Home > 姉妹 > きみこ その18

きみこ その18

  • Posted by: moe
  • 2011年12月25日 17:22
  • 姉妹

きみこ その17続き

土曜日の事。 投稿者:きみこ  投稿日:04月10日(月)16時30分49秒
学校が始まって、お兄ちゃんに言われてTバックの下着を着けさせられて登校しました。
しかもノーブラです。
周りの目が気になって仕方なくって、ちょっと動いたりすると乳首がこすれて感じちゃうし、学校に着くまではスカートが気になって、恥ずかしかったし・・・。
トイレに入って見てみたら、いっぱい濡れちゃってました。
ちょっと弄っちゃって、気持ちよくて、少しだけオナニーしちゃいました。
ドアの外を人が通るたびに、恥ずかしさと、何とも言えない気持ちよさがいっぱいあふれてきて、休み時間が終わるまで弄っちゃってました(^^;

放課後はすぐに家に帰ってきたんですけど、そしたらお兄ちゃんにいきなり襲われちゃって・・・。
お父さんはいなくて、玄関入ってすぐ、靴も脱いでないのにTバックを脱がされました。
鍵も掛けてないのにです!
すっごい恥ずかしくて、でも感じちゃってました。
学校の事とかあって、我慢できなくなってたから、いっぱい声が出ちゃいました。
お兄ちゃんに後ろから抱えられて、子供がおしっこする時みたいな格好で、鏡に向けられて自分で弄りました。
自分のアソコを見ながら、いっぱいいじって、学校でこんな事しちゃってたら・・・とか考えちゃって、すぐイっちゃいました(^^;;;
お兄ちゃんの部屋に連れて行かれて、制服を着たまま、ベッドの上で三回くらいイかされました。
最後はお兄ちゃんに口の中に出されて、全部飲んじゃいました。

そうしてたら、えりちゃんから電話があって、カラオケに誘われました。
あたしはまだエッチの余韻が残ってて、お兄ちゃんに言われるまま、ブラもしないで、Tバック穿かされて、フレアのミニスカートで家を出ました。
もしかして、えりちゃんに気付かれてみんなの前でエッチな事されるかも・・・。
そんな事考えたら、みんなと待ち合わせしてる所に行くまでに、また濡れちゃいました。
電車の中でも周りの人の目が気になったし、駅の階段なんてすごい恥ずかしくて、バッグでお尻を隠してました(^^;
でも、エッチな事にはなりませんでした。少しだけ残念な感じでした(^^;

帰ってきてから、お兄ちゃんに話したら、

「階段で隠しちゃだめじゃないか。」

って言われて、お父さんも帰ってたのに、おしおきだって・・・裸にされて、下着も全部脱がされて、その上に服を着させられました。
ミニスカートなのに、お父さんの前でもノーブラノーパンでいろって言われて、たくさん濡れちゃいました。
晩御飯の時も、リビングでテレビ見てる時もそのまんまで、お兄ちゃんはお父さんに見えないところで、いきなりスカート捲ったり、胸を揉んできたりしたし・・・。
そういうのって、ドキドキして興奮しちゃうけど、もしバレたらって思うと、すっごい恐いです。
想像するだけなら恥ずかしい事って好きなんですけど、でも、ホントに見られてっていうのはやっぱり、困っちゃいますね(^^;

日曜日の事。 投稿者:きみこ  投稿日:04月11日(火)16時28分55秒
日曜日は、お兄ちゃんとデートしました♪
桜が綺麗だったから、いっぱい咲いてる公園にお花見です。
あたしはお化粧していきました。

「大人っぽくて、綺麗だよ。」

ってお兄ちゃんが言ってくれて、すごい嬉しかったです(^^)
桜は凄い綺麗でした。
風が吹くと花びらが舞って、すごく良かったです♪
二人で桜の下を歩いて、腕組んだりして、ちょっと恋人気分でした(//_//)

公園にいった後は、服を見たりして、三年になったお祝いって言って、いろいろ買ってもらいました。
二万円くらいかな(笑)
それと・・・あと、エッチな下着を売ってるお店にも行きました(^^;;;
エッチな下着を買わされちゃいました。
シースルーのブラと、ショーツです。
下着の店で

「お兄ちゃん。」

って呼んでるのって、なんか恥ずかしかったから、名前で呼んじゃいました(//_//)
お兄ちゃんもなんだか照れてたみたいです。(笑)

夜になって、パスタ屋さんで晩御飯を食べて、初めてホテルに入りました(//_//)
お兄ちゃんもあんまり入った事無いって言ってて、なんか二人で緊張してました(笑)
ベッドの前に大きな鏡があって、そこに写されながら、いっぱい弄ってもらって、いっぱい気持ちよくしてもらいました。
座ったお兄ちゃんと抱き合ったり、立ったまましたり、いろんな格好でエッチしました。
あっという間に時間が来ちゃって、少し残念でした(^^;

家に帰ってきたら、お父さんが拗ねてました(笑)

「お前たち、最近仲良いなぁ。」

って言われて、ちょっとドキっとしました(^^;

禁欲と言いつつ 投稿者:F16  投稿日:04月14日(金)23時59分39秒
妹に禁欲中と言ってあるのですが、僕が禁欲しているわけではないのです。
妹だけが禁欲という事になっています。

明日は、父が会社の人とゴルフに行くらしく、今晩はその人の家に厄介になるということで・・・今、家には妹と二人きりです。
僕は妹をいじめることにしました。
風呂上がりの妹の部屋に行き、きみこを座らせてフェラチオをさせました。

「禁欲するんじゃないのぉ?」

と笑っていましたが、僕が

「いいんだよ。言う通りにしなさい。」

と言うと、従順に、舌と手を使って丁寧にしてくれました。
僕は妹の頭を押さえるだけで、彼女に対して愛撫はしませんでした。
やがて絶頂を迎えて、きみこの口の中に大量の精液を注ぎ込むと、全て飲み込んでさらに最後の一滴まで吸い出すように、ちゅうーちゅーと鳴らしました。

妹は目を潤ませて、それ以上の行為を求めてきました。
僕は彼女をベッドに寝かせ、ポケットに用意してあった紐で、妹を後ろ手にして縛りました。

「どうするの・・・?」

きみこを仰向けにすると、脅えた目で僕を見ていました。
僕はさらに足首も縛り、パジャマのボタンをはずし、前をはだけさせました。
Tシャツを捲りあげ、ブラをしていない乳房を露出させました。

「やだ、お兄ちゃん・・・恥ずかしいよぉ。」

妹は身を捩ってはいたものの、抵抗らしい抵抗はしませんでした。
(縛っていたし、したくても出来なかったでしょうが。)

僕は妹の乳首に少しだけ舌を這わせて中途半端な愛撫をしました。
きみこは声が出てしまうのを我慢しているようでした。
胸への愛撫はすぐに止めて、パジャマのズボンを下ろしました。
きみこの子供っぽい下着が露わになりました。
パンティも脱がしました。
割れ目は濡れていて、白い下着にも染みが出来ていました。
パンティを膝の辺りまで下ろし、そのままにして腿の内側を撫でました。
きみこはピクンピクンと可愛らしく震えていました。

「お兄ちゃぁん。」

と、鼻に掛かった声で訴えかけてきました。
けれど僕は、

「禁欲中だからね。」

と言い、後ろ手に縛り、さらに足首も縛ったままのきみこに布団を掛けて、そのまま背を向けました。

「え?やだ、お兄ちゃんっ?待ってよ!」

きみこがもぞもぞと動く音を立てていましたが、僕はそのままきみこの部屋を出てしまいました。
自分の部屋に戻って耳を立てていたら、しばらく

「お兄ちゃん、お兄ちゃん!」

と呼ぶ声が聞こえていました。
きみこの口に出したばかりだったのですが、こんな事をしていたのですぐに回復しました。
明日はたっぷりいじめてあげるつもりです。
もちろん直接的な刺激は無しで、間接的に虐めてあげるつもりです。
それにしても明日は雨らしいし、ゴルフには行けないような気がするのですが、父もタイミングが悪いですね(^^;

きみこ その19に続く

コメント:0

コメント入力フォーム

Home > 姉妹 > きみこ その18

ブログ内検索
携帯用QRコード

当ブログの携帯用QRコードです。
携帯用QRコード
http://www.moero.biz/i/

新着萌え体験フィード
PR

FTC株式会社

中村元太郎

リーブ21

Return to page top