Home > 姉妹 > せつない兄 その1

せつない兄 その1

  • Posted by: moe
  • 2012年1月12日 08:25
  • 姉妹

270 ゲーム好き名無しさんsage 01/10/28 04:19
萌えないとは思うが。
オレ26、妹24。
つい最近、妹が彼氏と婚約。

オレは東京で一人暮らししてて、妹は地元にいる。
妹が婚約した事をオレの家に報告しに来た。
夜、適当に酒飲んで小さい時の思い出をマターリ語ってたら。

「あたしの初恋って、お兄ちゃんだったんだよ。」
「そっか。いつ頃まで恋してたんだ?」
「今の彼氏見つけるちょっと前まで。」

オレが今も妹を愛してるのは黙っといた。

469 270sage 01/11/01 00:34
妹の思い出。
高校の球技大会の時。

妹のクラスが女子ソフトボールで決勝戦まで勝ち上り、妹が最初の打席に立った。
前の日に

「もしもホームラン打てたら言う事一つ聞いてやる。」

って約束をしていた。
まさかなと思いつつ、妹の打席を見守ってると、マジで打った。
妹の出した命令は

「ずっといっしょに下校して、帰りになんか買って。」

帰り道でクレープやらCDやらを買わされた。
その時の妹のはしゃぎっぷりが、今も夢に出てくる。

478 270=469sage 01/11/01 03:05
>>妹が婚約した、っていうお兄さんですよね?
>>なんか娘を嫁に出すような感慨深さを感じます。
>>できればこれからもぽつぽつと思い出を語ってくださいな。

ここ読んでたら、妹に逢いたくなってきた。
マズいな(藁

480 270sage 01/11/01 03:26
得に意識した事は無かったですね。
兄妹だから話してもあんまりヘンなうわさとか立たなかったし。
学校で話す機会も少なかったし。

妹の結婚式で号泣すると思います。
そりゃもう鉄板(藁

そんな遠く無いし、週末あたり実家に戻って妹に会おうかな。

528 270sage 01/11/05 00:30
実家から帰って着ました。
投げやりに報告させて頂きます。

帰る前に妹に電話をかけて、

「今欲しいものは無いか?」

って聞いたら、

「ジャッキー・チェン主演のシャンハイ・ヌーンって映画。」

と言われました。
スゲェもの頼むなコイツ、と思いつつもビデオ屋で探して購入。
それと着替えを詰めて新幹線に。
父親や母親は

「なんで今頃帰ってくる?」

と首を傾げていましたが、妹は喜んでくれたみたいです。
妹にウィンドウショッピングにつれていけと言われたので、お出かけ。
適当に街をぶらぶらして、その後帰宅。
手も繋がなきゃ会話も近況報告やら仕事の愚痴やら友人の話やらで、萌えられるようなものは何もありません。
(それが普通だと思うけど。)

夕食から家族全員で酒を飲み始め、両親が潰れたので自分の部屋に引っ込む。
ここでお土産の事を思い出して、妹が欲しがっていたビデオを渡すと、笑顔でお礼を言ってくれました。
萌え。
妹の部屋に招き入れられ、一緒にそのビデオを見る事に。
映画の冒頭、中国のお姫様が宣教師(家庭教師だったかな?)と一緒に駆け落ちするシーン。
妹がオレの腕を抱きしめて、

「ねぇ、もしも私があのお姫様みたく逃げたいと思ってたら、お兄ちゃんはさらってくれる?」

もうちょっと酒が入ってたら、

「もちろんだ。」

と返事をしてそのまま押し倒してたと思う。
酒に強く生んでくれた両親に感謝。
お兄ちゃんは、ホントにおまえにホレてんだ、頼むから挑発しないでくれ。

537 名前: ゲーム好き名無しさん 投稿日: 01/11/05 12:38
>270
ちょっとまってよ、みんな!!
270さんの最初の書き込み覚えてる??
それは、

「私、彼と婚約してるけど、お兄ちゃんにさらわれて一緒に逃げたい!!」

ってことじゃないの??

って違うか。
ごめんね。
変なこと煽って。

538 名前: 537 投稿日: 01/11/05 14:07
冷静に考えたら、270さんは本気でつらい思いをしてるかもしれないのに。
茶化すようなこと書いてごめんなさい。

662 270sage 01/11/10 23:59 ID:7UP4LQDK
大丈夫、押し倒しちゃ駄目な事くらい判ってますし、妹に日陰の道を歩ませるつもりもありませぬ。
今まで耐えてこれたんだ、これからだって出来るさ。
出来るよな?
出来たらいいな(藁

そういや昨日、会社の帰り道、街中で妹の友達とバッタリ出会いました。
オレはその子と結構仲が良かったので、連絡先を教え合ったんです。
そしたら今日、イキナリ電話が。
取りあえずメシ食って軽く酒飲んで帰りました。
収穫アリ、オレの知らない妹の一面を聞かせていただきました。

「○○ちゃん、昔お兄さんに『おしとやかな子と活発な子、どっちが好き?』って聞いた事あるでしょ?」

そんな事もあったかも。

「それで、おしとやかな子って答えたんですよね?」

そんな気がするね。

「それからあの子、学校でスッゴイ猫かぶってたんですよ。すぐに剥がれちゃったけど。」

へぇ、そんな事があったんだ。
確かに一時期、お茶とお花習う!!
とか息まいてたなぁ。

「あの子、お昼、おべんと食べながら、ずっとお兄さんの話してたんですよ。なんかこう、恋人のノロケみたいな感じで。」

あー、思い出しててやるせなくなってきた。
オレはここじゃなくて「過激な恋愛・近親相姦」にでも逝ったほうがいいのか?(藁

714 270sage 01/11/12 23:31 ID:tOqR2ZNx
微妙にアオられてる。
あー、本当にさらって逃げたい(藁

今日は、オレが家から出る前日の話。

家族でオレの追い出し会やって、夜遅くまで酒飲んで(こればっかだな)やはり両親が先に潰れたので、解散して自分の部屋に引っ込んだんです。
布団に潜り込んで10分くらいしたら、妹がやってきて。

「最後だし、一緒に寝よ。」

あぁ。
ほら、こっちこい。
(耐えられるか、オレ!?)

「狭いよ、もっとくっつかなきゃ布団からはみ出ちゃうよ。」

あぁ。
ん、枕が無いな、お前、自分の部屋から持って来い。
(腕枕したいなぁ。)

「んー、お兄ちゃんの腕でいい。」

腕でいいって、そんな。
(嬉しいけど、さらにキビしくなったな、耐えろ!)

それで、ちっちゃい頃の話とか学校の話とか、そんな適当な事話しながら二人とも寝たんです。

しばらくうつらうつらしてると、妹の

「はぁはぁ。」

って息遣いが。
一瞬、妹に悪いけどエロゲみたいな展開を想像しちゃって。
で、色んな意味でドキドキしながら妹の方を見てみると、なんか悪夢にうなされてるみたいでした。

「おい、どうした、大丈夫か?」

と声をかけたら

「あ。お兄ちゃん、助けてくれたの?」

暗くて表情は見えませんでしたが、寝ぼけ気味の嬉しそうな声でした。
まぁな。

「ありがと。お礼だよ。」

そして、ほっぺたに柔らかくて暖かい感触が。
すっかり気が動転して、取り合えずこの事には触れず、別の話題をふってみる事に。
どんな夢見てたんだ?

「お兄ちゃんと離れ離れになる夢。もう二度と会えなくなる夢。」
「ばぁか、そんな事あるかよ。安心して寝ろ。」
「だって、お兄ちゃん東京行っちゃうじゃん。」

離れてても家族だろ?

「そうだね。」

この後また話し込んで、結局朝まで眠れませんでした。
オレと妹の、たぶん一番萌える思い出。

717 270sage 01/11/13 00:33 ID:rOGf+nlN
ありがとう。
なんかテレくさいけど(藁
あぁ、今週末、また実家帰るかなぁ。

724 270sage 01/11/13 04:39 ID:rOGf+nlN
寝る前にメールチェックしたら、妹からメールが来てました。
いつの間にネット環境整備したんだ?と小首をかしげつつ、見てみると。
(以下、コピペ)

えへへ、手紙とかメールとかは初めてだね、お兄ちゃん。
これは、友達の家から送りました。
この前のビデオのお礼がしたくて、色々考えたんだけど。

「一日デート券」
「膝枕してあげる券」
「料理作ってあげる券」

↑のどれかを印刷してもってくれば、一個だけ聞いてあげる。
有効期限は、私がやってあげようって思ってる間。早くした方がいいよー?
それじゃ、また近い内にね。
妹より

残ってる有休使って、今週一杯里帰り決定。

815 270sage 01/11/18 00:57 ID:DPoV98S7
帰って来た270です。
ではレポート。

ネットカフェから2chに「行ってきます」カキコした後、さっそく券をプリントアウト。
アサイチで会社に連絡を入れて、親戚に不幸があった事にしてさっそく買い物に。
取り合えず両親用のお土産に雷おこしを買って、新幹線に乗る。

実家に帰ってみると、誰も居ない。
両親は共働きだし妹はバイトがあるので、居ないのも当然か。
睡眠不足気味なので、自分の部屋にで寝る事に。
テレビをつけてうつらうつらしていると、昼頃、

「ただいまー。」

という妹の声。
玄関にあるオレの靴に気付いたんだろう、ドタバタという足音と共に二階にあるオレの部屋までやってくる。
凄い勢いでドアが開いた。

「お兄ちゃん、いつ帰ってきたの!?」

あぁ、今日の朝10時くらいに。

「なんで突然帰ってきたの?」
「お前が券くれたから。あ、ひょっとしてあれって冗談だったのか?」
「え、あ、冗談って言えば冗談なんだけど...ひょっとしたら、アレ見たから帰ってきたの?」

だからそう言ってるだろ。

「あぁ、びっくりした。そっか、アレ見て帰ってきたんだ。えへへ、そんなに私とデートとかして欲しいの?」
「したいって言えばしたいし、したくないって言えばしたくない。(嘘です、凄くしたいです。)」
「素直じゃないなぁ。まぁいいや、ちょっと待っててね、着替えてくるから。」

バイトから帰ってきたばかりなので、妹はすぐにでも外出出来る格好。

「なんで着替える必要があるんだよ?そのままで行けないいじゃん。」
「せっかくのデートなんだから、着替えるの。お兄ちゃんだって、妹が可愛い方がいいでしょ?」
「別に、お前はおしゃれしなくったって充分可愛いぞ。」
「えへへ、ありがと。でも着替えたいし、お化粧も直したいの。そんなに待たせないから。」
「判ったよ。」

こんな具合でデートに出かけました。
適当に街をブラブラ歩き、服屋の前でふと気付く。
そういや、妹にお土産買ってないや。
そんな事は知らない妹が、服屋のウィンドウを見て

「あ、あれ可愛い!ねぇねぇお兄ちゃん、試着していい?」
「あぁ。」

妹が選んだのは、こげ茶のコート。
色は落ち着いてるけれど、なんかスワローテイルっぽくなってて可愛い感じ。
値札を見ると、ゴマンキューセンハッピャクエン。
買えない値段じゃない。
買えない値段じゃないんだけど・・・。
そんな事を考えてると、試着ボックスから妹が登場。

「似合うかな?ちょっと若過ぎるカンジがしないでもないけど。」
「似合ってるぞ。うん、凄く可愛い。」
「(ちょっと照れながら)褒めたって何も出ないよ?」

お前なんか、逆さにして振っても鼻血しか出ない事くらい判ってるさ。
店員さんがやってきて、

「まぁ、よくお似合いですよ。」

とか言い始める。
この時点で、妹に似合っていた事と妹の喜ぶ顔が見たいって理由でコートを購入する事に決定。
あの、カードでお願いします。

「え、いいよ、高いし。」
「いいんだよ、今日はお前に何もお土産ないし。」
「お土産なんか無くてもいいのに。お兄ちゃんが元気ならそれで。」
「いいから買わせろ。オレだってたまには見栄張りたいし、あのコートはお前に凄く似合ってる。」
「でも。」
「お兄ちゃんだって、妹が可愛い方がいい。」
「ありがと。」

買ってやったコートをを大事そうに抱える妹。なんとなく気恥ずかしいので、取り合えず店を出る。
出るなりいきなり腕を組んできたので、ドキドキでした。

「ああいうメールでお兄ちゃんが帰ってきてくれて、おまけに服まで買ってくれるなら、毎日送っちゃおうかな?」
「月に一回くらいならいいぞ。」
「冗談だよ、お兄ちゃんのお給料じゃ厳しそうだし。」
「服は毎回買えないけれど、ツキイチで帰ってくる事は出来る。」
「お兄ちゃんのヒマ人。」
「ほっとけよ。」

その後、適当にクレープ屋とかCD屋とか行って帰って帰宅。

部屋でごろごろしたり

「ほ~らほら、膝枕したげるよ~。」
「こら、頭を掴むな、危ない危ない。」
「ほっぺにチューも今する?」
「あのなぁ。」
「あー、して欲しいなら黙る!」
「・・・。」
「えへへ、なんか照れるね。こら、動かない!ん・・・。」
「なんかお前さ、異様にはしゃいでない?」
「なんか嬉しいんだもん、悪い?」
「いや、年齢にしちゃはしゃぎ過ぎかな、とか思ったり思わなかったり。」
「外じゃちゃんとしてるよ。こんなのお兄ちゃんの前だけ!」
「へいへい。」

一緒にビデオ見たり

「お兄ちゃん、一緒にビデオ見よ。」
「あぁ。」
「お兄ちゃん、あぐらかいて。」
「ん、あぁ。」
「へへー。」

あぐらの中心に、妹が座ってくる。

「この甘えぼめ。お前は本当に24か?」
「いいじゃん、たまにしか出来ないんだし。ほらほらお兄ちゃん後ろから抱っこしてよ。」
「こうか?」

トドメに、夜寝てると布団に潜り込んで来る。
妹は、水色のパジャマ。

「寒い寒い寒い!」
「おい、入って来るなよ。(嘘です、凄く嬉しいです。)」
「いいじゃん、別に。うわ、お兄ちゃんの布団あったかい!」
「あんまりくっつくなってば。(耐えろ、耐えるんだ、オレ!)」
「お兄ちゃんの腕、抱き枕にしちゃお。」
「おいおい(こら、手を股に挟むんじゃない、我慢にも限界があるぞ!?)」
「あー、ぽかぽかだね。」
「お前ね、オレがいきなり襲い掛かったらどうするつもりだ?」
「楽しんじゃうかも。」
「馬鹿な事言ってないで、もう寝ろ。」
「言い出したのはお兄ちゃんじゃん。どーせ襲う勇気なんて無いくせに。」
「理性的だ、と言ってくれ。ほら、寝るぞ。」
「お休み、お兄ちゃん。」

以上、今週のより抜きモエバナ。
日曜日に出勤してくれと連絡が入った事以外、最高の週末でした。
なんか、この板発見してから、妹との接点が多くなってきてる気がします。
オレの背中を押してくれた皆さん、どうもありがとう。
これからも、兄として妹に接していきたいと思います。

とか格好良い事書きながらも、なんでオレはコイツと兄妹なんだろう、とか、しんみり考えてみたり。
フガイネー。

834 せつない兄sage 01/11/18 01:39 ID:DPoV98S7
反応してくださった方々に、深い感謝と御礼を。
それと、>>283さんありがとう!

社会常識から逸脱しない程度に妹を可愛がっていきます。
多分(藁

82 切ない兄sage 01/11/22 17:05 ID:???
時は流れるものでして、よっぽどの事が無い限りいつかは結婚なさるでしょう。
オレは妹の結婚式で号泣決定ですが(藁
覚悟しておいた方が懸命かと(藁

モエバナどころか、ナエバナを一つ。
先日、また妹からメールがきたんですよ。

「そういえばさ、お兄ちゃん。2チャンネルって知ってる?なんか友達が教えてくれたんだけどさ、すっごくいっぱい掲示板があるの。よくわかんない言葉もあるけど、面白いよ。お兄ちゃんもヒマがあったら、見てみるといいよ!」

んで返信。
たまに見てるけど。
お前はどんな所見てるの?

「えとね、ゲーム関係のところ。ファイナルファンタジーとか。」

以上。
頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼む。
ここに気付くな気付くな気付くな気付くな。
ウワー(涙

89 切ない兄@死亡sage 01/11/22 18:44 ID:???
今日初めてのメールチェック。
ハッケンサレタ。
夢だよな、ハハ。
夢であってくれ。
事と次第によっては、ここで発表出来ないような事になると思う。
妹が会って話がしたいって言ってるので、週末はまた実家に行ってくる。
浅はか過ぎた自分に乾杯。
あー、ノリノリでカキコした時の自分の首を締めたい。

90 切ない兄@死亡sage 01/11/22 18:47 ID:???
事と次第によっては、って何だよ?
妹が見てるんだから発表出来るわけ無いじゃん。

駄目だ、混乱してる。
というワケで訂正、ここに現れる事はもう無いと思う。
ROMは続けると思うので、まぁよろしく。

寂しい人生になりそうだ。

94 名前: 切ない兄@死亡 投稿日: 01/11/22 18:56 ID:???
>>89-90のレスを書きこまなければシラを切り通せたものを・・・
>>「雉も鳴かずば撃たれもすまい」

あー、そっか。
そんな事も判らないくらい混乱してたらしい。
逝くわ。

せつない兄 その2に続く

コメント:0

コメント入力フォーム

Home > 姉妹 > せつない兄 その1

ブログ内検索
携帯用QRコード

当ブログの携帯用QRコードです。
携帯用QRコード
http://www.moero.biz/i/

新着萌え体験フィード
PR

FTC株式会社

中村元太郎

リーブ21

Return to page top