で7.5位か?
ま、かわいい。従姉妹だが、彼女だ。
偽倉科:ある意味、悪魔だ。
同じアパート在住。
男はキャンドル○ュン風だ。
見た目は10段階評価で8位か?
美樹に似てるが、乳はでかそうだ。

あれ、なんだ?
コレ、安いエロゲか?

687 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/16(土) 21:56:50.79 ID:PzLvUtWZ0
ま、美樹の誕生日も過ぎて、夏だ。
美樹は相変わらずパン屋のバイトを続けている。
オレは自転車屋(時々)とコンビニのバイトだ。
言っておくがコレといった才能は特にない。
(早撃ち、というだけだ。)

ちなみにマジで早漏克服法があればチャレンジしたい。
基本、美樹は早寝早起きとか、そっち系なので、極力合せるがオレは夜型。
美樹のバイトは5時くらいに終わることが多く、オレは昼→夜が中心。
総菜パンとか菓子パンの余りを持ってきてくれることもあるのだが、時々、ポストとか新聞受けに入れていくことがあり、地味に迷惑だ。
(一応、ウチの鍵は渡してあるが、オレは美樹のトコのカギは貰ってない。)

688 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/16(土) 21:57:20.78 ID:PzLvUtWZ0
偽倉科はどうやら夜系のバイトしてるらしく、夕方に出掛けることもあるようで、美樹が惣菜パンをポスト投下中に遭遇したという。
キャンドル事件で面識もできたので、アパート前で話したらしいのだが、偽倉科いわく

「迷惑かけてすいませ~ん。結局、キャンドルとは別れました。」

ということらしい。
オレの勝手な想像だが、何かしでかしたに違いない。
ちなみに偽倉科の部屋側にはコインパーキングがあって、時々、キャンドルのバンが止まってたが、それをスーツとジャンパーの男2人が観察したり、何かメモしたりしていたのをオレは知っている。
当分、キャンドルには会えない気がする。
すまん、余談だった。
だが、これが個人的には良くなかった。

689 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/16(土) 21:57:53.76 ID:PzLvUtWZ0
前にも書いたが、オレの部屋は道に面した1階角部屋(外に壁はある)。
大学→オレアパート→駅なので、友人もかなり通過するのだが、電気ついてたり、窓が開の様子で在室・不在がバレバレだ。
そして、8畳+3畳なので、つい友人もたまりがちになる。
ちなみにどうやら8部屋のうち5、6部屋は同じ大学だと思う。
まったく交流はまったくないが、偽倉科とは面識があるので、サークルの友人がオレアパートでうだうだしてると、通り側から

「こんにちはぁ~。」

とか声掛けてくる。
オレは許可してないが、それを呼び寄せるバカな友人もいるから迷惑だ。

690 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/16(土) 21:58:24.80 ID:PzLvUtWZ0
男80%の空間でテレビ見てるか、なんか食ってるか、な時間に薄着の巨乳(というほどではない、Dくらい?)偽倉科が加わると、そりゃあ、みんなの挙動は明らかにヤバい感じだ。

偽倉科「へぇぇ~、修ちゃん(←勝手に呼ぶな)自転車乗るんだぁぁ。」

ちなみに、ママチャリは外だが、MTB1台は部屋に上げてある。

オレ「ま、仕事なんで。」←うそ、週1バイトだ。

と言いながら、偽倉科が女の子座り?から立ち上がる。
黒っぽいキャミ風のヒラッとしたワンピから伸びる足もエロい。
男友達の3名の視線はみな同じ方向を見てる。
ま、オレも一応見る。
ちなみに女子も1名いたのだが、そいつは3名の視線を追ってた。w

691 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/16(土) 21:59:08.85 ID:PzLvUtWZ0
そんな薄着で立ったり座ったり、足組み替えたりしたら見える。
ブラとかパンティとか。
一応、最大に増感して、脳内に念写する。
パンティは黒か紫でちょっとツヤのある素材っぽい。
ブラも同じく紫系で黒レースの縁取りだった。
エロ満開だな。
残念ながら乳首も乳輪も見えなかった・・・。
ただ、Cマイナスな美樹は隙間から見える&ほぼ揺れない。
たぶんDプラスの偽倉科はユサッ・・・ッ・・・ッと揺れが減衰する様子がエロい。
ま、後に1度だけサワサワ、フルフルする機会がくるのだが、これは絶対に美樹には言えない・・・。

694 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/16(土) 23:54:54.30 ID:PzLvUtWZ0
>>693
すいません、ちょっと分かりづらかったかも。
たぶん警○関係の方がキャンドルのクルマを調べてたみたいです。
ウチのアパート商店街から近いんですが、明らかに張りこんでるのか、クルマを調べてたみたいです。
エロとは関係ない余談で、ホント申し訳ない(´Д`;)
なるべく早急にエロ方面に・・・。

697 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/17(日) 02:18:12.63 ID:+HvO/TZa0
お盆前になると帰省するヤツも少なくない。
かく言うオレも、美樹もそんな感じだが、美樹が1日早く帰る。
いまだに、何でだったのか思い出せないのだが、帰省前の夜に、友人6人(男4/女2)で鍋することになった。
ちなみに冷夏ではない。
たしか美味いビールを飲むとかそんなテーマだった。
美樹も手伝いに来てくれるらしいが、オレの部屋に8人か。

698 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/17(日) 02:18:48.57 ID:+HvO/TZa0
おでんと湯豆腐だったと思うが、1口コンロとカセットコンロだと微妙に不便。
ま、そんなもんどうでもいいのが学生だ。
女子1号はのっちの15%引き、念のためオバマじゃなくPerfumeね。
2号は森三中リミックスな雰囲気だ。
1号はちょっとタイプだ。
男は石川遼30%引きとハマの番長三浦30%引きと、ま、どうでもいいや。
美樹は青い花柄ノースリーブのワンピだが、胸元が緩くて嬉しい。
が、前かがみで完全に乳首見えたのでTシャツ渡す。

いや、野獣の視線をチラチラ感じる。
お願いだ目で犯さないでくれ。
おれものっち15%引きの胸を見る。
ここまでは平和だ。
が、8時くらいに偽倉科が帰宅、道路側から鍋に気づいてやってくる。

偽倉科「こんばんわぁ~、なんだか楽しそうですねぇ。」

番長が必死に誘う。
さっきまで美樹の胸ばかり見てたのに・・・。
オパーイ星に帰れ。

699 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/17(日) 02:19:37.69 ID:+HvO/TZa0
偽倉科「ウチの食器とか、コンロとか使いますか?お酒持ってきますね。」

ま、こんな時は通路挟んで5歩だからありがたい。

番長「あ、手伝いますよ。運びます」←分かりやすい。
偽倉科「ありがとー。」

キャミの隙間から花柄のブラ見える。
胸がゆさゆさ・・・っ・・・っ。
オレ凝視。
美樹が気づいて竹串をオレの足に刺す。
9時、美樹は今日のウチに帰省するので駅まで送る。
おまいら、オレの部屋荒らすなよ。

美樹「すごい鍋パだったね。先に帰るけど、なんか不安・・・。」
オレ「ま、大丈夫だって。明日、祖父さんちでね。」

と駅で別れる。
アパートに戻る途中で森三中リミックスと番長ほかに遭遇。
飲み物を買いにコンビニまで行くらしい。
アパートに戻るとオレの部屋で石川30とのっち15がキスしてた。
(道路側の窓、カーテン越しだが。)

700 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/17(日) 02:20:12.22 ID:+HvO/TZa0
ああああ、オレが覗かれるのもイヤだが、自分の部屋を覗くっても嫌だ。
あああ、のっち15がおっぱい触られてる。
細部は見えないが意外に乳首は濃い茶色だな。
乳輪の直径は3cmくらいか?
いや、そんなことより部屋に入れんよ。
オレ、チキン。・゚・(ノд`)・゚・。ウワァァァン

とりあえず、玄関側の通路にまわると偽倉科の部屋のドアがあいてる。
鍋の洗い物をしてくれてる音がしたので、偽倉科の玄関に一時避難。
オレ、ドアノックして

「あ、ありがと。こっちでも洗うから。」
偽倉科「大丈夫、大丈夫。皆、コンビニ行ったよ。ちょっと上がりますぅ?」

玄関から初めて見た偽倉科の部屋は意外にもファンシー?だ。

偽倉科「遠慮しないでどうぞ、修ちゃん。」

と悪魔らしい誘惑だ。
しかし、ここにいる理由を説明できないので、キッチンにあがり、皿を拭く。
少し酔った偽倉科の洗い物とりあえず終了。
で、事件。

701 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/17(日) 02:20:45.46 ID:+HvO/TZa0
並んで皿拭いてたら、不自然にオレの左腕に手を絡ませてくる。

偽倉科「修ちゃんはぁ、美樹ちゃんと付き合ってどれくらい?」

甘い声で聞く。

オレ「高3からだから、に、2年くらいかな(嘘)」
偽倉科「じゃあ、もうエッチとかしてるんだぁ、美樹ちゃんとぉ。ふぅーん。」

コイツは最高に酒癖が悪そうだ。
さらに腕を絡ませてくる→Dカップ乳が腕にあたる→半勃起→前傾姿勢。
でも、美樹とは違う柑橘系のイイ香りもする→完全に勃起。

偽倉科「えっとぉ、最初はどっちから誘ったのぉ。もしかしてぇ美樹ちゃん?美樹ちゃん、かわいいもんねぇ。ね、バージンだった?」

うわぁぁぁん、・゚・(ノд`)・゚・。ウワァァァン オレ、居場所ない。

702 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/17(日) 02:23:05.17 ID:+HvO/TZa0
偽倉科の肩を右手でそっと触って、そっと振りほどこうとする。
が、勢いあまってゆるいキャミとブラの肩ひもが腕にずれた。
胸押し付けてたから、ちょっと浮いてたのかも・゚・(ノд`)・゚・。ウワァァァン 
おっぱい完全露出じゃないけど、見えました左乳。
質量だけでいえば美樹の2倍はありそうだ。
あぁあ、乳輪は直径35mm、乳首は13mm、高さ10mm、色は茶褐色だ。
顔とか遠くからの印象は似てても、やっぱり美樹とは違うんだな。

偽倉科「修ちゃんって、意外にエッチだねぇ。どう、美樹ちゃんと違う?」
オレ「ご、ごめん・・・。そろそろ戻ってくるから、戻ろうよ。」←チキン
偽倉科「うふっ、いいよ。修ちゃんって、かわいいね。」

言っとくが、オレは5秒で発射できる、十人並み以下のチキンだ。

うわぁぁ、どーするオレ。
本音を言えばチン○は臨戦態勢だ。
だが、野生の勘が危機を知られる。

「にゅる、ぐちゅっ、パンパンパン・・・。」

とか、やっぱ無理。
すまん。
と、その時、ハマの番長の歌声が遠くから聞こえてきた。

神キタ。

オレ「じゃ、オレ戻るね。部屋飲みだけど来る?」←一応、番長のために聞く。
偽倉科「行くー。じゃ、続きはあとでねぇ、修ちゃん。」←悪魔だ。

2秒後。

番長「あーっ、すまん!」

オレの部屋のドアを開けたようだ。
石川30、のっち15、災難だったな。
ま、オドロキっぷりからも、おっぱいポロンではなかったようだ。

706 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/17(日) 04:57:20.53 ID:+HvO/TZa0
その後は0時くらいまでオレの部屋でフツーに飲む。
もちろん、オレはコーラとスプライトだ。
体質だから仕方ない。
森三中リミックスダウン→番長が偽倉科の部屋のベットへ運ぶ。
番長、偽倉科の部屋の床で力尽きる。←狙って、かもしれない。
石川30ダウン→オレの部屋で力尽きる。
のっち15→ややダウン→女性ということでオレのベット進呈。
男子A、男子B→オレの部屋でほぼ気絶。

オレ、当然無傷。
偽倉科、これくらいの酒ではつぶれないようだ。

707 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/17(日) 04:57:50.56 ID:+HvO/TZa0
寝たふりが間に合わず、気まずいまま、オレの部屋の台所3畳に2人。
倒れたヤツを起こさぬようにドアしめて、なんとなくあと片付け。

オレ「じゃ、オレは明日から帰省するから、またね。」

と言って、小さな折り畳みパイプ椅子に腰かける。

偽倉科「向こうでも美樹ちゃんと一緒なんだねぇ~。らぶらぶ?」
オレ「まぁね。そろそろ、戻りなよ。」←言ってみた。
偽倉科「ふぅーん。そうそう、キャンドルのときはいろいろありがとぉ。」
オレ「ま、似てるし(もはや似てないが)、しょうがないよね。」
偽倉科「やっぱり、似てる?でもさぁ、別人だよぉ。ふふっ。わたしはぁ、美樹ちゃんみたいに色白じゃあないしぃ、胸も同じじゃあないと思うけど・・・。どうだった?」

個人的には美樹のほうが好きんだが、偽倉科のちょっと濃いベージュで大きな乳輪と乳首はエロいと思う。

708 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/17(日) 04:58:22.48 ID:+HvO/TZa0
オレ「いや、もう帰りなよ。」
偽倉科「ね、わたしと美樹ちゃん、どっちが好き?」

偽倉科、オレの手をとってキャミの下から胸へと導きます。
美樹とは違って、ブラジャーの上からでも豊かな感じ。
ブラジャー越しなのに、乳首が立つ感触が伝わります。

偽倉科「ねぇ、する?」

偽倉科の携帯が震えて、一瞬の空白。
でも、偽倉科は携帯を無視。

偽倉科「なんか寂しくて、修ちゃんがぁ良ければOKだよぉ。」

偽倉科、オレの膝の上に向かい会わせに座ります。
ん、なんだっけ対面座位?な感じ(したことないけど)
なんだ、この柑橘系の香りは、フェロモンか?
で、偽倉科は躊躇なくオレの口にキス。
トロッとした、すげえ舌使い。
(冷静に考えれば、懐かしのキャンドルと間接キスだけど。)

709 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/17(日) 04:59:00.79 ID:+HvO/TZa0
今度はオレの携帯が鳴る(←バイブじゃない)メール着信。
さすがに音が出たので偽倉科も一時中断。
ほっとした。
メール開くと、美樹からだった。
タイトルは「ついたよ。」
本文開くと「おつかれ。明日、楽しみに待ってるね♪」

ちょっと、正気に戻る。

偽倉科「美樹ちゃん?そっかぁ。」

オレ、あることに気づく。
メールって本文の最後に---END---ってのがある。
あるハズなのに、あれ?---END---がないぞ。
←妙に冷静だった。
不思議に思ってずーっと下にスクロール。

「愛してるから。浮気しないでね。おやすみ。」

だって。

710 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/17(日) 04:59:50.44 ID:+HvO/TZa0
ごめんよー。
ホント、ごめん。

オレ「おれ、美樹のこと好きだから、部屋戻りなよ。」
偽倉科「うん、わかった。ごめんね・・・。なんかさぁ、幸せそうだったし、負けたくなかったんだよね、美樹ちゃんに。」
オレ「OKOK。いい人いるよ。でも、キャンドルはやめとけ。」
偽倉科「ホント、ごめんね。もう、絶対にしないから、3人で友達でいてね。」

ということで、偽倉科に犯されそうになったが、未遂で終わった。
でも、メール来なかったら、やってたかも。
いや、やんないかな。
とにかく、この一件以来、偽倉科はすこしだけしおらしくなった。
派手目の茶髪も黒っぽくなった。
が、たぶん流されやすいから性根は。
本題とは離れるが、じつはこの後、番長と偽倉科は付き合うことになる。

翌日、地元に帰ると駅まで美樹が来てくれた。
で、たぶん続きます。

713 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/17(日) 14:48:54.48 ID:+HvO/TZa0
明け方、番長やら石川30やらを放り出して10時に駅へ。
ま、たぶん昼過ぎには地元につくでしょう。
美樹にオレメール。

「12時半につくよ。いいの?」

返信

「OK。バスのロータリーでね。」

地元駅到着。
バスまだきてない。
ゆえにまだ美樹もいない。
待つ。
ひたすら待つ。

714 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/17(日) 14:49:35.26 ID:+HvO/TZa0
ロータリーの一般車お出迎えスペースを望む。
なんか夏っぽいメガネっ娘が手振ってるよ。
ちょい萌え。
って、おい、ありゃ美樹だ。
なんか、赤いワーゲンの前にいるよ、ゴルフ?ポロ?のよく分からん。

オレ「ただいま。で、コレなに?なにわナンバー?」
美樹「へへー、アタシのー。似合う~?」
オレ「なにわ節がか? たかじんは嫌いじゃいぞ。って、まじで何これ?新車?」
美樹「初ドライブ、おめでとう。」
オレ「バスでいいから。ホントにオレ、バス好きだし・・・。」
美樹「へへっ、ホントは姉ちゃんの。異動になってもう使わないんだって。」
オレ「いいね、あんたん家は裕福で。iPodでたかじん聞いてやる。」

美樹、すごい前傾姿勢で発進。
目閉じないから、コンタクトはだめだそうな。

715 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/17(日) 14:50:12.81 ID:+HvO/TZa0
国道を抜けて、バイパスを低速で走り、ウチのほうへ。

美樹「曲がるとこきたら教えてね。手前で教えてね。」
オレ「地元だろ。じゃ、次の角、左。」←曲がるとホテル。
美樹「うん。次、つぎ。」

信号でとまる。

美樹「そこ、ホテルだけど・・・。」

ちょっと意地悪してみたくなった。

オレ「まちがえた。次のヤ○トを左。」←確信犯。
美樹「えっと、またホテルだけど・・・。怒」←ちゃんと前後左右見ろ。
オレ「だめ?」
美樹「ぜったいヤダ。なにわのワーゲンなんてウチってすぐバレるでしょ。」
オレ「じゃ、後○園の横を斜めに。」←じつはまたホテルだ。
美樹「はいはい。今度ね。チューしてあげるからまた今度ね。怒」
オレ「すまん、冗談。」←昨日の件で弱気。基本、いつも弱気。

だが、昨日の件もあって、エチしたいのも事実だ。

716 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/17(日) 15:11:52.61 ID:+HvO/TZa0
そんなこんなで家到着。
荷物降ろしてると、マイ母登場。

マイ母「美樹ちゃん、カワイイじゃない。これ美保ちゃんの?」
美樹「うん。修ちゃん借りていい?初ドライブ行ってくる。」
マイ母「免許ないから役には立たないけど。ホントお姉さんみたいね。」

すまん、かーちゃん。
オレ、実はエロい彼氏だったりするんだ。

美樹「クルマ押してもらったり、襲われそうになったら助けてもらうー。」

すまんな、襲うのはたぶんオレだよ。
ふたたび前傾姿勢で発進。

美樹「ね、修、どこ行きたい?」前方を凝視。
オレ「いや、むしろどこなら行けるんだよ・・・。」←マジ不安。
美樹「バイパスの近くでなければ。」←ホテル地帯か。

緊張しながらも、ムダ口きけるくらいだから、ま大丈夫か。

732 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/18(月) 03:56:05.83 ID:Cq8ycQtb0
緑系のチェックのノースリーブワンピに、白いアンサンブル?(カーディガン?)。
どうしたんだ、その萌えな組み合わせは。
日焼け対策なのか。
それより、赤い縁のメガネはどうだ、南キャンの山ちゃん?
本仮屋+5kgというより、今でいうメイドに近いぞ。
しかし、見れば見るほどオレと同じ遺伝子はなさそうな肌だな。
肩とか、鎖骨とか、首筋とか、爪とか、中学生で止まったのか?
でも、尻のデカさはやはり親戚だと思う。
む、胸はこれから育てよう。

733 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/18(月) 03:58:31.03 ID:Cq8ycQtb0
1時間も走るとさすがに慣れてきたようで、CD掛ける。
他はラジオとMDだった。
MDって多いのか?
ただ、CDは6枚掛かるのがついてた。
そして、美保(美樹姉)のCDが入りっぱなしだ。
オレンジレンジ→イマイチ。
nobodyknows→心は躍るが気が散るらしい。
SMAP→オレ、高校で草○似と言われ以来、聞かない。
平原綾香→夏っぽくないが、癒される。今日はこれか?
Crystal Kay→美樹は恋におちたら∞リピートだ。
ほかにもCD発見。

たかじんも発見。
美保はおっさんと付き合ってる?
それとも大阪ではデフォ?
オレはたった一人のアンコールが聞ければ良いのだ。
マイ母が好きなのだ。

734 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/18(月) 03:59:10.26 ID:Cq8ycQtb0
漁港の食堂で天ぷら食った。
安くてデカい。
持ち帰り用の容器もある。

美樹「ぜったい太る―。太る―。」←完食だ。

近所の山にクルマで登る。
えらいゆっくり。
後ろの人ごめんなさい。
おー、なんかヤシとか生えてる。
駐車場でクルマとめて、海とか見てみる。

美樹「ね、昨日起きてた?」
オレ「ん、まぁ。片付けとか、番長の処理とか。」
美樹「そっか。(偽)にもメールしたんだけど、返信ないし・・・。」←あ、あんたか。

乳見ちゃったのと、触っちゃったのと、キスも事故といえば事故だ。
だが、一応簡単に報告しておこう。
もう、偽倉科の暴走もないはずだし。

オレ「ごめん。(偽)がかなり酔って、キャンドルと別れた寂しさから、ちょっとだけ迫られました。が、無実です(たぶん)」

735 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/18(月) 03:59:46.98 ID:Cq8ycQtb0
美樹「ふーん。ね、信用していい?」
オレ「信用してくれ。(たぶん、もうしません。)」
美樹「わかった。貸しとく。こっちにいる間は奴隷ってことで。w」
美樹「お水。」←自販機は砂利の駐車場の対角線100m先だ。

しぶしぶ歩く。
海近いし、崖も近いので風は強烈だ。
砂っぽいよ。
戻ってくると美樹がトランクあけてなにやらゴソゴソ、CD交換してます。
中腰。
ありがとうワーゲン、今日は薄いグリーンのパンツだよ。
それにしても美樹のパンツはいつもカワイイ(そんなに見てないけど・・・。)。
偽倉科はなぜ黒とか赤紫とか花柄なんだろうか。
とりあえず脳内念写。

736 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/18(月) 04:00:18.37 ID:Cq8ycQtb0
美樹「凄いなー、アタシ。修乗せて走ってるよ。w」←オレ浪人中に免許取った。
美樹「こっちいる間はどこでも連れてってあげる。エライ?感謝する?何かごちそうしてくれる?」←さっき凄い量の天ぷら食ったろ。

それでメールは"楽しみに待ってるね♪"だったのか・・・。

オレ逆襲「愛してるんなら、むしろ運転手ってことで。www」
美樹「あっ、気づいた?へへへ。」

オレ、気になって電車の中で残ってるメール全部チェックした。
本文に ---END--- がないのが何通かあったが、気づかず捨ててたかも。

美樹「面と向かうと言えなくて・・・。でも、小さく発散っていうかさぁ・・・。おまじない。」

かわいいな。
できるなら少しでいいから偽倉科に分けてやってくれ。

737 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/18(月) 04:01:15.35 ID:Cq8ycQtb0
幹線道路をなんとか走る。

美樹「ねぇねぇ、次どっち?右折だよね、でも手前に高速の入口もあるよっ。」
オレ「右折レーン怖かったら、越えてから左折、左折で戻れば?」
美樹「えええ、襲わない?襲わない??」
オレ「いや、ホテルじゃないし。w」

信号で停車。
美樹が左手をハンドルから離して、小さく差し出す。
一瞬だけ手をつなぐと、湿ってるよ。
運転、緊張してたのね。

ちょっとだけ陽も暮れてきた。
煌びやかな街道を走行中。

美樹「当分、まっすぐだよね?なんか街道恐怖症になりそうだよ。」
オレ「ま、とにかく左折だな。まずは左折だ。ww」
美樹「いやぁーー。トラウマになりそ・・・。それに運転してるとアタシが襲うみたいだし。」

確かに。
オレは昨日、襲われそうだったがな。

オレ「でも、この辺りなら家まで2、30分掛かるから、なにわナンバーでも大丈夫かも。」
美樹「きゃーっ、うわーーん...。うわーーん・・・。」←泣き笑い

738 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/18(月) 04:06:40.71 ID:Cq8ycQtb0
ピッコピッコピッコ・・・。

やるなアンタ、結局曲がるのかい。
ということで、またもや2人揃って人生初のラブホですよ。

この頃、お互いに興味はあったんだが、まだ上手くいかなかったんだよね。
正直、潮とか69とか、完全に宇宙創成くらい縁のない感じでつた。

741 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/18(月) 15:27:13.96 ID:6SMYsyj30
あ、なんかキレイそうだな。とにかく駐車場に入る。

美樹「あぁぁ。別に、エロモードとか、そんなんじゃないからね。」←動揺。
美樹「駐車場せまっ。ね、降りて見てて。」
オレ「ええええ?」←実際はオレのほうがチキン。
オレ「右、右、右、右。いや、ちょっと左。も少し右。上、下。」
美樹「かわって。怒」

祖父さん家、畑もあるから(免許ないけど)オレ軽トラとか大丈夫。
もち私有地内。
ワーゲンは人のなので、美樹運転で窓ごしに微調整。
難しいな。
隣のクルマに熟年さまのカップルが戻ってくる。
オレ、気まずい。←チキン

美樹「こんばんは。」←あほ。

お隣、めちゃめちゃ気まずそうだぞ。
ともあれ、フロントに。

742 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/18(月) 15:27:59.34 ID:6SMYsyj30
美樹「すごー。これ、何?押すの?触るの?」←部屋写真のパネル見て興奮。w

適当に触ったたら何か電気消えて、隣の窓から

「ご休憩ですか?」

で休憩決定。
部屋に入ると何かムーディな音楽が流れてた。
おお、なんかスゲーな。
こうやってムード作るのね。
期待でご子息が半勃起。
美樹はと思ってみると。

美樹「すごー。ね、コレ何? お風呂広いーっ。何これエロ―っ。キャー」←ムード無

嬉々としてお部屋を探検中のご様子。
コレ何って、そりゃ、オレも分からんよ。
なんか20分くらい、飽きずに探検してたよ。
美樹、意外にエロ方面に強いかも。

オレ「そういや昨日、石川30とのっち15がオレの部屋で○○してた。」>>699
美樹「えー、意外。石川30は凄そうだね。アタシ、ムリ。で、覗いてたの?エロっ。」

じつは石川30はうちのサークル随一、かつ唯一のエロ男で、オレの師匠でもある。

美樹「変なコト勉強しないでね。wで、ねぇ、一緒にお風呂入る?混浴?」>>610

というと、脱衣所に行って、なんかクシュクシュしたヘアバンドで髪をまとめる。

743 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/18(月) 15:28:35.67 ID:6SMYsyj30
この時点で、チェックワンピ、メガネ、ヘアバンドでカチューシャ風になった美樹。
個人的なツボが一気に揃って、もう出そうだ。
かなり汁も出た。
汚くてすまん。
たまらず脱衣所で後ろから抱きしめた。
で、ちょっとだけスカートめくってみる。
同意のうえだが、スカートめくりは男の夢だ。
薄いグリーンのパンツのうえから、美樹の大事なところ触ろうとすると、すまん、両手で全力で拒否られた。

美樹「修、お風呂行こっ。んっ。」

というと、ちょっとだけ唇を前に突き出す。
キスすると、ホントに珍しく美樹からちょっとだけ舌を絡ませてくる。
オレ、すでに前かがみ。

美樹「ね、脱がせて。」

おおおお、キタ―。
ワンピ脱がす。
あれ、背中にチャックないよ?
あ、あれ?
これ、どうやって脱がすの?
Tシャツ風に一気に着るもんなの?

DTなんとか卒業、その後タイミングも悪くて2か月で、まだ片手くらい。

744 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/18(月) 15:29:06.16 ID:6SMYsyj30
美樹「あはは。wさ、脱がせられるかな?ん?ん?」←なぜか強気だ。

おれ、一気にワンピの裾もって、茶巾だっけ?にしよとすると・・・。

美樹「きゃー、違うっ。違うっ!」

正解は腕の下にも小さなチャックがついてて、それも降ろすんだって。
そんなもんオレ、分からんもん。
難しいね、女の子の服。
再びDT気分。

美樹「お湯入れてくる。」

パンツとブラだけになると、早くもバスタオル巻いてるよ。
なんか勝ち誇りながら、広い湯船にお湯入れに行きました。
その間にベット周辺でコンドウ様を探す。
あった2個。
でも、あと残り2時間。

美樹「ジャグジーだよ!電気も付くよ!シャワー浴びたら呼ぶねー。」←研究熱心。

洗いっこは、まだまだお預けのようです。
こういう時って無理やり行くべきか?

美樹「いいよー。あと、お水も持ってきてねー。」←小さく女王様

745 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/18(月) 15:29:34.49 ID:6SMYsyj30
ま、完全に勃ってるんですが、まだ照れくさくて片手で抑えながら入場。

美樹「あのさ、それってさ、おおきくなると、しゅっって戻らないの?」←研究熱心
オレ「いや、そんなに自在じゃない。」

一応、答えつつ、汗と砂ぼこりを流す。
ブクブクブクブク・・・。

「キャー。」

ゴゴゴゴ。

「キャー。」

後ろで女王遊んでる。

オレ「すまん、オレも参加していい?」

湯船に入るとと、美樹は湯船のなかで女の子座り。
おれ、あぐらで向かい会う。
なんかお風呂で向かい会わせって、緊張。
突然、無言で美樹が両手を伸ばして、オレのほうに抱きついてくる。
キス。
オレは両手で背中をなでる、泡のモト(何ていうの?)も入ってて、一層すべすべ。
相変わらず、大きくない胸、小さめの乳首がオレの胸に触れる。

で、美樹の腕はオレの背中を、を何故かスルーして、右手で壁のスイッチオン!
ゴゴゴゴゴ・・・ドドドーッ。
オレの脇腹と尻穴付近から激流発生。

美樹「あははははっ! 」

どうやら研究成果を試したかったらしい。
少し萎える。

755 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/19(火) 12:25:05.94 ID:KTVroODM0
研究成果に少しだけ満足した美樹だが、オレは色んな意味で満足していない。
そこでオレがとった行動は...、まずオレがその場で180度回転して壁に向かう。
図解すると大体こんな感じだ↓

756 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/19(火) 12:36:17.53 ID:KTVroODM0
     ___________
     |                |
 壁  |  美→ 浴槽 オレ→  |壁
___|                 |スイッチ___

        洗い場

すまん、ズレた。
こんなだ。
力説するほどではないが。

757 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/19(火) 12:37:05.81 ID:KTVroODM0
別にオレの尻穴を美樹に見せるとか、後ろから突いてくれとか高度な技ではない。
図解するほどのことではないのだが、オレも初ジャクジーを楽しみたかっただけだ。
ピッ

「あ、浴槽に電気ついた。」

ピッ"ドドドド"

「あ、泡っぽい。」

ピッ"ドドドド"

「強か。」
美樹「ね、ね、面白いでしょ。」
オレ「ああ」←激流がオレのご子息にあたり、すこし気持ちいい。
もはや会話そのものは、こんな感じだったはずだ、というほど適当だが、激しく無駄に時間を消費してしまったことだけは良く覚えている。
(すでに、当時の行動に基づいた妄想も入っているが。)

まだ、満足の足りない女王はオレの背中に密着、おんぶ状態でスイッチに触る。
Cマイナスサイズの程よい胸がオレの背中にあっているのだが、感触はない。
たぶん、これが偽倉科の胸ならば、確実に感触があるはずだ。
オレは美乳派だが、一度大きな胸を知ってしまうと、こんな時は寂しい。

758 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/19(火) 12:37:31.92 ID:KTVroODM0
再びもぞもぞと180度回転すると、スイッチ操作に専念する美樹の胸が眼前にあった。
ということで、眼前にあるピンク色の2つのスイッチを弄ってみる。

美樹「きゃっ。」

そして、両手でおっぱい弄り。
さわさわ、ふるふる。
ついでに、乳首に口をあてて、舌で転がしてみると、少しづつ乳首が硬くなるのが分かる。

美樹「あっ、ぁぁ・・・はぁぁ・・。」

どうやら、胸はそうとう弱いようだ。
調子に乗って攻め続けると、頬が赤くなる。
基本、強気な美樹だが、エッチなると恥ずかしいのか、息をころす感じ。
まだまだ初々しい美樹の反応を見ていると、偽倉科だったらどうなんだ?どんなエッチなんだ?という妄想も。

759 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/19(火) 12:37:56.70 ID:KTVroODM0
美樹、ふたたび女の子座りに。オレ、体育座りな感じに戻る。
すこーし感じた自分が恥ずかしいのか、美樹は目線あわせない。
イケる!
直観したオレは美樹の手をとり、ご子息へ。

無言でゆっくりと手を動かしながら、美樹はうつむく。
カワイイやつだ。
っていうか、その頃は"口で"とか、どういう流れなら持ち込めるのか分からんかった。
これはお互い新品、かつ捨てるのが遅かった、ってのの弊害か。

美樹「そろそろ上がる?遅くなっちゃうもんね。」
オレ「ああ。」←のぼせ気味。先に上がって、そうそうにベッドへ。

枕もとのコンドウ様を確認しつつ、沢山スイッチが並ぶ操作板?をいじる。

何だ?
どれ押したら部屋暗くなるんだよ?
オーディオ?
何これ?
ムーディ→メタル→演歌→N○K→蛍の光・・・有線すげーな。
バスタオルを巻いた美樹が照れながらこっちにくる。
しまった、視線が操作パネルに表情が明るくなる。
興味深々だ。

765 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/19(火) 22:27:40.38 ID:KTVroODM0
美樹「アタシにもさわらせて。」
オレ「・・・。」←そっちこそアンタに触らせろ、と無言アピール。

いまだにサービスタイムとか3時間とか延長とか、システムが良く分からんが、枕元に置いたGショックを見ると、あと1時間で3時間だ。
もうダメだ。
こうなると女王が満足するのを待つことにする。
続いて興味を示したのは大型液晶テレビのリモコンだ。
テレビ側のベッドの端にまたもや女の子座り、かぶりつきだ。
まぁ、エロ全開で

「はやく~、修のお○○ちんをアタシのお○○コに頂戴~。」

とか言われるよりは美樹にはあってる、と自らに言い聞かす。
カラオケもあるのだが、じつは美樹は激音痴なので興味がないらしい。
しかし、ここで追い風が吹く。

766 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/19(火) 22:28:06.55 ID:KTVroODM0
チャンネルを変えるうちにエロビデオにヒット!だ。
有難うエロ配信。

美樹「きゃーっ。w」←でも、興味あるようだ。で、再びチャンネルを変える。
美樹「すごーぃ。w」

オレは気づく。女子○生の兄妹モノだ。

「んふっ、んふっ、んふっ・・・。」

制服女子が咥えてる。

「おにぃちゃん、やめてぇぇぇっ・・・。」

キタ!
でも凌辱モノは趣味じゃない。

美樹「うわぁ・・・。どっちもムリかも。すごっ・・・。」
オレ「いや、普通でしょ。たぶん。」←フェラのこと。
美樹「いや、絶対ありえないでしょ。好きなの?」←兄弟モノ。
オレ「すまん、いつかお願いします。」←フェラのこと。
美樹「あ、そっちか。努力してみる。」←あっさり納得。
オレ「た、たのむよ。お、おねえちゃん。w」
美樹「!! い、いやぁーっ・・・。怒怒怒。テレビ消す。」

767 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/19(火) 22:28:37.15 ID:KTVroODM0
そして、オレら従姉弟なんだな、って実感したら地味に勃った。

美樹「えっと、お願いします」←当時はこんな感じで毎度不自然。まだ、5、6回め。

女の子座りする美樹のバスタオルをとってみる。
と、同時にオレもオレもタオルとる。
すると美樹が、オレのご子息を凝視。

オレ「あ、あの、恥ずかしいんですが・・・。」←やっぱりチキン。
美樹「近くでみてもイイ?」←チャンス到来か?

10センチくらいの距離まで、美樹のアタマがくる。

美樹「ホントに、ごめんね。やっぱ今度でいい?ゆ、勇気が・・・。」
オレ「今度でいいです。」←凝視されて、じつは怖くなった。

ホンの、ホンの、ホンの一瞬だけご子息にキスしてくれた。
なぜか、すごく恐縮した気分になる、オレ。
咥えろよ!とか、美味いか?とか、そんなバイオレンス、何食ったら言えるんだ。

768 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/19(火) 22:29:05.46 ID:KTVroODM0
激しく赤面する美樹が、ちょっとだけ愛おしくなってみたりした。
で、ギュッと抱きしめてみる。
ついでに頭も撫でてみた。髪の毛、柔らかい。

「お、おねえちゃん・・・。」

とか言ってみようかと思ったが、やめとく。
抱きしめたまま、背中に手を這わせてみる。
滑るくらいスベスベで、柔らかい。
そのまま、美樹をそっと押し倒し、足を開いて、すこしだけ膝をたてる。
本当に恥ずかしいのか目は閉じたままだ。
この時点で大事なとことがすこしだけ潤んでいるのが分かる。
今度はオレが初ク○ニを試みる番だ。

ただ、ここで石川30から授かった情報が脳内をよぎる。>>742
ちなみに石川30は垢からできた垢太郎ならぬエロ太郎だ。>>699-700

脳内石川「女のあそこ、臭いヤツは触ると翌日まで匂いが取れない。気絶するほどのヤツもいるから、死なないように気をつけろ!」

当時は長井ブームが去ったあとだ。

769 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/19(火) 22:30:50.19 ID:KTVroODM0
過去数回の経験上、そんな事はないのは分かっていたが念のため。
そっと、大事なところに触れて、割れ目を指で開いてみる。
ピンクのヒダが艶々と濡れて、光っていた。
凝視→接近。
そして、こっそり深呼吸だ。

お、大丈夫。
無臭だ。
ありがとう神様。
ありがとう石川30。
そして、新たな発見。
このちょっと隠れた膨らみはクリ様か?
オレ、正直もっと別パーツっぽのかと思ってた。

美樹「修ちゃん、ごめん、ホントに見ないで・・・。」←気づいたらしい。

とりあえず、指で周辺に触れてみると、サラッとした液体がにじむ。

美樹「ね、ホントにお願い・・・。」

とはいえ、オレもちょっと怖くなって、次回決行にする。
でも、一応クリ様にご挨拶代わりに、ちょっとだけキスしてみた。
ビクっと美樹の身体が震えて、両膝を一気にとじた。
片膝がオレのアタマをクリーンヒットだ。

770 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/19(火) 22:31:13.52 ID:KTVroODM0
なんだっけ、アルビノ?とかじゃなと思うんだけど、美樹は色白、各パーツもピンクっていうか濃い肌色っていうか。
でも、髪は黒髪ネコッ毛だし、腕とか下の毛も薄いほうだと思う。

上に移動。胸をせめる。
胸のあたりもしっとり汗ばんでます。
人差し指で小さな乳首に触れてみる。
先端がごく少しだけ凹んでます。
ぴくっ、と体全体が震えて、一気に乳首がかたくなる。

美樹「はぁぁぁ。んっ、んっ・・・。」←声、こらえ中。
オレ「そろそろ、いい?」←当時は意味なく聞いてた、気がする。
美樹「うん。」

さて、大変な儀式です。
コンドウ様をご装着。
共同作業。

771 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/19(火) 22:31:41.64 ID:KTVroODM0
さて、挿入です。
太いな、と思ってた足ですが、よく見ると結構シュッとしてるのね。
膝がしら、結構がっちりしてると思ってたけど、キレイだな。
女の子のおヘソって、深いな。
入ってみたい。
お尻は相変わらず、大きいほうだな。

さて、美樹の大事なところに再び手を添えると、兄妹凌辱モノの効果もあってか?、しっとり濡れているのが分かります。
はじめてアタマの部分がスルっ入ります。が、瞬間にしてギュっと締まる。

美樹「はっ・・・はっ・・・はっ・・・。」

相変わらず、小さな呼吸のみ。
ぎゅっと目を閉じている美樹が、両手を背中にまわしてきます。

美樹「いいよ・・・。きて・・・。」

772 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/19(火) 22:32:05.97 ID:KTVroODM0
はじめて、ちゃんとピストン開始。
それまでの数回はまだ痛かったそうな。

美樹「修ちゃん・・・。はっ・・・はっ・・・はっ・・。」

すこしだけ美樹のカラダが弓なりになって、背中が浮いてます。
ちょっとだけ、おっぱいを攻撃。
汗ばんだ乳首がキュッと硬くなる。
キスすると、初めて、ってくらい舌を絡ませてきます。
ホント、初めて。
じっと見ると、目をかたく閉じた美樹の唇が小さく開いて、呼吸してる。

がんばるオレ。
初めて濡れてるのをご子息も体感。
スムーズに動く。

美樹「ぁっ・・・ぁっ・・・ぁっ・・・。」

と肩が小刻みに震えます。
がっ、もう無理。

オレ「ごめん、もうダメかも・・・。」
美樹「ん・・・。いいよ・・・。修ちゃん・・・。」

773 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/19(火) 22:33:16.24 ID:KTVroODM0
はい終了。
1分?2分?
そんなモンですよ。
やっぱり。
どうなんでしょう。
あのパンパンパンッとか、ぜんっぜんムリ・・・。
当然、美樹もイクとかそんなのはないんでしょうね。
でも、終わっても、まだ目を閉じて、肩呼吸。
そっと、小さくなったご子息を抜いて、コンドウ様の処理を。
あ、発見。
小さいけど、ホントに小さいけど、シーツが染みてます。
起き上がって再び女の子座りの女王。
すげー、照れてる。
で、おなじく発見。

美樹「きゃーっ、見ないでっ。見ちゃだめっ。見たらもうしないっ。」

ホント、これが初めてのちゃんとしたエッチだったかも。
2分弱だけど。
ま、石川30には言えないな。
バカにされそうで。

775 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/19(火) 23:17:11.94 ID:KTVroODM0
で、腕時計見ると、あと20分だ。ま、延長でもいいか。
こんな時、従姉妹は便利だ。
財布的に。

オレ「ね、ちょっと延長する?で、少し貸して。」←これは従姉妹ならでは。
美樹「え、カードならあるけど。あとは1万円。」←ま、学生カードだけどね。
オレ「えっ、カ、カード?さすがにソレは・・・。」

オレの財布見ると、見事に小銭だ。
天ぷらと山に登る有料と、ま、数えてもお金が戻るワケじゃない。
再び、ホテルの受付に行って1万出すのも気まずい。←まじチキン。

776 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/19(火) 23:17:34.15 ID:KTVroODM0
オレ「ダッシュだ!急ごう!あわわわ。」
美樹「えっ、やっぱり。きゃー、きゃー、シャワーだけ浴びてくるっ。」
オレ「えっ、お、おれも。」
美樹「許す。」

湯船、まだお湯はいったままだったので、オレはダイブ。
なぜ、毎回こうなるのか。
緊張感がない分、スマートさもない。
ダッシュで服を着て。

777 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/19(火) 23:17:57.58 ID:KTVroODM0
美樹「ねー、修ちゃん、このローションって・・・♪」

いや、たぶんそれはアンタが考えてるモンとは違う。
少しは勉強してくれ。
えっと、カバンはある。Gショック持った。財布とクルマのカギと。

美樹「ねー、修ちゃん、お布団直すー?」

ああああ、もういい。
直したほうがイイけど、今日はイイ。
そのままだ。
ダッシュで部屋離脱。
受付に早歩き。

受付「お帰りの際は内線でご連絡くださいね~。」

あ、そうなの?
いまだによく分からん。

778 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/19(火) 23:18:30.24 ID:KTVroODM0
出口を出て、ワーゲン様に乗る。
おお、待ってるクルマがいるよ。

美樹「びっくりしたねー。もっと余裕もって行動しないとね。」←姉っぷり。
オレ「ああ。」←そのまま、アンタに返したいよ。

なんとなく、とんでもない天然をつかんだ気がする。
たぶん、偽倉科だったら、めくるめくエロ世界なんだろうな。
ただ、この頃になると早漏の自覚もあったので、美樹でよかったとも思う。
妄想偽倉科だと

「うふっ、早いのね。」

とか平気で言いそうだ。
時計見ると9時くらい。
エロエロ街道に復帰して、実家を目指す。

美樹「楽しかったね、初ドライブ。また、行こうね。」
オレ「え、左折、左折?www」←ホテルのことだ。小さく意地悪だ。
美樹「あはは、いーよー。たまにだったら。」
オレ「・・・。」←逆に赤面だ。

779 名前: 572 [sage] 投稿日: 2011/04/19(火) 23:19:40.07 ID:KTVroODM0
電話着信、マイ母だ「あんたたち、どこまで行ったの?」
オレ「○山と○○湾。もうすぐ帰還。」
マイ母「お祖父さんとこに、来てるからゴハンないわよ。」
オレ「忘れてた。2人でそっち行く。」

なんか、祖父さん家につくとオレが無理言って○山に行ったことになってた。
ま、深く行動を追求されるよりはソレでいい。
ソレが無難だ。泣

と、いうことで、ひとまず終了。
かもしれない。

従姉妹との初体験、そして・・・ その5に続く

コメント:0

コメント入力フォーム

Home > 従妹・従姉 > 従姉妹との初体験、そして・・・ その4

ブログ内検索
携帯用QRコード

当ブログの携帯用QRコードです。
携帯用QRコード
http://www.moero.biz/i/

新着萌え体験フィード
PR

FTC株式会社

中村元太郎

リーブ21

Return to page top