Home > 姉妹 > せつない兄 その2

せつない兄 その2

  • Posted by: moe
  • 2012年1月13日 10:40
  • 姉妹

せつない兄 その1続き

131 名前: 「死」回避成功 投稿日: 01/11/26 00:46
ただいまー。

色々あって、ここで報告出来なくなった(藁
あと、あと一回か二回くらいならカキコしてもいいって言われた。

多分今回の経緯をカキコすると、倒れるまで叩かれそうだから、別の場所でひっそりやろうかなぁ、と。

135 切なくない兄sage 01/11/26 01:17
これで最終報告。
乱筆乱文おまけに長文申し訳無い。
なんで最終報告が出来たかは、以下の通り。

24日夕方に実家に戻る。夕食の席で親に

「なんで最近頻繁に帰ってくる?仕事で何か嫌な事でもあったのか?」

等と追求を受けながらもなんとか躱して、深夜、オレの部屋。
夜の会話、ダイジェスト。

「ねぇ、確認するんだけど、2チャンネルのゲサロ板で、『切ない兄』ってコテハンでカキコしてるの、お兄ちゃんだよね?」
「あぁ、そうだ。」
「言いたい事は色々あるけど...取り合えず、私とお兄ちゃんの事を晒したのは、今は何も言わないであげる。それで、私の事を『一人の女性として愛してる』って書いてたけど、本当?」
「あぁ、そうだ。ごめんな、気持ち悪いだろ?無理してこんなヤツと話しなくていいぞ。」
「うぅん、凄く嬉しい。私も、お兄ちゃんの事、一人の男性として好き。」
「え・・・?」
「前の方に、『妹も兄が好きで、それを忘れる為に恋人を作った』みたいに煽ってた人がいるけど、その通りなの。」
「・・・。」
「最初はね、誰か恋人を作れば、お兄ちゃんの事忘れるかと思ったけど、逆だった。その人には悪いけど、一緒にいる間はずっと、何かする度にお兄ちゃんとその人比べちゃってた。それでね、今まで頑張って押さえてたお兄ちゃんの事が好きだって気持ち、どんどん大きくなっちゃって。最近は、いっつもお兄ちゃんの事ばっかり考えてるの。おかしいよね、兄妹なのに。」

オレだってそうだ。彼女がいた時期もあるけど、それはお前を忘れる為だった。
でも、駄目だった。
どんなに努力しても駄目だった。
お前が婚約したって報告に来た日なんか、パニック起こしそうだったよ。
そんな時、あのスレッドを見つけたんだ。
今までの事を思い出に出来ないかと、単なるモエバナとして考えられないかと思ってカキコしたんだ。

「ねぇ、お兄ちゃん。私の事、好き?」
「あぁ。お前が好きだ。お前を愛してる。」
「ねぇ、お兄ちゃん。世間体とか常識なんかと、私。どっちが大事?」

ここからは記憶がちょっと曖昧に。
覚えてるのは、夢じゃないのか?という不安な気持ちと、死ぬほどの歓喜と、ほんの少しの後ろめたさ。

「勿論、お前の方が大事だ。」
「前に約束したよね、さらってくれるって。今、さらってよ。」
「お前、全部捨てられるのか?友達とか、親とか。それに今、婚約した恋人までいるんだろ?おまけに両親は絶対に許してくれないし、もしも打ち明けようもんなら間違い無く心臓発作で死ぬぞ?」
「全部いらない。お兄ちゃんがいれば、それでいい。誰にも言えないなら、お墓まで秘密を持っていくよ。まだ結婚したわけじゃないし、酷い言い方だけど、あの人よりもお兄ちゃんがいい。 お兄ちゃんがいれば・・・。」
「オレも、お前がいればいい。ごめんな、愛してる。」

二人とも、声を押し殺して泣いてます。
オレは妹を抱き締める。
押し倒すとか押し倒さないとかじゃなくて、純粋に心が通じたのが嬉しくて、妹を抱き締めながら眠りました。

翌日、布団の中で。

「あのね、私、お兄ちゃんに謝らなくちゃいけない事があるんだ。」
「どうした?(頭を撫でながら)」
「私ね、かなり前から2ちゃんねらなの。あのスレも、たぶんお兄ちゃんより先に見つけてた。」
「え・・・?」
「いやー、実はね、アレ見ながら羨ましいなぁとか思ってたりしてたの。そしたら、お兄ちゃんらしき人のカキコがあるでしょ?びっくりしたよ。で、本当にお兄ちゃんかどうか確かめるために、わざとああいうメール出したの。それなのに、『一生兄として接していこうと思います』とかばっかり。お兄ちゃんが帰ってくる度に、いつ押し倒してもらえるかワクワクしてたのに。」
「マジデスカ?」
「カマかけてみたら見事にハマるし。騙されやすいのかもね、そんなんで東京で生活してて大丈夫?」
「・・・。」
「えへへ、怒った?」
「いや、怒っちゃいないけど。なんとなくこう・・・力が抜ける。なんでだ?」
「いいじゃん、こうなれたのはあのスレのおかげでしょ?」
「まぁいいや。お前、あのスレまだ見てる?」
「土曜日からは見てないよ。お兄ちゃんの慌てるのが想像出来て、面白かった。」
「...晒したのはオレが悪いんだけど...今のはちょっとカチンときたぞ。」
「え、あ、ごめんなさい。」
「駄目、許さない。」
「罰として、最終報告として、昨日の話は書きます。」
「やだよ、恥ずかしい!」
「駄目!」
「やだやだやだ!」
「駄目です。絶対書きます。」
「応援してくれたりアオってくれたり転がってくれた人が待ってるかもしれないだろ?こうなれたのはあのスレのおかげって、お前も今言っただろ?まぁ、多分そんな奇特な人はいないだろうけど、恩返しと自慢で書く。周りの人には一生打ち明けられないかもしれないんだから、せめてあそこで自慢させてくれ。オレの妹兼恋人は最高だー!って。」
「ばかぁ・・・。」

以上。
最後まで付き合ってくれた方、生暖かい目で見守ってくれた方に、ありったけの感謝を。
問題は山積みだけど、今までで一番の問題が解決したんだから、きっとこれからもどうにかなると思う。
いや、どうにかしてみせる。
世間の風は冷たいし、先行きも明るいものじゃないけど。
これからは最愛の妹と生きるんだから、絶対に乗り越えてみせる。
結果的には、妹に手を出すというカタチになってしまったけれども。
こういう兄と妹が気に入らない方は、ネタだと思って読み飛ばしてください。
この文章を書いてる横で(繋ぐ前に、メモ帳にまとめた)ぎゃあぎゃあと騒いでる妹を、一生守って行こうと思っています。(あ、赤くなった。)
それでは皆さん、ひょっとしたらまたモエバナをカキコするかもしれないけれど、ここで一度。
さよなら!!

335 とある兄 ◆zZq5TDnQ sage 01/12/27 01:05 ID:2YVW6VsN
妹に許可を取ればここに書き込んでもいい、という事になりました。
尻に敷かれているみたいです。
それはそうと、ナエバナを一つ。
クリスマスイブ帰省して、妹を食事に誘おうと電話。
ストレートに言っても良かったんですが、取り合えず食べたい物だけ聞いて、当日にいきなり連れてってあげようとか企んだり。

お前さ、そういえば何が好物だったっけ?

「私の好物、忘れたの?」
「覚えてるよ。サバミソとセロリだろ。そうじゃなくて、外食しない限り食べられないような物で、だよ。」
「ん~。」
「別に今すぐ言わなくてもいいぞ。声が聞きたかっただけだし。」
「うん、後でメールする。」

次の日、携帯に飛び込んで来たメールはには・・・

「アンキモ」

の4文字だけが。
まぁいいけどね。
フグ屋押さえるだけだし。
だけど、なんかこう、もうちょっと・・・いや、なんでもない。

337 とある兄 ◆zZq5TDnQ sage 01/12/27 01:30 ID:2YVW6VsN
>>チトワラタ。お兄さんの懐具合を考えて・・・とか?

そうかもしれません。
優しいのは嬉しいんだけど、クリスマスくらい見栄張らせろよって思っちゃったり。

339 とある兄 ◆zZq5TDnQ sage 01/12/27 02:17 ID:2YVW6VsN
>>当日の首尾はどうだったのでせう?

てっさもてっちりも美味しかったです。
これ以上のカキコ許可が下りませんでした(藁

426 とある兄 ◆zZq5TDnQ sage 02/01/04 02:00 ID:JGBo5LTC
>>そそそんな、じゃ、じゃあ正月は振袖とか着て貰ってよいではないかゴッコとかしませんでしたか?
>>なんならクリスマスの話でも良いです。
>>モエバナをくれ~

妹に止められてるので、書けませぬ...

507 とある兄 ◆zZq5TDnQ sage 02/01/09 00:15 ID:z82zjBzK
すっごく短いけれど、妹から正月の話の許可がおりました。
読みたい人、います?

えーと。

「正月は、二人でずーっとここに書き込めないような事してました。」

これだけしか言えない...

528 とある兄 ◆zZq5TDnQ sage 02/01/09 00:50 ID:z82zjBzK
>>そうだそうだ!!はっきり言え!!言えよぅ。・゚・(ノД`)・゚・。

セ・・・セクース。

535 とある兄 ◆zZq5TDnQ sage 02/01/09 00:58 ID:z82zjBzK
>>何時の間に、そこまで進展していたのか、小一時間ほど問い詰めたいんですが、いいですか?w
>>何はともあれ、姫初め、おめでとん。

毒を食らわば皿まで。
ゲロ板のカキコ後、妹がこっちに遊びに来た日にです。
さすがにこれ以上はヤヴァいか!?

477 とある兄 ◆zZq5TDnQ sage 02/03/16 01:06 ID:7YbQaimx
つつがなくVDとWDを終え、次にやってきたイベントは『妹引越し』でした。
オレの家から通える場所に仕事を見つけ、オレの部屋に引っ越してきたのです。

「この仕事、一生続けるのか?」
「んー、あんまり先の事は考えてないけど、今の所、すぐに辞める気はないよ。辞めた後の事は考えてあるけど。」
「ふーん。んじゃ、辞めた後はどうするの?」
「お兄ちゃんに養ってもらう。」

仕事、頑張らんきゃのぅ。

576 とある兄 ◆zZq5TDnQ sage 02/03/27 01:05 ID:DO4BC/xX
ジャブ。

先日、深夜、自宅にて。
オレの家のPCは寝室にある。
そこで会社で使う書類を作成していた時の話。
妹はすでに寝ていて、オレがカタカタやっていると、唐突に

「おにいちゃん。」

という声が。
何事かと思って振り返ると、寝言らしく、妹は布団を抱きかかえて寝ている。
夢の中でオレに抱き着いているのかと思うと、かなり萌え。
抱えられている布団に嫉妬してしまった自分に萎え。

ストレート。

妹の引越しが終わり、休憩中。
妹が、オレが使っているベッドを見て、不満そうに。

「ねぇ、ベッド換えようよ?」

オレが使っているベッドは、セミダブル。
オレも妹も小柄な為、二人で寝てもそんなに窮屈じゃない。

「ダブルにするの?部屋が狭くなるけど...」

首を振る妹。

「シングルがいいの。そっちの方がくっつけるから。」

結局、今に至ってもシングルベッドは買ってないです。
ベッドで寝たり、来客用の布団を敷いたりと、その日の気分によって使い分けてます。

んで、タオル。

タオル1
過去ログを見てみると、オレの知り合いらしき人物の書き込みが。
バレてるよ、オイ(汗

タオル2
行き着けのゲーセンで、ガンダムDXをプレイしようと、順番待ち。
ちらりと画面を見ると、パイロットネームが「トアルアニ」に。
後ろに本物がいるとは知らないんだろうなぁ。

21 とある兄 ◆zZq5TDnQ sage 02/04/18 01:21 ID:hY1s7kP7
ご無沙汰してます。
妹にかまったり、スパロボインパクトやったりしてました。
では、二つほど。

そにょいち~
第二次からずっとスパロボをやっているオレは、重度のスパロボ厨。
さすがにインパクトの初回限定版を買うほどではありませんが、会社から帰ってくると、おサルさんのようにやってました。
その事が、妹には不満らしく、

「お兄ちゃん、構ってよ~。」

とじゃれついてきます。
これはまぁ、いつもの事なんですが。

「そのゲーム、終わるまでどれくらいかかるの?」
「んー、100時間くらい?」

この台詞の直後、妹は凄い勢いでぶーたれます。
(当たり前か。)
その日は、何事も無く過ぎていったんですが、次の日。
仕事から帰って、風呂とメシを済ませて、スパロボ開始。
妹はメシを食ってから10分くらいごそごそと何か紙袋を漁り、それを持って風呂へ。
趣味のバスエッセンスだろうと思って放置していました。
シャワーの水音が止んで、妹がバスタオル一丁で出てきます。
いや、違う...バスタオルだけじゃない。
あれは・・・あれはッッ!
ネコミミです。
布で作ってあって、カチューシャみたいに頭に固定するやつ。

「おにいちゃ~ん?えへへ、似合う?」

ちなみに、オレはネコミミに弱いんです。
(三時間ほど経過)

「でさぁ、なんでネコミミなの?」
「んー、お兄ちゃんのHな本見てたら、そういう女の子がたくさん出てたから。ねぇねぇ、これで構ってくれる?」

えびふら○とか、アレ系の単行本は隠してあったのに...

「ハン○のパーティーグッズ売り場で見つけたんだよ。」
「そっか...」

妹を放置して、さらに凄いものを身に着けさせるのは気が引けるので、これからはもっと構ってやろうと誓いました。

そにょに~
今日の出来事。
妹と一緒に、テレビ観賞。筋肉番付のパワー王決定戦みたいなヤツを見てました。

「うわー、凄い、200kgもある柱を!」
「男塾の団旗かよ!?」

と、参加者が見せる圧倒的なパワーに唖然とするオレと妹。
すると、突然妹がオレの二の腕をつまみます。
掴むんじゃなくて、指先でたるんだ肉をつまむ。

「お兄ちゃんてさぁ、服着てるとわかんないけど、結構太ってるよね?」
「うん。」
「やっぱりさぁ、筋肉ついてた方がさ、見栄えがいいよね?」
「うん。」
「そういえばさぁ、家の近くに、ボクシングジムとゴールドジムがあるよね。」

凄まじくいやな予感。
運動があまり好きでないオレは、ちょっと引き気味です。

「お兄ちゃん、筋肉つけてみない?」
「えー。」
「似合うと思うんだけどなー。引き締まった体のお兄ちゃんって。」
「うー。」
「ムキムキマッチョとかじゃないよ?しなやかな感じにさ。...出来たら、何でも一つ言う事聞いてあげる。」

というわけで、今日からランニング開始。
近いうちに電気刺激で筋肉鍛えるヤツ(アブフラックス?)買います。

いかん、萌えポイントはどこだ?

145 とある兄 ◆zZq5TDnQ sage 02/04/20 01:03 ID:uPpqqbr9
今日も今日とてランニング。
明日に向かって走れ!

今日は単発。
会社の帰りに、スポーツショップで鉄アレイ購入。
アホほど重いそれを持って家に帰ると、出迎えた妹が。

「あれ、お兄ちゃん、本気にしてたの!?」

弄ばれるってのは、こういう事なのだろうか?

「うん。スリムになったら言う事聞いてくれるんだろ?頑張るよ!」

すると、妹が照れながら

「あんまりヘンなのは駄目だからね!」

その後、小声で

「そんな事しなくても、何でも聞いてあげるのに。」

思わず三時間ほど経過。
そんだけ。

292 とある兄 ◆zZq5TDnQ sage 02/04/25 23:58 ID:xsbPj641
とある兄尻に敷かれている疑惑がでているような気がするので、(久しぶりに)自分が主導権を握った話でも。

日曜日の出来事。
日曜は、リューキを見るために目覚ましをかけて起きてるんだけど、その日、オレは目覚ましが鳴る前に目が覚めた。
キッチンから聞こえてくる、トントンという規則正しい包丁の音と、味噌汁の匂いと、妹の歌声のせいだ。
ぽけーっと天井を見ながらごろごろしていると、だんだんと頭が冴えてくる。
あぁ、幸せってこういうもんなんだなぁ、と感慨に耽っていると、それまで鼻歌を歌っていた妹が、普通の歌にシフトした。

「好き好き好き好き好きっ好き~愛してる~。」

何故今時一休さん?と訝しがりながらも、妹の歌声に聞き入る。

「好き好き好き好き好きっ好き~おにいちゃん~。」

完全に眠気が飛びました。
その後、何も聞いていなかったかのように起き出して、妹が歌っていた歌について問い詰めてみる。

「でさぁ、なんで一休さんなの?」

妹は、顔を真っ赤にしてそっぽを向く。
照れて黙ってしまっている妹を、こっちこいとベッドの上に乗っけて、いちゃいちゃしながら尋問。

「だってぇ。」

よほど恥ずかしかったのか、目じりに涙を溜めて言いよどむ妹。
小一時間くらい問い詰めて、ちゃんとしっかりオレの目を見て『愛してる』と言ってもらいました。
以上。

299 とある兄 ◆zZq5TDnQ sage 02/04/26 00:34 ID:Z9hPuC+r
>>295さん

頑張れ、明けない夜は無い...と思う。
社会的に明けない夜まっしぐらのオレに言われるのもアレだとは思うけど(藁

同じく日曜日、さんざん問い詰めた後の出来事。
妹の提案により、デートへ。
二人で一緒に家を出るのではなく、どこかで待ち合わせしたい、との事。

「なんでそんな面倒な事するの?」
「だって、そっちの方が恋人っぽいでしょ!」

激しく主張する妹に押し切られ、オレは待ち合わせ時間の一時間前に家を出る事に。
途中、ゲーセンでヒマを潰したり、いつか妹と一緒に行こうと思ってたレストランに予約入れたり。

駅の構内にある、『名前がダジャレな像』の前で待っていると、妹がやってくる。

「えへへ、待った!」
「いや、全然。」

妹はオレの腕に抱きついてくる。
その後、適当に街をプラプラと。
ゲーセン行ったり、映画見たり、服見たり。

「お兄ちゃん、あのぬいぐるみ欲しい!」
「任せとけ!」
「おー、取れた、凄い、偉い、お兄ちゃん最高~。」
「CGは凄いけど、長過ぎるよ、この映画。」
「原作はもっと長いぞ・・・悪いな、オレの趣味に付き合わせて。」
「いいよ、別に。映画よりも、隣にいるお兄ちゃんの方が気になったのは失敗だったけど。」
「お兄ちゃん、スーツ以外にも服買いなよ。」
「ファッション疎いんです。」
「じゃあ、私が選んであげる・・・これなんてどう?」

そして、帰り道にペットショップへ。
そこで妹が目をつけたのは、白くてふわふわした毛並みの猫。
確か、チンチラシルバーとかいう種類だったと思う。

「可愛い!欲しい!」

と叫ぶ妹。
しかし、値段を見て凍りつく。
ちなみに、我が家の三ヶ月分の家賃と同じ金額。
蕩けそうな表情でその猫を見つめている妹と、その猫を見ている妹に見とれるオレ。

その後、妹は何かを思いついたらしく、すぐに帰宅。

「ほ~らほら、お兄ちゃん、ネコミミだぞ~?」

三時間経過。
そして、ベッドで頭を抱える妹。

「違う...私は猫を可愛がりたいのであって、猫になって可愛がられたいワケじゃない~。」

と唸る。
そんなすこし間抜けな妹が、オレは大好きだ。
(最近、兄と妹のモエバナじゃなくて、ただのバカップルのノロケになっているような気がするんですが、オレはここにいて良いのだろうか?)

307 とある兄 ◆zZq5TDnQ sage 02/04/26 01:06 ID:Z9hPuC+r
>>とある兄さん。現在のラブラブ状態もいいのだが、妹さんを好きになり始めたきっかけとか、意識し始めた頃のことなど教えてくれません?
>>差し支えなければでいいんですけど。

いつ頃・・・うぅん。
消防工学年の頃、クラスメイトが「オレは誰それが好きだ」って会話をしていて、それに混ざっていけなかったのは覚えてる。
はっきりと妹を異性として意識し出したのは・・・オレが工房位置年くらいかな?

489 とある兄 ◆zZq5TDnQ sage 02/04/30 23:53 ID:p1P0eIz0
呼ばれたような気が。
それはそうと、昔と今、オレのキャラが違うとか言われた人がいますね。
確かに自分でもそう思います。
なんでなんだろう?と自己分析してみたところ、

「最高に浮かれてるから。」

と答えが出ました。
では、近況・・・というか、少し前の話でも。

妹が『お兄ちゃんの趣味を理解するために!』という名目のもとに、オレのエロゲをプレイしているみたいです。
鬱。
先日、会社から帰ってくると、妹が裸エプロンでお出迎え。

「食事が先?お風呂が先?」
「お前が先だー!」

どうやら、「いきなりはっぴぃべる」をプレイなさったみたいで。
躁。

495 とある兄 ◆zZq5TDnQ sage 02/05/01 00:10 ID:0zr3VuUX
はっぴぃべるで思い出した。
昔、日記スレに書いた事があるネタを。

妹が寝静まった後に、久しぶりにエロゲをプレイ。
いきなりはっぴぃべるのちこりたん(妹キャラ)を攻略しようと頑張る。
途中、トイレに行って戻ってくると、妹がパソコンの前に座っていた。
オレを捕まえて話さない笑顔で、妹は言った。

「エロゲするなとは言わないけど、これからは妹キャラは禁止ね。私がいるからいいでしょ?この世で、お兄ちゃんの事を『お兄ちゃん』って呼んでいいのは、私だけなんだから。」

512 とある兄 ◆zZq5TDnQ sage 02/05/01 01:25 ID:0zr3VuUX
ランク・・・あるんですか?
どんな風に分類されるのか、解説キボーン。

Aか・・・オレも偉くなったなぁ。
別HNでゲサロの方に書き込んでいた頃がまるで夢のよう。
初心に戻って、GWは妹と遊び呆けるか...

どんなに全身を堅く鎧おうと、妹の攻撃力からは逃れられない。
カテキョ氏も気付いているだろう?
と、不敵に言ってみるテスト。

620 とある兄 ◆zZq5TDnQ sage 02/05/03 04:09 ID:7mbO6oZR
共有財産の没収・・・か。
オレノイモウトハザイサンジャナクテツマダカラナァ。
ノロケ禁止なら書き込めない!(汁

妹の手作りご飯食べて、イチャイチャから三時間経過して、トイレに起きたら目が冴えて眠れないくなったダケデスヨー。

624 とある兄 ◆zZq5TDnQ sage 02/05/03 04:23 ID:7mbO6oZR
>おいしかったですか?

恋焦がれた女の子に、愛情と真心がこもった料理を作ってもらい、それを食べる。
美味しくないはずありません。
今日のメニューはからあげときんぴら。
サイコー。

>イチャイチャから三時間経過して

ご想像にお任せー。
詳しくは、オレの普段の行動を参照。
キョウモネコミミデスヨ?

>トイレに起きたら目が冴えて眠れなくなった

オレがトイレに行っているうちに妹が寝返りをうったらしく、オレが潜り込むスペースが無かったんです。
しょうがないので妹の寝顔を観賞していたら、目が覚めたんです。

GWは・・・将来を見据えて、貯金を始めたので、旅行とかは無しです。
そのかわり、手近な所で遊んでます。
一緒にビデオ見たりとか。
一緒に料理してみたりとか。
一緒にガーデニング(ベランダのプランターでハーブ類)したりとか。
残念ながら、寝言は無し。

誰かと遭遇・・・マヅー。
寝言は、まれに聞きます。
大体は意味がよく分からない言葉ですが、いつだかか「お兄ちゃん」って言ってたなぁ。
お約束はお約束。
そこんとこよろしく(藁

810 とある兄 ◆zZq5TDnQ sage 02/05/06 23:18 ID:jViE5yrf
妹がオレの趣味に寛大なワケ。

これは、親父の教育のおかげ、だと思う。
親父は釣りマニアでカメラオタク。
よく家族を連れて釣りに出かけたり、家族の写真を撮ってくれたりした。
そして、酒を飲む度に、オレ達に『趣味に貴賎は無い』という趣旨の話をした。
この教育(洗脳?)のおかげで、妹はオレがいくらエロゲをやろうと同人を買おうと、

『ほどほどにね。』

と言うだけだ。
親父、ありがとう。

さて、また日常の話でも。
GW。
エプロン姿で妹が優しく起こしてくれる。

「朝だよ、ご飯だよ。」

最愛の妹の声に、困らせてやろうと

「キスしてくれたら起きる。」
「起き抜けは、口臭いからイヤ。馬鹿な事言ってないで、顔洗って歯磨いてきて。」

冷たくあしらわれるオレ。萎
涙を堪えて、顔を洗い、歯を磨く。
完全に目を覚ましてリビングへ向かうと、妹がこっちへ来て、と手招きをする。
素直に近寄ってみると、いきなりキスされた。

「口臭いんじゃなくてね、ベッドの上でキスすると、そのままお昼頃までアレしちゃいそうだったから。だから、そんな悲しそうな顔しないで。愛してるよ、お兄ちゃん。」

余りの可愛さに三時間経過しそうになるものの、なんとか我慢するオレ。

朝食のメニューは、ベーコンエッグにトースト。
オレも妹も米党なのに何故?と思っていると、妹が

「お米切らしちゃったから、今日買いに行こうと思ってるんだけどさ、お兄ちゃん、荷物持ちしてよ。」

朝食後、妹と抱っこしながらTVを見たりして、昼頃までイチャイチャ。
そして、近所のスーパーへ。
そこそこ大きめのスーパーで、主婦で賑わっている。
カートに買い物籠を乗せ、ガラガラと押す。
すると、妹が腕に抱きついて、耳元で囁いた。

「ねぇ、私達、どういうふうに見えるのかなぁ?」
「新婚夫婦だろ、こんなにイチャイチャしながら買い物してるんだから。」
「えへへへへ。」

真っ赤になって、オレの腕にしがみつく妹。その表情は、とても嬉しそうだ。

「じゃあさ、じゃあさ、『あなた』って呼んでもいい?」
「いいぞ。」
「えへへへ・・・ア・ナ・タ。」
「も、もっかい。」
「ア・ナ・タ。」

結局、買い物もそこそこ家に戻り、凄い勢いで三時間経過。
神様、こんな可愛い妹をありがとう。

デモ、ヤッパリオニイチャンッテヨバレタイヨ。

817 とある兄 ◆zZq5TDnQ sage 02/05/06 23:41 ID:jViE5yrf
>>まるるさん

人を取り巻く状況というものは、永遠不変のものではありません。変化は必ず訪れます。
その変化は、好ましいものなのかどうかは判りませんが、後悔をしないように、お互い頑張りましょう。
オレは、2chの名無しさん達に背中を押され、自分にも変化が訪れ、今があります。

833 とある兄 ◆zZq5TDnQ sage 02/05/07 01:16 ID:0BeALXiV
>>やっぱりうちでラブラブしてんじゃん。く、くやしくないぞ。
>>今日は付け物なし?
>>前科の話も聞きたかったり。

前科...妹に手を出したのが前科かと。後悔も反省もしてないけど。
で、漬け物...今の所、ネコミミ以外は何も。
ただ、やった記憶がないのに、ナチュラル1がCDドライブの中に入ってました。
マサカマサカツギハ・・・

>>831さん
オレのデビューは、ゲサロの妹スレ1の270。
その後、知っている人は知っている展開になって、こっちに避難してきました。

839 とある兄 ◆zZq5TDnQ sage 02/05/07 01:34 ID:0BeALXiV
>>前科・・・勘違いさせてスマソ。その話を言いたかったわけではなく。
>>起こしに来た妹を昼頃まで離さなかった話のことです。

あー、了解。
その前科なら、1件あります。
妹が昼寝している時に、頭を撫でていたら妹が目を覚まし、キスを要求されてそのまんま...ってのが。
服を脱がしにかかるまで、夢だと思ってたらしい...

>>現実にはNaturalの鬼畜ルートには進まないですか?(w
>鬼畜ルート
ゲームならまだしも、現実には無理っす。
妹が悲しそうな顔や痛そうなしているだけで、間違いなく心身ともにショボーンだし。

83 とある兄 ◆zZq5TDnQ sage 02/05/09 22:38 ID:9poqnx4j
数日サボったら、前スレ見れないでやんの。鬱
ナチュラル1は、妹に『妹ゲー禁止令』を出された後、CDラックにしまっておいたんだけどなぁ。
なんでCDドライブに入っているんだ?

さて。
ベッドに寝転んで、タバコを吸っていた時の事。
今日も疲れたなぁと、口から煙を吐いていると、ソファでテレビを見ていた妹がクスクスと笑いながら言った。

「タマシイ出てるみたいに見える。」
「んー?」
「それにしてもさぁ、体に悪いから、タバコ止めなよ。」
「駄目です、タバコ無いと死んじゃいます。」

そんな会話をしていると、妹がベッドまでやってくる。
オレの口からタバコを取って、いきなりキス。

「タバコと私、どっちが美味しい?」
「お前・・・。」
「えへへ、ばぁか。」

妹のために、空気清浄機を買う事を決意した、日常のヒトコマ。

87 とある兄 ◆zZq5TDnQ sage 02/05/09 22:46 ID:9poqnx4j
まったり話。

妹が寝てた時の話。

日曜日のお昼、洗濯物を干し終えた妹は、眠たいと言ってベッドに寝転んだ。
オレはソファでテレビを見ている。
そのうち番組にも飽きて、ベッドの枕元に置いておいた読みさしの小説を取ろうと歩み寄ると、妹の寝顔が。
安らかに眠る彼女の顔を見ていると、穏やかで幸せな気分になった。
妹を起こさないように、静かにベッドに腰掛け、頭を撫でる。
すると、彼女は薄目を開けて、オレに微笑んだ。
釣られて、オレも笑い返す。

「お兄ちゃん、キス。」

無言で顔を近付け、リクエストに答える。
息継ぎの合間に

「大好き。」

等と言われ、穏やかだった心が段々とヒートアップ。

「オレも。」

と囁き返し、今度は首筋にキスをしていると、妹があせり始める。

「あれ、夢じゃないの?」

どんな夢を見たのかとは問い詰めず、そのまま掛け布団をめくり、三時間経過。
そして・・・

「んー、夢だと思ってたのに。」
「夢の方が良かったか?」
「夢でも嬉しいけど、現実だって判ってもっと嬉しかったよ。」
「そっか。」

頭を撫でていると、妹が眠そうにあくびをした。

「今日はお兄ちゃんが夕ご飯作るから、お前は寝てていいぞ。」
「えへへ、じゃ、甘えちゃおっかな。お休み、お兄ちゃん。」

日曜日の、昼下がりから夕方のヒトコマでした。

100 とある兄 ◆zZq5TDnQ sage 02/05/09 23:46 ID:9poqnx4j
んじゃ、ちょいと強め(と思われる)のヤツを。

ある土曜日。
風呂から上がったばかりの妹と、ベッドの上でイチャイチャ。
(こればっかりだとお思いでしょうが、ホントに多いんですよ、イチャイチャしてるの。)
「お兄ちゃん、くすぐったいよぉ。」
「んー、良い匂いがする。」
「シャンプー変えたんだ。どう、この匂い?」
「うん、最高、良い匂い。」
「やぁ、どこ噛んでるの?そういえばさ、シャンプーと言えば。」
「んー?(妹をいじくるのに夢中)」
「シャンプーと言えばお風呂。ウチのお風呂って狭いよね。ユニットバスじゃなくて、広いお風呂に入りたいな~。」

ある事を思いつくオレ。

「いいね。広い風呂なら一緒に入れるしな。」
「ばぁか。」

恥ずかしそうに、うつむく妹。
照れてもじもじしている。

「イヤか?」
「はずかしいよぉ。」
「イヤか?」
「いいよ。」

蚊の鳴くような声で、承諾。

「それじゃ、出掛けるぞ。」

何処に向かうのかと訝しがる妹の手を引いて、やってきたのはラブホテル。
青を基調として、イルカの絵とかが壁に描かれている海っぽい部屋にチェックイン。

「部屋の中はこんなになってるんだ。あ、XBOXとかあるよ、お兄ちゃん。」

最初は戸惑っているものの、すぐにはしゃぎ出す妹。
そんな妹を部屋に残し、オレは風呂にお湯を溜める。
ベッドの上にちょこんと座っている妹は、大人しくテレビを見ていた。
その隣に腰掛け、抱き寄せる。

「えへへ。なんか緊張するね。」

テレビを見ていると、風呂が溜まった。
そして、お風呂タイム。
(以下、危険な描写が続きそうなので、会話のみ抜粋)

「背中流してやるぞ。」
「なんでスポンジじゃなくて手にボディソープつけてるの?」
「ん、この透明でとろっとしたのは何?」
「これはローションと言ってだな...こう使うんだ。」
「やん、えっちくさい~。」
「お兄ちゃん、浴槽の中にライトが!」
「風呂を暗くして、ライトをつけると。」
「おー、綺麗綺麗。」
「ほら、入るぞ、こっち来い。」
「お兄ちゃんってさ、私の事、後ろから抱っこするの好きだよね。」
「うん。いやか?」
「えへへ、私も好き。」

とまぁ、こんな感じ。

グラップラー刃牙 鎬昴昇の台詞より
妹の肌!
妹の匂い!
妹の微笑み!
妹というものは、こうも萌え方が違うものか!!!
もう・・・もうッッ!

「三時間経過ッッ!!」

111 とある兄 ◆zZq5TDnQ sage 02/05/10 00:09 ID:lS6ZLiKt
良い妹・・・社会常識をブッチ切ってますので、あまり良い兄妹ではないと思われ(藁

ヌルヌルダヨ?テロテゴダヨ?キモチイイヨー?

自宅で使うには覚悟、または広い風呂場が必要ですが。
ローション落としてあげる時もまた楽しめ・・・
(以下、検閲により削除。

今、ふと気づいたんだけど、いくら妹に了承を貰っているからって、ここで私生活ばらすのって羞恥プレイ?
ってか、その流れでナチュラル?

マサカマサカナーハハ。

133 とある兄 ◆zZq5TDnQ sage 02/05/10 00:38 ID:lS6ZLiKt
>>次は妹さんにカキコを調教?

カキコを調教・・・って(藁
先日、復帰してみたらどう?って言ってはみたんですが、『恥ずかしくて無理』だそうで。

>>リアルナチュラル キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

千歳には萌えましたが、ああいうのはちょっと無理だろうなぁ。
同じ恥ずかしい台詞でも、水月みたいなヤシの方が萌えるオレ。

ローションハイイゾー?

145 とある兄 ◆zZq5TDnQ sage 02/05/10 00:52 ID:lS6ZLiKt
三時間経過を問い詰めるのはカンベンしてください。
それこそ妹に殺される。

我が家では、メインヒロインが主人公の事を『お兄ちゃん』と呼ぶゲームは一切駄目、という取り決めになっております。

三時間経過の中身は、問い詰められる運命なんでしょうか?(ガクガク

たとえ書いたとしても(書かないけど)2chのSS作家様達の作品の方が萌えると思いますので、そちらをドウゾー。

154 とある兄 ◆zZq5TDnQ sage 02/05/10 01:09 ID:lS6ZLiKt
>>妹さんのカキコ読み返してみたけど・・・
>>改めて、その暴露っぷりに(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル(w

アレは厳しかった・・・(遠い目
まー、お互い様ではあるんだろうけど。

324 とある兄 ◆zZq5TDnQ sage 02/05/13 22:59 ID:Q0oXPaq1
先日、妹の誕生日でした。
前々から、あいつの誕生日には『アレ』を贈ろうと思っていたんだけど、直前になって、同じ『アレ』を贈るならもっと良い物にしようと思い、家にある金目の物をかき集める事に。
まず、本棚と押し入れの段ボールの中にある同人誌。
給料の大半をつぎ込み、アホほど買った同人誌達。ある意味、オレの魂と言えなくも無い。

「さよなら、オレのプレミア同人誌達。」

次。
初任給の半額をつぎ込んで買った、ショボいロレックス。
デパートで買ったので、多分本物。

「お前との付き合いも長かったけど、さよならだ。」

次。
貸した金をいつまでたっても返さない友達から巻き上げた、プレミアエロゲーの初回限定版。

「ってゆうか、こいつら売り飛ばすより、貸した金が戻ってきた方が金になるんだけどなぁ。」

上に挙げた物を数日かけて換金して、さらにヘソクリやら今月の小遣いやらをかき集め、『アレ』が売っている店へ。
妹のアレのサイズはすでに判ってるので、慌てる事無くアレをゲット。

妹お気に入りのイタリアンレストランは前から押さえてあったので、アイツの帰宅途中を拉致ってエスコート。
食事が一段落して、ケーキが運ばれてくる。
店のサービス、アコーディオンによる『ハッピーバースデー』の演奏で、妹は満面の笑顔に。

そして、いよいよ『アレ』をプレゼント。
震えそうになる手で、胸ポケットから、包装された小さな箱を出す。

「誕生日おめでとう。これ、受け取って欲しいんだけど・・・いいかな?」
「え、え、え?」

包装された箱のサイズから、それが何かピンと来たらしい妹。
それでも、確かめたいのかだろうか、その場でがさがさと包みを破る。
青い毛の、定番の箱の中には、小さなダイアモンドのリング。
輪の内側には、アイツの名前とオレの名前が彫ってある。

「お兄ちゃん、これ・・・。」
「給料三ヶ月分・・・にちょっと足りないけど、ごめんな。」

ぼろぼろと泣き崩れる妹。
普通、人は泣くと顔が凄い事になって、可愛いとは思えないんだけど、この時だけは違った。
心の底から、いとおしいと思った。

「一生オレの側に居てくれよ。」
「うん・・・うん・・・ありがとう、愛してるよ。」

泣き顔で無理やり微笑んだ妹を見た時、同人やら原付やらを売っぱらったのは、無駄では無かったと思った。

2chがきっかけで、婚約(結婚?)指輪を贈った人間は少ないだろうなぁ、と思った五月のとある日の出来事。

294 とある兄 (zZq5TDnQ)sage 03/05/14 08:01
巡り巡ってここに来たんですね、探すのにちょっと苦労しました。
先日...というほど近い出来事ではありませんし、スレから引退した身ではありますが、ここに最後の出来事を記しておこうかと思います。

かれこれ十数年前。
祖父と祖母が交通事故で死んだという事を電話で伝えられた時以来、オレはなんとなく電話が嫌いになった。

そして。
父と母が、同じく交通事故で死んだ。
親類縁者がいないおかげで、肉親は妹だけになった。
オレの気分は最低だった。
最低だ。
本当に最低の気分だ。

例え一瞬でも、

『これでコイツと一緒に生きるのに、障害となるものは無くなった。』

等と考えてしまう自分に、どうしようもなく情けなく、腹が立った。

四十九日を終え、相続税やら何やらの処理が全て終わった時、妹は言った。

「悲しいけど・・・絶対にこんな事考えちゃいけないと思うんだけど・・・」

言葉の先が簡単に想像出来たオレは、妹の唇を塞いだ。
三時間経過はしなかった。

コメント:1

NY 2014年3月10日 22:58

テ?テュテェテ・テイテサ テッテョテォテシテァテョテ「テ?テイテ・テォテ・テゥ, テアテウテケテ・テアテイテ「テウテセテケティテ・ テュテ? テアテ?テゥテイテ?テオ テアテ・テェテア テァテュテ?テェテョテャテアテイテ「, テッテョテァテ「テョテォテソテセテイ テッテョテォテウテキティテイテシ テョ テキテ・テォテョテ「テ・テェテ・ テッテ・テーテ「テョテュテ?テキテ?テォテシテュテウテセ, テョテアテュテョテ「テュテウテセ ティテュテエテョテーテャテ?テカティテセ. [url=http://www.modlike.com/member.php?action=profile&uid=6410]expressed continues[/url]
[url=http://xinya-pingtai.1006888.com/index.php?action=profile;u=193294]carpet durga[/url] テ? テ・テアテォティ テづサ テァテ?テオテョテイティテイテ・ テアテョテオテーテ?テュティテイテシ テ「テアツク テステイテョ, テアテョテオテーテ?テュティテイテシ テステイテョテイ テャティテー, テェテョテイテョテーテサテゥ テづ?テャ テョテイテッテォテ?テイティテイ テッテョテ、テ?テーテェテョテャ テュテ・テァテ?テ。テサテ「テ?テ・テャテサテオ テャティテュテウテイ テョテ。テケテ・テュティテソ.
テ? テュテ?テクテ・テャ テヲテ・ テキテ?テイテ・ テ「ティテイテ?テ・テイ テキテウテ「テアテイテ「テョ テ「テアテ・テ、テョテァテ「テョテォテ・テュテュテョテアテイティ. [url=http://marco2000.altervista.org/fluxbb/profile.php?id=17921]eschew using[/url]

コメント入力フォーム

Home > 姉妹 > せつない兄 その2

ブログ内検索
携帯用QRコード

当ブログの携帯用QRコードです。
携帯用QRコード
http://www.moero.biz/i/

新着萌え体験フィード
PR

FTC株式会社

中村元太郎

リーブ21

Return to page top