Home > いい思い出 > 右袖

右袖

高校時代の話をします。

僕は高校時代、電車通学をしていました。
高二の時に車内で出会った女の子の話です。

僕はいつも決まった時間の電車に乗り、決まった車両に乗り、決まってドアに背を向け、もたれるように電車に乗っていました。
神経質な性格などではなく、ウォークマンを聞きながら無意識に行なっていたただの日常でした。

僕が乗ってから二駅くらいすると、いつも大量に人が乗り込んでくる駅があります。
反対側のドアにもたれながら、人々が乗り込んでくる様子が好きでした。

ある日、いつものようにもたれながら眺めていると、その女の子が乗ってきました。

ご存じのように、ドアとドアの真ん中の空間は非常に人が混みあいます。
その空間で彼女は非常に苦しそうにしていました。
吊り革も持てず、不安定な足場で集団に押し込められていました。

かわいそうだなぁと思い、僕は彼女の前に右腕の袖を突き出しました。

「え?」

と一瞬彼女がこちらを見ましたが、僕が目で

「どうぞ。」

と会釈すると、彼女も会釈で返し、僕の袖を掴みました。
僕はそのまま右腕を引っ張り彼女を僕の右前の少し空いていたスペースに引き寄せました。

彼女は少し頭を下げると、袖から手を離しましたが、掴まる場所が無く、相変わらずフラフラしていました。
電車が揺れる度にフラフラする彼女。
困ったように僕の方を見てきたので、もう一度右腕を出すと、再びその袖を掴み、今度はずっと掴んでいました。

彼女は僕より5、6センチ身長が低く、黒髪で色白なセーラー服の似合う可愛い子でした。
先に僕が降りる時まで彼女は僕の袖を掴んで恥ずかしそうに俯いていました。

それから平日は毎朝、同じ時間に彼女は乗ってきて、僕の袖を掴みました。
僕としても朝のけだるい時間に朝シャンプーしたばかりの女の子の良い匂いが隣からすることは嬉しく、会話もしたことない、名前も知らないその子に愛着が湧いていました。

一ヵ月くらいそんな車内デートのようなものが続き、バレンタインの日を迎えました。

僕がいつもの駅で降りると、その日は彼女も降りてきました。
なんかホームで向かい合った瞬間に、互いにものすごく緊張してしまって、どちらも口も開けませんでした。

「間もなく発車します。」

のアナウンスが聞こえると同時に彼女は

「あの、これ受け取ってください。」

と言い、袋を僕に渡して車内に戻っていきました。
学校に着いてから開けると、クッキーと手紙が入っていました。
手紙には、普段のお礼と簡単な自己紹介とメルアドが書かれていました

とりあえず、僕はその日の晩にクッキーのお礼と簡単な自己紹介をメールで送りました。
彼女は2駅離れた場所にある女子校の一年生でした。
僕が一つ上の学年だったので、始めは敬語を使ってくれていましたが、次第に車内でも話すようになり、だんだんと友達のような関係になっていきました。

彼女は三学期が終わるまでに決めていることがあるらしく、それは僕の手を借りずに満員電車を耐えてみせるということでした。
そして、終業式の前日に

「いよいよ明日実行するのだ!絶対手を貸したらダメだよ!」

とのメールを送ってきました。

当日、いつものようにドアにもたれてた僕の前に彼女が乗ってきました。
こんな馬鹿な計画を考えた彼女がおかしくて、目が合った瞬間に少し笑ってしまいました。
彼女はそれで少し恥ずかしくなったのか、僕に背中を向け、吊り輪を掴みました。

いつものシャンプーの匂いがして、とても気分良く車内を見渡すと、いつもより人が多いことに気付きました。
後で分かったことなのですが、当日は他の鉄道で人身事故があり、かなりの人数がこちらの鉄道に移ってきたそうでした。

いっぱいの車内なのに、さらに乗り込む人が続出し、電車はなかなか発車出来ませんでした。

集団に押し込まれ、彼女の後ろ髪は僕の鼻先まで来ていました。
僕ももうドアがあり下がれません。
彼女を助けようかと思いましたが、それでも彼女は必死に両手で吊り革を握っていました。

彼女は限界まで辛抱していましたが、さらに三人ほど乗り込んで来た時に、ついに僕に密着する状態になりました。
その瞬間、僕の股間部は彼女のお尻に押さえつけられました。
彼女が吊り革を離さなかったため、くの字のようになり、ちょうど立ちバックのような体勢になりました。
ドアと彼女のお尻に挟まれ、さらに電車が揺れる度に彼女のお尻は密着したまま動くため、僕のモノは大きくなりました。

僕の大きなモノが明らかに彼女を突き刺すような体勢になっていました。
それだけ、僕のモノが受けた圧力は大きく、同じように彼女もそれが分かっていたはずです。

彼女は恥ずかしそうに俯いていましたが、それでも電車は動き、その度に互いの股間はこすり合うように密着していました。
次駅に到着するために電車はブレーキをかけ、バランスが崩れた彼女は左足を開きましたが、それによりさらにエッチな体勢になってしまいました。

僕はもうどうしていいか分からず、ただ背中から感じるドアの堅さと、股間に感じる柔らかさに挟まれていました。

しばらくその状態が続きましたが、次駅でさらに人が乗り込んできて、さすがに彼女は吊り輪を離しましたが、そのまま僕の方へ体を委ねるようになりました。

相変わらず、擦るように密着する股間。
僕にとって、拷問でもあり快楽でもあったこの時間、気になるのが彼女の心境でした。
かなりの恥ずかしさで終始俯いていました。

ただ、それから少しして、僕がわざと股間を前に突き出すようにすると、

「あっ。」

と小声をもらし、体をびくつかせました。
この瞬間に僕はかなりの興奮をし、電車が空きだすまで股間を突き出し、彼女はずっと僕の袖をギュッと掴んでいました。

電車が空いても彼女はずっと僕の袖を掴み、俯きながら身を委ねていました。
僕が降りる駅に着き、ホームに降りてもまだ掴んでいました。

お互い目を合わせられず、彼女は俯いたままでした。
ただ、彼女が一度袖を自分の方に引っ張ったことで、そばにいてほしいのかと感じ、

「今日は学校サボッちゃおうか?」

と聞くと、一瞬だけこちらを見て

「うん。」

と言いました。
僕らは、制服のまま住宅街を歩き、学校の裏にある有名な空き家に忍び込みました。
その家にはさすがに入れませんでしたが、庭にある倉庫はカギが開いており、そこに忍び込みました。

倉庫は二人が入るのがやっとくらいの小さなものでしたが、その狭さが先程の場面を連想させ、また二人を緊張させました。

彼女は

「さっきみたいにくっつきたい・・・。」

と言い、また僕にお尻を密着させてきました。
今度は僕も彼女の腰を掴み、彼女の感じる部分に押し当てるようにしました。
彼女は再び、小声を洩らしました。

「あたし、まだしたことないんだけど、こういうのって楽しいんだね。」

と言ってきました。

「いや、なんか、だいぶ違う流れだけどね。」

と僕が言うと、

「あ、やっぱそうなんだ。」

と笑いました。
そして

「でも、これが好きだからこの流れでお願い。」

と頼んできました。

「この流れじゃ、キスも出来ないぞ。」

と言おうとしましたが、彼女がすでに楽しそうにお尻を突き出していたため、

「まぁいいか。」

と開き直りました。

「じゃ、電車の中の再現をしよう!」

と彼女は言うと、自分のスカートに手を入れ、パンツを脱ぎ、

「ただし、下着無しで!」

と言いました。
初めての子がなんでこんなに積極的なのか驚きましたが、たぶん、電車での興奮と楽しさと、倉庫の暗やみのおかげだったんでしょう。

「メチャクチャ言うなぁ。」

と僕が、ボヤキながら脱ぐと、彼女がそれに注目しているのが、うっすらと分かりました。

「ね、それ、触ってみてもいい?」

と聞いてきました。

「ん、いいよ。」

と言うと、彼女は恐る恐る触れました。
第一声は

「あったかい。」

でした。
そして、

「あ、やっぱ違う。」

と言いました。

「あれ、触るのは初めてじゃないの?」

と聞くと、

「いや。。初めてだけど。。初めてじゃない。。」

と、訳の分からないことを言うので、

「こんな倉庫の中で嘘つく必要ないよ。」

と笑うと

「なんていうか。。友達が冗談で去年バイブをくれて。。それを少々。。」

と恥ずかしそうに答えた。

「そしたら、暗くて見えないことだし、バイブと同じように扱っていいよ。」

と言うと、

「ほんと!?したいこといっぱいあったんだ。」

と、僕のモノに飛び付いた。
彼女は僕のモノを両手で掴み、先の方を匂うと、そのままテロッと舐めた。

「思ってたより、なんか良い。」

と彼女は述べた。
朝シャンしといて良かったと僕は思った。
とにかく、彼女のしたいようにさせ、好奇心を阻害しないように努めた。
カリをテロテロ舐めたあと、彼女はカリをくわえた。
口の中でまだ舐めていた。

「ん、ねぇこういうので気持ち良くなるの?」

と聞いてきたので、

「うん、女の子が工夫すればするほど男は気持ち良くなる。」

と答えた。
そうか、と彼女は一呼吸終えて考えると、僕のモノ全体を一気にくわえこんだ。
途端に彼女はえづき、口から出し、

「失敗。」

と言った。

「無理しなくていいよ。」

と言うと、

「大丈夫!」

と言い、再び喉の奥までくわえこんだ。
そして、そのままじっとして

「ん・・・。」

と言い、右手でOKサインを出した。
一度口から出し、

「コツつかんだ。」

と言い、左手でモノを掴み、今度はすごい勢いで舌を動かしだした。
僕が気持ち良さそうにしていると、そのまままたくわえて、今度は左手と口でストロークし始めた。
その口当たりがすごい気持ち良くて、

「あ、ちょっと待って。イキそうになった。」

というと、

「ほんと?スゴイ!出してみて!」

と言い、カリだけを口で覆うと、左手を激しく動かした。
僕は限界に達し、そのまま口の中に射精した。

彼女は射精に驚いて動きを止め、射精が終わるまでじっとしていた。
終わると口を離し、口の中にある精子をどうしたらいいか分からないようで、頬を膨らましたまま

「んん。」

と何か言おうとし、少し精子が口から顔を出した。
彼女はそれを啜ってもう一度口に入れると、目をつぶって飲み込んだ。

「今のはいまいちだった。」

と、少し呼吸を荒らして彼女は言った。

「さ、電車の続きしよ!」

と言い、彼女はお尻を僕の股間に当てた。
しかし、まだスカートを履いていたので、スカートに精子がついた。
それを言うと、

「あー、、、でも明日から春休みだから。」

と言って、こんなことも楽しんでいた。
僕を壁に追いやると、彼女はスカートをめくり、ノーパンのお尻を股間に押し当ててきた。
お尻のひんやりした柔らかさが毛の部分に触れ、僕はまた大きくなりだした。

「発車しまーす。」

と、おどけて言うと、彼女はお尻を擦り付けてきた。
僕のモノは完全に大きくなり、彼女の股の間に入り込み、素股のような状態になった。
彼女は腰を振り、僕のモノを擦る。

「停車しまーす。」

というと、彼女は足を開いた。
僕のモノは彼女のビラビラの辺りを擦った。
彼女は息を荒くし、電車の時のように腰を動かす。
僕は我慢出来ずに彼女の腰を持ち、挿入しようとした。

「ダメ。」

と彼女は背中を向けたまま言い、

「電車と同じだから、○○君は何もしないで。」

と言った。
僕は彼女が擦り付けてくる快感と、それを発散出来ないことで狂いそうになった。
入りそうで入らない状況が続いた。
彼女は腰を動かし続け、彼女の濡れで僕のモノもビチョビチョになっていた。

彼女は吊り輪を持った時のようにくの字になり、腰を振った。
僕のモノが当たる角度は変わり、彼女のビラビラに沿って擦れ、彼女のクリに先が刺さった。
彼女は

「あ!」

と顔を上げて大きな声を出すと、そのまま重心を僕の方に倒してしまった。
その瞬間にすべるようにして一気に僕のモノが奥まで挿入された

「ん!」

と大きな声を出すと、奥まで挿入されたまま彼女は動けなくなっていた。
ただ僕に体重を預けながら、体を震わせていた。

「大丈夫?」

と聞くと

「ん。。。」

と言い、再び、腰を動かした。
電車のように不定期な動きでくねくね動かされ、僕のモノだけが彼女の中で彼女と同じ動きをしていた。

彼女は次第に肩で息をし始め、腰の動きを普通の出し入れの動きに変えた。
僕に押しつけるたびに、彼女は声を洩らした。
その入れてくるタイミングに合わせて僕はモノを勢い良く奥まで突き刺した。

「あ!」

と大きな声を出し、彼女は痙攣してイッた。

「ごめん、○○君。もう動けない。。」

と彼女はお尻を痙攣させながら言った。
僕はそのお尻を掴むと、今までのフラストレーションを全部発揮するかのように高速ピストンを行なった。

(パンパンパンパン)

と僕とお尻がぶつかる音が聞こえ、そのたびに彼女は

「んグッ!ングッ!」

と声にならない声を出していた。

彼女は立つ力を無くしていたが、僕が腰を持ち上げ貫通状態をずっと続けた。
そして、彼女の腰を掴んだまま僕は彼女の中に射精した。
彼女はその場にへたりこんだ。

よく分かりませんが、僕はなんか怒ってたのかもしれません。
長々とすみませんでした。
なんか、前置きが長すぎですね。
ごめんなさい。

十代ってめちゃくちゃですね。
確かに怒ったような記憶があります。

その後の話。

新学期が始まってから僕はもう満員電車に出くわさないようかなり早い時間帯に変えました。
当然もう彼女と会うことはなく、半年後くらいにうちのクラスの友達と付き合い始めたという話を聞きました。

卒業式の日。
最後くらいゆっくり朝を過ごそうと、前と同じ時間帯の電車に乗ると、その友達と彼女が乗ってきました。

僕は友達に

「今日で最後だな。」

など軽い挨拶をし、僕と彼女は知らない振りをしていました。

「吊り革持たねぇの?」

と聞く友達に

「うん、いい。」

と彼女は答え、少しこっちを見てきました。
次駅に着く前に、いつものようにガタンと揺れ、彼女はバランスを崩しました。
そして、とっさに出してしまった僕の袖に掴まりました。

「あ、ごめんなさい。」

と謝りましたが、彼女は袖を掴んだままでした。

「おい、○○に悪いだろ。」

という友達の言葉を無視するかのように

「ごめんなさい、いいですか?」

と僕に聞いてきました。

「袖だけなら、いくらでもいいですよ。」

と答えると

「本当にごめんなさい。」

と謝り、俯きました。
電車を降りた後、友達に

「悪かったな。」

と言われましたが、

「いや。。俺の方こそ。」

と答えるのが精一杯でした。

家に帰り制服を見ると、前みたいに右袖にはシワが寄り、そこにあったはずのボタンが一つ取れていました。

コメント:0

コメント入力フォーム

Home > いい思い出 > 右袖

ブログ内検索
携帯用QRコード

当ブログの携帯用QRコードです。
携帯用QRコード
http://www.moero.biz/i/

新着萌え体験フィード
PR

FTC株式会社

中村元太郎

リーブ21

Return to page top