Home > 姉妹 > きみこ その2

きみこ その2

  • Posted by: moe
  • 2011年11月24日 11:18
  • 姉妹

きみこ その1続き

妹と 投稿者:F16  投稿日:01月13日(木)23時45分29秒

前回書いた時の事からしばらくして、妹とSEXしてしまいました。
一度は自省したのに、結局欲望に任せてしまったんです。
僕は意識しないように振る舞っていました。
妹も同じだったのか、その事について特に口にはしませんでした。
けど、5日くらいした日だったと思います。

その日、僕はベッドで眠っていて、ごそごそカタカタという音が聞こえたような気がして目を覚ますと、妹のきみこがパソコンの前でオナニーをしていたんです。
あんな事があって、妹も部屋に来づらくなったと思っていたのに、今までと同じようにオナニーまでしていました。
僕が目を覚ましたことに、妹も気付きました。
子供っぽい顔なのに、とても淫らな目で、僕を見るんです。

「お兄ちゃん、こうすると気持ち良いんだよ。」

そう言いながら、パジャマの中に入れた手を激しく動かしているようでした。

「あぁんっ、お兄ちゃぁん。」

そんないやらしい声を聞いてしまった僕は、我慢できずに妹に手を伸ばしました。
妹は小さな声を漏らしただけで抵抗しませんでした。
となりの部屋では父親が寝ているので気付かれないかと心配でしたが、それ以上に妹を自分のものにしたいという気持ちがいっぱいでした。

「こっちにおいで。」

妹をベッドに導いて、寝かせました。
パジャマの上に着た半纏を脱がして、ボタンを外します。
Tシャツをずり上げると、妹はノーブラで、ふっくらとした乳房が見えました。
服の上から見るよりも大きくて、乳首はきゅっと尖っていました。
僕は夢中でしゃぶりつきました。

「お兄ちゃん、痛いよ。」

きみこが痛そうに身を捩ったので、優しく愛撫しました。
しばらく胸ばかり責めていると、きみこは自分でズボンを脱ぎはじめました。

「下も、してほしい。」
「いいのか?」
「うん。お兄ちゃんにしてほしい。」

僕はかわいらしい下着を脱がして、薄い茂みに顔を埋めました。
指と舌でクリトリスとワレメを責めると、きみこはそれに合わせて可愛い声で喘ぎます。
僕もズボンを脱ぎました。
一度ベッドを離れて机の中からコンドームを取り出しました。

「それ・・・コンドーム?」
「子供できちゃうと困るだろ?」
「うん・・・。」

妹は恥ずかしそうに言いました。

「でも、初めては、そのままが良いな・・・。」
「えっ!?」
「お兄ちゃんの、直に感じたいよ。」

かなり躊躇いましたが、僕も同じ気持ちだったのです。
妹の生の感触を味わいたいと思いました。
僕は、妹の上に覆い被さって、ペニスをオマ*コにあてがいました。

「いくよ?」
「うん・・・。」

妹のオマ*コは、強く抵抗しましたが、僕はゆっくりと入れていきました。

「んっ!」

妹が小さな声で痛みを堪えています。

「きみこ、痛くないか?」
「うん、大丈夫。」

でも顔は痛そうに歪んでいました。
僕はできるだけ負担をかけないようにゆっくりと腰を動かしました。
妹の中は熱くて狭くて、付き合ってる彼女のオマ*コより幼い感じがしてとても淫靡に思えました。

「んっ、んんっ・・・。」

きみこの可愛い喘ぎ声が、僕の理性を吹き飛ばしてしまいました。
僕は腰の動きをだんだんと早くしました。
きみこが痛がっていましたが、僕はそのまま腰を動かして、自分の快楽を求めてしまったのです。

「きみこ、出る!」

ぎりぎりまでオマ*コの感触を味わい、射精直前に引き抜きました。
びゅっびゅっと、きみこのお腹から胸にかけて、白い液が飛び散りました。

「お兄ちゃんの、いっぱい・・・。」

きみこは自分の体にかかったそれを指ですくってみていました。

「ごめん、きみこ。痛かっただろ?」

理性が戻ってきた僕は、血のついた自分のペニスを見て、後悔しました。

「うぅん、大丈夫だよ・・・。少し痛かったけど、あたし嬉しいもん。」

妹はそういってにっこりと笑いました。
僕は汚れるのも構わず、妹を抱きしめました。
そのまま、僕たちは朝まで一緒に寝ました。
翌朝は少し早起きして、交代でシャワーを浴びました。
妹とは、週に一回くらいSEXしています。
ちゃんと避妊しています。

最近では、フェラチオも憶えてくれて嬉しいです。
このまま僕たちの関係がどれくらい続くのか分かりませんが、長く続くと嬉しいと思います。

きみこ その3に続く

コメント:0

コメント入力フォーム

Home > 姉妹 > きみこ その2

ブログ内検索
携帯用QRコード

当ブログの携帯用QRコードです。
携帯用QRコード
http://www.moero.biz/i/

新着萌え体験フィード
PR

FTC株式会社

中村元太郎

リーブ21

Return to page top