Home > 不倫・浮気 > 年上の嫁1

年上の嫁1

俺:技術派遣会社社員、29歳。
嫁C子:大手電機メーカー工場勤務、36歳。

俺は高校卒業後、半導体の下請け工場に就職。
そこで3年ぐらい勤めた後、知人に誘われて一緒に技術派遣会社に再就職。
高校卒業後、高校の同級生と付き合ってたが、その女が浮気性で何回も許しつつも浮気するので愛想をつかして別れ。
その後に付き合った女も実は本命彼氏が居たことが解って別れ。

んで、3年ぐらい独り身だったんだが、2年前に派遣先の企業でC子と知り合った。
背は高めでスタイルは良かったが、年齢を聞くまでは同じ年齢か下ぐらいだと思ってたぐらい童顔だった。
最初は特になんとも思ってなかった(というか正社員のC子と派遣社員の自分がどうにかなるなんて思ってなかった)んだけど、俺が好きな小説(ライトノベル)を彼女も知ってて好きだという話をふとしたきっかけで聞いて仲良くなった。

んで、彼女のほうから告白されたんだが、告白された時の台詞が

「私はもうこんな年齢だし、結婚を前提とした付き合いしかできない。もし私と結婚を前提に付き合うことを考えられないなら振ってください。」

と言われた。

告白されて喜んだのもつかの間、ちょっと引いたが浮気性な彼女に苦労してた経験があって、結婚するなら信用できる女だ、と思ってたのもあり、結婚を前提に付き合うと返事をして、付き合った。

なんとC子は処女で今まで男と付き合った経験は0。
モテなかったわけじゃないが、告白された男に真面目な付き合いを要求したらほぼすべて引かれてしまってこの年齢まで独身だったらしい。
まあ、C子は大手企業に大卒正社員で10年勤めてたこともあり、貯金もかなりあって、俺がほとんど貯金が無いにもかかわらず、結婚まで一気に進んだ。

しかし、それからすぐに俺は派遣先が変わり海外出張が多くなって今に至るわけだが、EP(シンガポールでの仕事許可証みたいなもん)の更新ミスで急に日本に戻ることになった。
あまりに慌しかった為、携帯電話をホテルに忘れてきたことに気がついたのは、飛行機に乗った後だった。
家に連絡もできなかったんだが、C子がシフト休みなことは知ってたので、そのまま家に帰ったわけだが・・・・。

家の前に見知らぬバイクが止まってた。
なんだこれ、と思いつつバイクを避けて玄関の鍵を開けて家に。
とりあえず、スーツを脱ごうと洗面所に行こうとしたら寝室のほうから変な声が聞こえる。
なんだ?と思って思わず足音を忍ばせて寝室のほうへ向かった。

そしたら・・・寝室のドアの隙間から覗くと見知らぬ裸の男(男つーか高校生ぐらいのガキに見えた)が仰向けに寝てて、その股間に顔を埋めてる女が見えた。
最初、なんか女は髪もアップにしてスーツ?を着てたので家を誰かと思ったが、それがC子だと気づくのに時間はかからなかった。

心臓がバクバクしながらとりあえず様子を見てた。
なんというか、全然予想もしてなかった状況に脚がすくんでしまったのが本音。

男の股間に埋めた嫁からは、ぴちゃぴちゃとやたらでかい音がしてた。
ぼそぼそと男が呻きながらC子に話しかけてた。

「ああー、C子さん。すげーいい。やっぱその格好エロくていいよ。」

嫁はちゅぱっと音を立てて顔を離して手で男のモノをしごきながら、ふふっと笑った。
正直言って結婚後2年も経つが俺が聞いたこともないいやらしい笑い方だった。

「もー、O君って変態だよね。こんなオバさんにこんな格好させてしゃぶらせるなんて。」
「オバさんて、C子さんはぜんぜん若いよ。おねーさんて感じ。」
「えー、お世辞ばっかいってー。んじゃ、おねーさんにボクはどうしてほしいの?」
「自分の乳首いじりながら、もっとフェラして。」

C子はモノから手を離して口で咥え、自分でスーツの前のボタンを外して、ブラウスの上から自分の胸を触りだした。

またちゅぱっと音を立てて口を離すと

「やっぱり、変態だよぉ・・・自分で触らせるなんてぇ・・・」

と甘えたような声でC子が言った。

「ノーブラだよね、だよね?やっぱC子さんてエロいよね」
「だって、O君がそうやれって言ったんじゃん・・・んっあ・・・」

C子は自分で乳首をいじって感じてるのか時折あえぎながら行為を続けてた。

このあたりで俺は少し冷静になってきて、冷静になってきたらだんだんと腹が立ってきた。

変なようだけど、浮気してること、裏切られたことに怒りを覚えたというより、すごいエロい姿を他の男に晒してることに腹が立った。
と、いうのもC子は俺とのセックスにはすごい淡白でそれこそフェラなんて俺が頼んでやっとしてもらう感じ。
そんなの変態のすることだと言って普通のフェラですら最初のほうなんて凄い嫌がった。
まあ、もともと30過ぎても処女だったし、もともと潔癖なところがあったからしょうがないかなと思って、俺も必要以上に求めることはなかった。
もともと俺自身も昔の彼女たちのが経験豊富で受身なセックスが多かった(好きだった)こともあり、だんだんめんどくさくなって正常位で入れて出すだけ、みたいなセックスになっていった。

それがどうだ、俺がやってほしかったようなエロいフェラやエロい態度を、あれだけ俺相手のときは嫌がったのにこのガキにはやってるじゃないか。
なにより、それが猛烈に頭にきた。

どうやって乗り込んでやろうか、なんか武器持ってきたほうがいいよな。
とか考えてるうちにC子とそのガキの行為は進んでいった。

「ねえ、C子さん。いつものアレしてよ、アレ。」
「えぇー、この格好のままで?まだ脱いじゃだめなの?んっ・・むゅ・・・」

C子はブラウスの上から自分の乳首の場所をこねたり引っ張ったりしてる。
おいおい、俺が乳首を触ろうとするだけでくすぐったいとか嫌がってたのダレだよ・・・。

「その格好でしてほしいなーーーー。」
「んっ、、もうしょうがないなぁ・・・ほら、んじゃ後ろ向きなさい。」
「よっしゃああ。」

C子は体を起こしてベッドの上に上がった。
ガキはC子に背中を向けてもたれかかるような感じになった。

右手をするっとC子はガキのわきの下から伸ばすとそのまま、ガキのモノを握り、後ろから扱き出した。

「うぁっ・・すげーよ。エロすぎる。」
「ん、もう・・・自分でやらせてるんじゃないの。」

C子はそういうと後ろからガキの耳を噛み、舌を耳の中に入れてねぶりはじめた。
右手はガキのモノをしごいてるままで。

「ん・・・うー、でもマジエロいって・・・最高すぎ。」

ガキのあえぎなんざ聞きたくもない。
よくみるとガキはC子の腕の中にすっぽり納まってて、かなり小柄だった。
俺もさほど大きなほうではないし、ケンカなんてしたこともないが、こいつは勝てるなとなんか妙に冷静な思いで見てた。

「うーー・・・なんか、俺の背中に固いのあたるんだけど、C子さん乳首立ってない?」
「んっ・・はっ・・ん、もうっ!やってあげてるんだからそんな恥ずかしいこと言わないの。」
「えー、でもなんか背中きもちいんだけどコリコリして・・・。」

C子は少し怒った顔をして左手でガキの顔を自分のほうへ向かせた。

ガキ「ん?!・・んーーっっ。」

そのままC子はガキの口をふさいだ。
なんつーか、キスっていうよりほんと舌をねじこんで黙らせたってほうが正しいようなエロいキス。
ガキがもがくもがく。

「・・んっ・・はっあ・・死ぬかと思った・・・。」
「だって、馬鹿なことばかり言うんだもん・・・おしおき・・・。」
「ええーーじゃあ、もっと馬鹿なこと言わないと。」
「もー・・・・ほんと変態なんだからぁ・・・どうするの?このまま出しちゃうの?」

C子はしごく手を休めずそう聞く。

「えーあー・・・なんかもったいない気がするけど・・でも後でもできそうだし・・・んー・・なやむ。」
「・・・・」

なんかAVでも見てるような気になってきてすごい勃起してた。
なんつーか、パンツの中が気持ち悪いぐらい先走り出てるのもわかったし。
でも、自己嫌悪も同時にあってすげーイライラする感じ。
近くにあった掃除用のワイパーの柄をすごい力で握り締めてた。

「もうっ!んじゃ、先に出しちゃいなさい」

C子はそう言うとしごく手を早めて、またガキの口に舌をねじこんだ。
ガキは、うーうーとにやけ面のまま喘いで身を任せるままになってた。

もういいだろう、と俺は思ってそこで寝室のドアをガンと思いっきり蹴飛ばして中に入った。

「・・・えっ?」

なんつーか、そのときのガキの顔をC子の顔はまさに固まったって表現だった。
ちなみにC子はモノを握ったまま、顔だけこっち向けてる感じ。
その顔を見たら急に情けなさと怒りが沸いてきた。

「・・・誰?キミ。」

冷静に言ったつもりだったけど、眉が自分でも震えてるのがわかった。

「・・・・」

ガキもC子も無言。

「とりあえず、ここ俺の家だよね。それとも間違えた?間違えてないか、そこにいるエロい女はどうやら俺の嫁みたいだし。」

もう二人ともクチをぱくぱくさせてる。
ここでキレた。

「誰って言ってんのがきこえてねえのかぁあああああっっ!!!」

叫ぶと同時にワイパーの柄を寝室のドアに思いっきりたたきつけた。
なんつーか、思いっきり恫喝するつもりで叫んだつもりだったのに、小学生のガキが半泣きで叫んだような鼻声になってて、自分で情けなくなった。

「待って、とりあえず私の話を聞いて!O君、とりあえず帰って!」

C子がクチを開いた。

ガキがC子を見てクチをぱくぱくさせながら、ちらばってた服を拾って逃げるように部屋から出ていこうとした。

「ってめえ・・・どこ行く気だ、こら・・・。」

俺の脇を抜けて部屋から出ようとするガキを捕まえようと手を伸ばした。

「待って!とりあえず話を聞いて!ごめんなさい!ごめんなさい!」

C子が叫びながら俺にしがみついてきた。
ガキは裸で服だけつかんだまま、逃げるように出ていった。

「まてや、ごらあああ!!」

俺はワイパーをガキのほうに投げつけながら、C子を引っぺがそうとした。
もともと身長もあまり差がないし、本気でしがみついてきてるみたいで引き剥がせなかった。

ガキのバイクの音が聞こえたあたりで、俺も脱力してへたりこんだ。

「・・・もう離せ、触んな。」

C子は首を振りながら、まだ俺にしがみついたまま。

「・・・お願い、話を聞いて。ごめんなさい。」

もう俺はどうでもいいやって感じで聞くから離せ、と言って引っぺがした。

C子が言うには、セックスも昔みたいに求めてきてくれないし、俺が自分に飽きてきて、もっと若い子がよくなるんじゃないかってことで捨てられるんじゃないかという不安があったこと。
そういう不安があったときに会社に来てた請負社員のO(ガキ)に熱心にアプローチされてうれしかったこと。
そんな気はなかったけど、一回エッチしてしまったらずるずると流されてしまったこと。
気の迷いだった、もう二度と会わないから許してほしいとのこと。

俺は、ふんふんと適当に相槌を打ちながら聞いてたが、C子が黙ったところで

「別に二度と会わないなんて言わなくていいよ。関係ないし。」
「・・・」

また泣きそうな顔になる。

「つーかさ、結婚するときも結婚した後も言ったよね。浮気性の女には苦労したから、結婚するなら信用できる相手としたいって。」
「俺が求めないから寂しかった?求めても嫌がってること多かったじゃん、キミ。」
「・・・だって、あまり求めを受けてたら昔のあなたの彼女と同レベルの女だと思われて捨てられるかもしれないって怖くて・・でも、3回に1回は必ず受けるようにしてた。でも、だんだんと求められる回数が少なくなって・・・。」

ぼそぼそと聞き取りづらいC子の声を相まっていらいらしてきた。

「そりゃ、拒否られることは多いわ、マグロだわ、ヤッテてつまんねーんだもん。そもそも若いんだったらいいよ、若いだけで武器だからな。でも、若くもねーのに求められて仕方なく相手してあげてます、みたいな態度でそんな熱心に求めれるかよ。」

これは本音だが、これだけは言うまいと思ってたことだった。
が、もう情けなくて今まで言わなかったことを全部言ってやろうと思った。

「不満があったわけじゃない。そういう性的なことに堅いのはキミのいいところだと思ってたから必要以上にキミが嫌がることを要求もしなかったし。でも、さっきの何?あれ?すげー熱心だったよね。初めて見たよ。あんなエロいことがキミにも出来たんだね。腹が立つけど思いっきり興奮したよ。もし俺にああいうことしてくれたら、もうメロメロだっただろうね。俺もスーツとかそういう格好好きなんだよ、知ってた?」
「・・・そんなこと一言も言わなかったじゃない。」
「は?意味わかんね。キミ、フェラすら嫌がってたじゃん。」
「本気でイヤだったわけじゃないの!でも、あまり積極的にやると嫌われると思って・・・。」
「そうか、そうか、俺の昔の彼女のトラウマを気遣って貞淑な妻を演じててくれたんだな。それはすまなかった。これまでありがとうございました。」
「いやっ!ごめんなさい!ほんとに好きなのはあなただけなの!」
「は?頭おかしいの?本気で好きだけど、熱心なエッチは他の男にしますって?マジで意味わかんね。」
「あなた以外知らなかったし、どうしていいかわからなかったのは本当なの!あなたが私に不満を持ってたのはなんとなくわかってた。何時捨てられるかほんと不安だったの。そんなときにO君と会って褒められて調子にのってしまっただけなの!反省してます。二度としません!」

もうやってられん、話にならんという心境だった。

「二度はないよ。」
「・・・・」
「二度なんてあるわけないだろ。別にセックスに堅い女が好きなわけじゃない。むしろ、セックスに積極的な女のが俺は好きだよ。実際、キミよりも昔の彼女のが遥かに良かったしな。セックスは。若かったし。」
「うぅ・・・・」
「でも、それを差し引いても信用できる女だってのがキミの最大の魅力だった。こいつは絶対に浮気はしないと確信してた。だからこんな出張ばかりの仕事もしてられた。高卒でこれだけ良い給料もらえるところ無いしな。」
「その魅力のなくなったキミに何の価値があるの?教えてよ。マジで。」
「ごめんなさい!本当にごめんなさい!許してください!捨てないでください!なんでもしますからぁああああああ。」

半狂乱になって叫ぶC子。
俺もだんだん疲れてきた。
よく考えたらシンガポールから帰ってきてまだスーツも脱いでないんだよな。
つーか、二人してスーツ着てるし。
なんか馬鹿らしくなってきた。

「・・・なんでもってなに?何してくれるの?何ができるの?」
「え・・・えっと、もっとあなたの望むように言うとおりにセックスとかも・・・。」
「いらね。ここまでしないと俺には出来ないことをO君にはしてたんでしょ?すげー悦んでたじゃん。んで、いまさら俺にしてあげるって?ふざけるのもたいがいにしろよ。」
「っひぐっ・・・。」
「慰謝料は請求するけど、離婚してやるから、O君と再婚すれば?別に止めないから。」

またここでC子は半狂乱。

「ごめんなさい!許してください!ホントに好きなのはあなただけなの!O君なんか何とも思ってないの!」
「何とも思ってない相手にあそこまで奉仕できる女なんてキモくて一緒に暮らせない。絶対に二度三度やるしな。浮気はされなれてるからわかるんだよ。」
「・・・なんでよ。なんで私のことは許してくれないのよ!前の彼女は浮気しても許したんでしょ?!はじめてなのよ!もうしないって言ってるじゃないの!許してよぉおおおおお!!」
「なんで?言ったでしょ?前の彼女はそれだけの価値が他にあったから許したの。キミにはそんな価値ないの。O君だっけ?あのガキに見せてたようなのを俺にしてくれてたんだったら一回ぐらいは許したかもしれないけど。」
「少なくとも前の彼女は、浮気はしたけど、俺相手でもセックスは熱心にしてくれてたよ。すげー気持ちよかったし。いろいろしてくれたし。」

顔を抑えて呻くC子にさらに畳みかけた。

「前の彼女は許せるだけの価値があった。キミにはその価値無い。それだけ。理解できた?理解できましたか?」

言いながらネクタイを外してC子に投げつける。

「とりあえず、俺は疲れてるから話はここで終わり。落ち着いたら離婚届取ってきて書いておけ。起きたら俺に書くから。」

そのまま立ち上がって風呂に行こうとしたとき、C子も膝立ちになってまた俺の腰にしがみついてきた。

「・・・うざい!もういい加減にしろ。俺も女を殴ったことはないけど、いい加減あまりしつこいと本気で蹴りとばすぞ。」

そう言うとC子は一瞬、びくっとなったものの手を離そうとしない。
それどころか、そのままがちゃがちゃと俺のベルトを外そうとしてる。

「・・・おい、何をする気だ。」
「・・・・」

無言でC子は俺のベルトを外すとそのままスラックスを下ろして脱がせた。
そのままトランクスの中に手を突っ込んできて俺のモノを握る。

「おい!やめろ!」

俺は手を押さえて引っこ抜いた、さっきの情事を見たときの先走りでトランクスの中はどろどろになってたのでC子の手を抜いたときも指先に糸を引いてた。
C子は、その指先をぺろっとなめると、そのまま俺の腰に手を回して自分の顔の鼻面を俺のモノに押し付けてきた。

「うっ。。。おまえ、いい加減に・・・。」

そう俺も言いつつもC子のその行為に異常な興奮を覚え、萎えていたモノがまた再度痛いぐらいに勃起してしまった。

「・・・好きっ・・ほんと好きなのっ・・ん・・あっ。。。ん。」

C子はぶつぶつと呟きながらトランクスの上から俺のモノを加えてそのまま舐め上げ、トランクスをクチで咥えてずりおろした。
その間、両腕はずっと俺の腰にがっちりと回したまま離さない。
ぼろっとでた俺のモノをそのまま咥え込み、じゅばじゅばと口内で舐め上げる。
口の端から唾液がだらだらと落ちるのもまったく意に介する様子もなく、

「ひゅきっ・・ひゅき・・」

とくぐもった声を漏らしながら。

なんか、俺はもうさっきの光景がまた目に浮かんできて、悔しいやら情けないやらって思いと共に今まで俺に見せたことの無い姿を見せ付けてるC子の行為になんか愛おしさが出てきてしまった。
でも、そうでありながらきっとアイツにもこういう行為をしてたんだという思いからのいらだちも・・・。

俺も脚の力が抜け、そのまま膝立ちになり、もうなるようになれという感じで寝そべった。
C子は俺の股間に顔を埋めたまま、両手を自分のブラウスの胸に持っていき、乳首をひねり、こすり、そのたびに喘ぎをもらした。
さっきはよく見えなかったが、C子の乳首はブラウスを押し上げてびっくりするぐらい起立しており、俺は息を呑んだ。

さっきまでの興奮がよみがえってきてるのもあり、いらだちも手伝ってか、俺もそろそろ限界に達しようとしていた。
俺はもう脱力しきったまま、思い浮かんだことをC子に聞いた。

「あのガキのを口の中で受け止めたことはある?」
「・・・」

C子は無言のままだったが俺は肯定と受け取った。

「・・・飲んだ?」

またも無言で俺のモノをしゃぶり続ける、ああ飲んだんだな、と思ったらなんか涙が出てきた。

「・・・ほんと残念だよ、、なんで俺が最初じゃないの?」
「んっ・・あぐっ・・・はぁっ・・」

C子の口内での舌のねぶる速度が上がった。

「っ・・だひてっ・・のょむから、だひて。。。ひょうだい!!」

C子の指がさわさわと俺のタマを揉む。

「・・・い、、く。。」

俺はそのままC子の口の中に放出した。
C子の舌のねぶりは止まらず、そのまま吸い上げてなめつづけた。
俺はくすぐったさにかわりつつあった股間の感触を味わいながら、そのまま疲れが出たのか寝てしまった。

年上の嫁2に続く

コメント:0

コメント入力フォーム

Home > 不倫・浮気 > 年上の嫁1

ブログ内検索
携帯用QRコード

当ブログの携帯用QRコードです。
携帯用QRコード
http://www.moero.biz/i/

新着萌え体験フィード
PR

FTC株式会社

中村元太郎

リーブ21

Return to page top