Home > 姉妹 > 3年前の春頃の話です

3年前の春頃の話です

  • Posted by: moe
  • 2010年12月28日 15:09
  • 姉妹

当時僕22才美容師見習い。
妹13スワイ忠市。

注額にあがった妹はおしゃれにきをつかうようになり私に髪の毛を切って欲しいと頼まれました。
家族の髪をいままで切ったことはなかったのですが、はっきりいってチャンスと思い、親が出かけるゴールデンウィークに切ってあげようと言いました。

毎年ゴールデンウィークは母の実家に家族で行っていましたがぼくは中学に上がったのを機にゴールデンウィークは家に残っていました。
同じように注額に進学した妹は

「今年からいかない。」

といって結局5/3の朝から5/5の夜まで2人で過ごすことになっていました。
もう4月のオワリ頃から興奮しまくっていました。
5/3は仕事中もソワソワしてました。仕事がオワリ大至急帰宅すると妹が待っていました。
早速髪の毛を切ってあげるといって髪の毛掃除しやすいからと言って風呂場に連れていきました。

まず服を着たまま髪を切り始めました。
なんと切り出していいのか解らなかったのです。
とりあえず

「髪の毛服に付くから上だけ脱げば?」

というと、いともあっさり

「うん。」

といって脱ぎ始めました。
ブラはすでにつけていましたが当然ティーンズブラというのかタンクトップを短くしたようなタイプでピンクのギンガムチェックのものでした。
このブラは何度も妹の部屋に忍び込んでオナニーに使った物です。

パンティもそろいのものでした。
僕は全部脱げというつもりで言ったのですが妹は下着姿の所でまた風呂のイスに座りました。
けどこの時点でぼくのティンポはビンビンになっていました。
平静を装って髪の毛を再度切り出しました。
もう押さえつけられない理性を無理に押さえつけて髪の毛を切っていました。
一線を越えるつもりはこのときはありませんでした。
ちょっといたずらできたらなと思っていたのです。

そこで僕は自分の部屋にすきばさみを取りに行くと行って部屋に戻り、ビデオカメラをもって風呂場に戻りました。
とりあえず脱衣場に置いて妹にまず

「カットの参考にするから撮影していい?」

と聞きました。
妹は

「えーー???はずかしぃよぉ・・・」

といいましたが

「いや、自分のかっとしてるとこ見たいし、一回見たら消すし。」

と意味不明なことを言って納得させました。
カメラをすえてこの映像で何回オナニーできるかと考えながら再度切り始めました。
そしてもうどうしても見たくなって見たくなって

「下着にもつくから脱げば?」

と言ってしまいました。
妹は何も言わずブラをとりました。
わずかに膨らみかけた胸、綺麗なピンク色の小さな乳首、夢にまで見た妹の胸が今目の前に現れました。

「結構胸あるんだねー。」

といって思わず軽くさわってしまいました。
妹は怒った顔で無言で手ではらってきました。
僕は乳首がなめたくて仕方なくなってきました。
そして思い切って無言で舐めにいきました。

「やめてよ!!!なにするの??」

怒った口調で妹が言いましたがもう後には引けませんでした。

「ちょっとだけ・・・3秒だけ・・・3秒だけ・・・」

と訳の分からないことを言って無理矢理舐めに行きました。
妹はかなり抵抗しましたが乳首を舐めまくりました。
ほとんど力ずくでした。
そして知らない間に僕は妹のパンティの上からアソコもぐりぐりさわっていました。
妹は目に涙をためて抵抗していましが、あそこは濡れているような感じがしました。

僕が一番気になっていたのはアソコに毛が生えているのか否かということでした。
パンティの隙間から手をつっこむと柔らかい産毛のような毛が生えていました。
少しショックでした。
できれば無毛がいいと思っていました。

しかし、案の定アソコは濡れていました。
胸を舐めにいったときよりもっと抵抗してきました。
けれどもう止めることはできません。
パンツもひざまでずらしてあそこを無我夢中でいじくりまくり、乳首を舐めまくり、無理矢理キスして舌を入れました。
ハッキリ言ってめちゃくちゃです。
妹の目からは涙がこぼれ落ちてました。
しかしその日はそこまででした。

本気で泣いていたのでそれ以上はできず、

「ごめん。」

といって部屋に戻りました。
その日ビデオを見ながらオナニーしまくったのは言うまでもありませんが、いまだにこのときのビデオではたまにオナニーします。

次の日僕は妹と顔を合わせることなく仕事に行きました。
その日は早番で5時に上がらせてもらったので妹の好きなモスチキンを買って家に帰りました。
家に帰ると妹はテレビを見ていましたがモスの袋を見ると

「モスチキン?」

と普通に聞いてきました。
良かった・・・と内心思いながら

「なおちゃん昨日のこと親には内緒にしてな。」

といいました。
妹はちょっとまをあけて

「うん。」

とうなずきながら言いました。
僕は胸をなで下ろすと同時に、仕事中ずっと気になっていた親に言われたらどうしようという心配がなくなり、またよからぬ事を考え始めていました。

「昨日切った髪途中だったから今日はちゃんと仕上げるから。」

と言いました。
妹は無言でしたが僕は風呂場でそそくさと用意を始めました。
そして妹を呼びに行くと不安そうな顔ながらも風呂場にやってきました。

「さ、脱いで。」

といって下着姿にさせ風呂のイスに座らせました。
とりあえず今日はカットをちゃっちゃと仕上げました。
そしてもう完成しているにもかかわらず細かい調整の振りをしながら妹の肩や耳を触りまくりました。
昨日オナニーしまくったのにティンポはビンビンです。
そして今日は僕はすでにスウェットに着替えてありました。
実は前日ジーンズを履いていたため窮屈で仕方なかったのです。
ビンビンになったtェインポは思いっきりもっこりしてそれを妹の背中にぐいぐい当ててるだけで行きそうになりました。
前に回り込んで前から後ろ髪を切る(実際のカットではこんな事ゼッタイにしない)体勢でほっぺたにも押しつけました。

けど昨日の今日で無茶はできないと思い

「カット完成、そのままシャンプーしな。」

といって風呂場からいったん出ました。
そして妹が下着をはずして風呂場のドアから脱衣場に下着を置いてシャワーを浴びているのを確認してから全裸になって風呂に入っていきました。
妹は

「キャー。」

といって隠す素振りをしましたが気にせず

「お兄ちゃんもからだに髪の毛ついて早く洗いたいから一緒にはいっていい?」

と言って強引に横で体を洗い出しました。
妹は無視するように向こうむきに、僕はビンビンになったティンポを隠すようにお互い背中合わせっぽく体を洗っていました。
けどやっぱり耐えきれなくなり

「背中洗ってあげる。」

と言って背中を洗い始め当然のように泡泡の手で体中触りまくりました。
妹はかなりくねくねして抵抗してきましたが昨日より抵抗が少ないように感じていました。
特にアソコをさわっていると微妙に腰を浮かしている気がしました。
しかもアソコは石鹸とシャワーが混じっていても愛液が中から出てくるのが解るぐらいジュルジュルになっていました。
もうガマンの限界に来て

「お兄ちゃんのも洗って。」

と言いました。
妹は

「えぇぇぇぇ・・・」

と言って洗ってくれませんでしたがずっとさわりまくりながら

「お願い!お願い洗って!ちょっとだけ・・・」

と頼みまくると

「ぅ・・ぅん。」

と言ってくれました。
心の中でガッツポーズをして風呂のイスに座った妹の前に仁王立ちをしました。

「どうやって洗うの?」

と聞かれたので

「石鹸をつけて握ってごしごし洗うの。」

と言ってティンポをしごかせました。

「こぅ?」

といって小さい手で両手で僕のティンポをしごいてきます。
気持ちよくって気持ちよくって・・・

妹は当時身長150なかったと思いますが特に手が小さくて僕のティンポもさほど大きくないですが両手でしごかせても余るほどでした。

「もっと早く洗って。」
「もっとゴシゴシ。」

といってドンドンしごかせました。
このまま出すとどう考えても顔射という位置に妹の顔がありました。
まずいと思いながらも妹の顔にザーメンがかかっている姿を想像したらガマンできなくなり

ドピュ!!

といってしまいました。
妹の顔というよりあごから首のあたりに精子がかかり、妹は

「うわぅっ。」

といってイスのまま後ずさりしました。
妹はあごからたれる精子を手で拭いていたのですがその精子がトローリたれて妹の小さい胸の辺りをドロドロとたれていくのを見て

「しまった!ビデオに撮影しとくべきだった。」

と思いながら

「ごめんねなおちゃん。」

と言いました。

「なに?なに?なに?今の何?なんなの?なに?」

と妹は早口で疑問系を連発していましたが、この時点で妹はこういうことに興味もあるし、男の射精ももちろん知っていて、自分がさわられていたときは感じていたと確信しました。
いくらとぼけようと所詮は厨房、そういうことに興味がないふりも、昨日抵抗していたのも理性が動かしていたタテマエだと確信したのです。
よく考えれば色気づく年頃なのであたりまえなのですが、妹もHな事に興味があるのならコレはイケルと思いとりあえずその場はそのまま一緒にお風呂につかって性の勉強をしました。
精子とは何か、セックスとはどういうことか、何でオンナは濡れるのか、男は立つのかなどを説明した覚えがあります。

それもまるで保険たいくの授業のようにマジメに教えました。
妹は

「ふぅーん。」

と感心した風に聞いていました。

妹は風呂から上がると僕がイチバン気に入っていた白の下着上下を身につけていました。
当然ながらティーンズブラです。
ブラもパンティも小さい水色のリボンがまんなかにあるだけでほぼ純白です。
ハッキリ言ってこの下着にはオナニーで精子ぶっかけたことがあります。
あせって自分で夜中に洗い乾燥機で乾かしました。
もうギンギンに復活してきました。
うえからパジャマを着てしまいましたがもう目に焼き付いてドキドキでした。
僕はいったん部屋に戻り一服しながらビデオの用意をしました。
リビングに行くと妹はテレビを見ていました。

テレビに夢中なのかさっきのお風呂のことが気まずいのかこっちを向かない妹を尻目に僕はキッチンのテーブルの上にビデオをセットしました。
録画開始ボタンを押して妹に近づき、話しかけました。

「なおちゃん結構胸あるよなー。」
「えぇぇ??」
「サイズいくつ?」
「知らないよぉ・・・」
「なおちゃんもさー、もう注額性なんだから自分のスリーサイズぐらい知ってないと恥ずかしいよ。」
「えぇぇ??そんなのみんなしらないよぉ。」
「お兄ちゃんの店に来るモデルの人とかは毎日測ってる人とかもいて、髪型や服選びにも関わることだしやっぱしきっちり管理しないとダメだよ。」
(僕の店の店長は地方雑誌と専属契約していてモデルさん達のヘアメイクを手がけているのは事実ですが、実際僕がモデルさんとスリーサイズのことについて話をしたことはない。)
「そうなの??」
「測ってあげる、よくモデルさんのとかも測ってあげるし、ちゃんとしっといたほうがいいよ。」
(コレもウソです。)

妹は無言になりましたが僕は

「メジャーとってくる。」

と言って部屋に戻り急いでリビングに戻りました。

「さ、早くパジャマ脱いで。」

僕はビデオのテープが30分テープだったのですごく焦っていました。

「はやく、はやく。」

といって妹のパジャマのボタンをはずしにかかると

「自分で脱ぐ!」

と怒って手を払いのけてきました。
下着だけになった妹をビデオに映る立ち位置に立たせすかさずメジャーで測りました。
当然ながらしらじらしく手の甲などを胸に押しつけながら測りました。

「バストは72、うーん・・・なおちゃんの身長ならコレぐらいかなぁ。」

と知ったかぶりをしながら続けました。
妹は終始無言です。

「ウエストは55、ヒップは70・・・うーーーん・・・」
「うーん?なに?」

と妹は不安げに聞きました。

「ウエストとヒップのわりにはバストがちょっと小さい。もう1、2㎝あったら完全な理想ボディーなのに・・・」

というと

「ゴメンね!小さくて!」

と怒り顔をしてきました。

「毎日マッサージしてる?」

と聞くと

「そんなことしてないよぉ・・・」

と言うので

「マッサージ今のうちからしとかなきゃたれるよ!!今ぐらいの思春期が発達期だから一番大事な時期だし(セリフ割愛、今ビデオ見ても相当熱弁です)。」

妹は納得してマッサージすると約束しました。

「ただ自分でするより人にして貰う方が効果あるけどね。なおちゃんしてくれるかれしとかいるん?」
「いーまーせーんーよっ!」
「おにいちゃんがしたろっか?」
「はぁ??」
「まーまかせてまかせて、今日だけ教えてあげる。」

そういってティーンズブラの上から優しく胸をなでだしました。

「ちょっ、ちょっ、ちょっ・・・」

そういいながらも本気で抵抗してはいませんでした。
体をくねくねさせながらよけているだけでむしろソファーにだんだん寝転がってくような感じでだんだん僕が上に重なっていきました。
この日もスウェットに着替えていた僕は先程射精したにもかかわらずビンビンで妹の太股辺りに思いっきりこすりつけながら小さい胸をブラの上からなでまくりました。
ときをり指を1本、2本ブラの隙間から入れて乳首も触りまくりました。
しばらくしていると妹はだんだんおとなしくなって目をつぶっていました。
声こそ出さないもの、息はかなり荒くなっていました。

ぼくはここでビデオカメラからソファーに寝転がってしているところが完全に写らない位置であることに気付き、カメラの位置をなおしに行きました。
すると妹が

「お兄ちゃん、もうやめよ・・・」

といってきたので返す言葉がなく

「あ・・あぁ・・う、うん。」

と言ってしまいました。
妹はパジャマをとって足早に部屋へ行ってしまいました。
かなり失敗したと思いとりあえず部屋でビデオチェックしてみると、これもスリーサイズを測り終わったところでテープがなくなって切れていました。
もっとうまくやれたはず・・・と思い、明日には親が帰ってくる・・・どうしよう・・・
そんな思いでした。
その日の夜妹の部屋に行けばよかったのですが、なかなか勇気が出ず、行きそびれて次の日の朝になってしまいました。
5/5の朝僕は悩んだあげく店長に電話をして

「すみません、体調悪くて・・・」

と初めて仮病で休んでしまいました。
昨日遅くまで眠れなかったので昼頃起きてリビングに行くと妹がご飯を作っていました。
昨日のことはなかったように普通に

「あれ?お兄ちゃん仕事は?」

と聞かれたので

「なおちゃんとおりたかったで休んだ。」

と言うと

「え?」

と言ってまた気まずくなってしまいました。
でも今日の夜には親が帰ってくる。
ひょっとしたら夕方早めに帰ってくるかも・・・
かなり焦っていました。
とりあえず着替えてコンビニに行くと言ってビデオテープを買いに行きました。

家に帰りまず僕は親に電話をしました何時頃帰ってくるのか確認の為

「夕飯は食ってくるの?だいたい何時頃帰ってくる?なおの夕飯もあるし・・・」

と確認して帰宅は7時頃とわかりました。
その時だいたい昼過ぎの1時頃だったと思います。
家に帰ってビデオの用意をしてリビングに行くと妹はご飯を食べていました。
僕も一緒にコンビニで買った弁当を食べて、食べ終わった頃思い切って聞きました。

「なおちゃんってひとりHとかってする?」
「はぁ??」

怪訝そうな顔でにらんできました。

「昨日ちょっと感じてなかった?」
「何いってんの?」
「今日親帰ってくんの7時頃やって・・・それまで続きしない?」
「いや!」

しかしイヤと言ったところで止まる訳がありません。

「ちょっとだけ、ちょっとだけしよ?な?な?」

キッチンのイスで抱きついて胸を揉みはじめました。
妹は無言のまま抵抗している素振りでしたが僕には本気で抵抗していると思えませんでした。
そのまま妹を抱き上げて自分の部屋に連れていきました。
ベッドに妹をおろし、ビデオの録画ボタンを押して妹に近づくと

「ちょっと、録るのやめて!」

といったので

「はいはい。」

といって停止ボタンを押す振りをして押さずに録画のまままたベッドに行きました。
心の中でビデオ録らなければOKってことやんと思っていました。

妹はすでに服に着替えていましたが上はTシャツだったのですが最悪なことに下がスリムのジーンズでした。
ティンコこすりつけていても昨日の生太股にはかないません。
思い切って脱がせようとしたら

「ココはイヤ・・・やめて・・・」

と言われました。
僕もいまいち押しが弱いせいかズボンを脱がすのをやめてTシャツを脱がせました。
昨日のままの白のティーンズブラを上にずらすとピンクの綺麗な小さい乳首が現れました。
思わずむしゃぶりつきました。
わきのあたりから緩やかなカーブを描いているわずかなふくらみの胸に顔を埋めて至福のひとときを味わいました。
わきも、へそも、かたも、二の腕も、上半身という上半身舐めに舐めまくりました。
実の妹とキスをしてもいいのかかなり悩みましたがいてもたってもいられず顔に近づき首を舐め、顎を舐め、ほっぺを舐めそのまま勢いでキスをしました。
妹は抵抗はしませんでしたが口を閉じかなりおびえた表情でした。

口を閉じていましたが強引に下で唇をこじ開け中に舌を入れてベロベロになめ回しました。
妹は目をぎゅっと閉じたままかたくなっていました。
僕はジーンズの上から激しく妹のアソコをこすっていました。
妹に気付かれないようそっとジーンズのボタンをはずし、しばらくしてチャックを少し下げ、またしばらくしてチャックを少し下げ、いつのまにかジーンズの前チャックは全開でパンティが丸見えになっていました。
そーっと手を突っ込むと妹はびっくっとしましたが今度は抵抗しませんでした。
アソコはホントにうっすらですが産毛が生えていて産毛を指先でなでて毛触りを楽しみました。
そして割れ目へと指を滑らしました。
ジーンズのチャックは全開ですが脱いでいるわけではないので下に行くほど窮屈でしたが、妹のアソコはもうグチョグチョのビシャビシャでした。
下で上半身をなめ回しながら、片手で胸、片手でアソコをいじりまくりました。
妹もいつのまにか息が荒くなっていました。
僕はスエットを脱いで下半身裸になりました。

「おにいちゃんのもさわってくれる?」

と聞きましたが無視されました。
自分の手で妹の手を自分のティンコの所に持っていき

「さわって!」

ときつめにいいました。
妹は僕のティンポを握りました。

「手を動かすの。こないだ洗ってくれた時みたいに。」

そういうと妹は握ったりゆるめたりを繰り返しました。

「違う違う、ゴシゴシこするの。」

というと石鹸がついてないぶん滑りが悪いのかぎこちないしごきかたでティンポをしごいてくれました。

妹の上半身は僕の唾液でビシャビシャ、アソコは妹の愛液でグシャグシャです。
さらに僕は激しくキスをして、乳首を舐めまくり、アソコをグチャグチャかき回しました。
妹はけなげに僕のティンポをぎこちなくしごきます。

「うう、きもちいい、きもちいいよなおちゃん・・・」

僕は情けないあえぎ声を上げながらどんどん快楽が高まって

「ううぅ!!」
ドピュドピュ!!!

妹のへその辺りに射精していまいました。
妹は射精したことに気付かずしごき続けましたが

「なおちゃんストップ!お兄ちゃん逝った。」

といってストップしました。

「コレが精子、見てみ?」

と言って妹のお腹辺りにたまっている精子をさわらせました。

「きもーぃ・・・」

と笑って言ったので少し安心して

「ほら、まだお兄ちゃんのティンポの先から出てくる・・・味見してみ。」

と言って顔に近づけました。

「イヤイヤ!」

といって拒否られましたがほっぺたに残り汁をなすりつけました。
そしてその日は妹をお風呂に入れて僕もお風呂に入って何事もなかったようにゴールデンウィークは終了しました。

ゴールデンウィークは以上で終了です。
たいしたことはしていませんがコレがすべての始まりでした。
その後まだまだあります。

中間テストに続く

コメント:0

コメント入力フォーム

Home > 姉妹 > 3年前の春頃の話です

ブログ内検索
携帯用QRコード

当ブログの携帯用QRコードです。
携帯用QRコード
http://www.moero.biz/i/

新着萌え体験フィード
PR

FTC株式会社

中村元太郎

リーブ21

Return to page top